2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の記事

2011年5月27日 (金)

運動会撮影準備

6月上旬に小学校で運動会があるので

もちろん撮影する予定なのですが、

噂によると子供の親だけではなく、祖父母もたくさん来るようなので

人口密度が高くて、自分の子供がどこにいるかも分からない状態になるとのことcoldsweats01

ということは、やはり望遠?と思い、

ボーグレンズを使った一眼デジカメかと思って検討中です

Dscn5035

どうパーツを組み合わせればピントが合うか。

どのパーツを組み込めば

スムーズなピント合わせが可能になるかを子供が寝静まった時間にコソコソと

機材を調整しようかと考えていますhappy01

2011年5月26日 (木)

バーベキュー in PICA 山中湖ビレッジ

山中湖にあるPICA山中湖ビレッジにてバーベキューをしてきました
ここは、バーベキューの設備がコテージの横に常設なので、宿泊&バーベキューを考えてる方にはとてもマッチしていると思います
まずは炭に着火するのですが、最近は便利な着火剤がありますね
ジェル状の透明な着火剤を使いました。
好きな場所に好きな量だけ置けるので重宝します
なんだかんだで炭火をつくるのに1時間弱かかってしまいましたが、
ウチワであおればメラメラと炎があがる程度まできたのでアミと鉄板をのせて油をタラリ
肉や野菜、トウモロコシ、をドカドカッ
同席した義母が持ってきた極上の豚トロです
さらに、子供用にツクネまで用意してもらいました
子供達は、ツクネが美味しかったようでパクパク食べてました
最後は、焼おにぎり
今回のタレは、醤油、砂糖、みりん、味噌、を合わせたものでチャレンジしました
しかし、タレをつけすぎたのか、ひっくり返すときにボロボロと崩れてしまって80%失敗
これは焼き方に工夫が必要だと感じました
次回再チャレンジしたいと思います
バーベキューは、16時頃から始めましたが日が沈んだころには食べ終わることができて良かったと思います
この時期は日が長いのでグッドですね

2011年5月24日 (火)

水陸両用車 KABA 初乗車

山中湖に面白そうな乗り物があったので、予約して家族で乗ってきました
その名もKABA
大型バスのような大きな乗り物で
陸上走行と水上走行を可能にした水陸両用車です
後ろを見ると、プロペラがあり
これで水上運転を可能にしているようですね
運転席には、自動車にあるようなハンドルと舟にあるようなカジとり用のハンドルがありました
陸上15分、湖上15分、の合計30分間のコース周遊で女性のガイドさんによる解説付きです
ブレーキをかけると、「ブオーン」という独特な音がして、
ガイドさん曰わく「KABAの鳴き声です」とのことでした
車内から上を見上げると、天井が透明で空や高い樹木が見渡せるようになっています
最初は湖畔の横の道をしばらく走行して山側に入り、新緑を楽しみながらのコースで
時々ガイドさんの笑いを誘うようなアナウンスも…
そして湖畔に到着すると
なんと運転手さんの交代となりました
湖に入水するので船長さんに交代とのことでした
免許が違うからなんでしょうね
KABAが入水する際に、ガイドさんのかけ声「さん!にい!いち!」で
ザブーン
直後に皆さん自然にパチパチパチパチと拍手が…
少し盛り上がりました
入水後は、陸上より安定して揺れはあまり感じられませんでしたが、
娘1号が湖に入ると同時に怖がってしまい、
半ベソ状態
おそらく、沈没するのかと思ったのでしょうね
手持ちの双眼鏡で、いろいろと風景を見せてあげたら落ち着きました
富士山の撮影タイムと称して、ガイドさんが歌を歌っている間だけ停泊するサービスもありました〓
ガイドさんが一生懸命に解説していたのですが、
双眼鏡で山中湖の湖面や山や近くに寄ってきたモーターボートなどを眺めて
楽しんでいたので水上でのお話は殆ど聞いていませんでした
ガイドさん、ごめんなさい
その後は再上陸し、船長さんと運転手さんとが交代し、KABA発着所に無事に沈没することもなく帰着しました
大人 1500円
子供  750円
幼児  200円
でした
ちょっと高い感じがしますが、珍しい乗り物ということもあり一度は乗ってみることをお勧めしますhappy01
KABAの詳しい情報は、こちら↓

2011年5月 7日 (土)

雨天決行の砂場遊び

雨が降っているにもかかわらず、次女が「おしゅなば行きたい。」と言いだす始末
とりあえず玄関を出て雨を降っているのをじかに見れば、あきらめてもらえるかと思ったのですが、考えが甘かったようです
「これもってく」と、傘を手に取り玄関の外に出てしまったのでした
仕方なしにカッパを着せて二人して傘をさして公園に…もちろん誰もいるわけありません
貸切状態の中、雨で湿った砂場で遊び出す娘を見て、予想を裏切られた状況に唖然とする父でした

2011年5月 4日 (水)

カンドロイド- ウナギ

缶の形をした仮面ライダーオーズのアイテムでウナギのような形に変形します
それがウケたのか、誕生日プレゼントとして子供に買わされました
頭の下部に車輪があり、走らせると頭部が発光する仕組みになっでます電気ウナギをイメージしてるようです

2011年5月 1日 (日)

Explopre Scientific 100°20mm

つい先日、個人輸入で新しく入手したアイピースです
アメリカの「Explopre Scientific 100°シリーズ 20mm」です
ウワサで、「Televue Ethos 21」との性能に差がないほど優秀なアイピースだという情報があり、購入してみました
昨夜、久々に遠征に行く機会があったので早速使ってみました
鏡筒は、口径150mm、焦点距離750mm、のシュワルツ150Sで見ました。視野95%くらいから多少の星像の崩れはあったように思いましたが見掛視界100°としてはストレスを感じることは全くありませんでした
M44を見ましたが、38倍にもかかわらず見掛視界100°の効果により、散開星団の全体を余裕で見渡すことが出来ました
M13を見ると沢山の微光星の中に球状星団が浮かんでいる姿がとても印象的でした
テレビューのethos21mmとほぼ同様のスペックだと思いますが価格を考慮すると防水仕様ということもあり素晴らしくコストパフォーマンスの良いアイピースだと思います
購入して、とても満足してます友達にも勧めたい商品ですね

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

広告


☆お勧め商品!

  • 笠井トレーディング WideBino28 ワイドビノ28
  • スコープテック × ヒノデ 星座望遠鏡
  • 月刊 星ナビ 2018年 3月号
  • Vixen 双眼鏡 星座観察用双眼鏡 SGシリーズ SG2.1×42
  • Vixen 双眼鏡 星見双眼鏡SG6.5×32WP
  • Vixen 双眼鏡 ジョイフルH 6×18
  • Vixen 双眼鏡 アリーナH 8×21WP ダハプリズム式 8×21WP
  • Vixen 双眼鏡 ソラプティLiteH 8×21WP

最近のトラックバック