2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「火球」出現! | トップページ | オマケ »

2007年10月22日 (月)

アイピースの比較

アイピースの比較
①PENTAX XL28、②VIXEN NPL30、③メーカー不明PLOSSEL32、の3つをminiBORG60で比較してみました。①は見掛視界58°、視野の端で円周方向に崩れますが、ほぼ全域でシャープな星像を結びます。②は見掛視界50°、視野の7割まではシャープな像を結びますが、それ以上外側になると急速に崩れます。③は見掛視界45°くらい、視野の8割まではシャープな星像を結びますが、それ以上外側になると急速に崩れます。やはり価格なりの見え方だと思いました。総合的にもやはり①が一番良いですね。星像もコントラスト、見やすさも良いです。ただ一つ欠点というと大きくて重いことくらいです。導入用としてならば②も悪くはないかもしれませんね。

« 「火球」出現! | トップページ | オマケ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223551/16839838

この記事へのトラックバック一覧です: アイピースの比較:

« 「火球」出現! | トップページ | オマケ »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック