2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« やっと買った「黒糖くるみ」 | トップページ | 細い月をミニボーグで! »

2011年6月26日 (日)

「ミニボーグ60ED + 35ミリマルチフラットナー1.04×」でのテスト

「ミニボーグ60ED 対物レンズ」 と  「35ミリマルチフラットナー1.04×」の相性がどうなのか気になっていたものの、育児と家事で忙しくてなかなか取りかかれなかったのですが

つい先日、子供を公園に連れて行った合間にやっと試写してきました。

「ミニボーグ60ED 対物レンズ」の焦点距離が350mm

に対して

「35ミリマルチフラットナー1.04×」の調整範囲が450mm~1200mm

なので組み合わせとして、どうなのか実際に検証してみたのです。

カメラボディーは、PENTAX K100D

Dscn5064

フラットナー調整位置は、450mmの位置で行いました。

Dscn5067

結果から言いますと、かなり良い感じです。

周辺像が改善されているのが明らかに分かりました。

①最初に「ミニボーグ60ED 対物レンズ」のみでの画像です。

21200

中心付近は、シャープですが、周辺に行くに従って像が劣化しているのは明らかです。

②次に「ミニボーグ60ED 対物レンズ + 35ミリマルチフラットナー1.04×」

での画像です。35ミリマルチフラットナー1.04×

21200_2

中心部はもちろんのこと、周辺像までシャープでキレのある画像です。

見ていてとても気持ち良いですね。

分かりやすくするため、それぞれの左上隅の画像を切り取ってみました。

左側がフラットナーなし、右側がフラットナーあり、です。

Photo

効果が明らかです。

やはり最適化されていないとはいえ

「ミニボーグ60ED 対物レンズ」 には  「35ミリマルチフラットナー1.04×」がなかり有効な光学系だということが分かりました。

これからは、「ミニボーグ60ED +  35ミリマルチフラットナー1.04×」で撮影したいと思います。

子供の運動会等に活躍しそうですね。

« やっと買った「黒糖くるみ」 | トップページ | 細い月をミニボーグで! »

天体望遠鏡の鏡筒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっと買った「黒糖くるみ」 | トップページ | 細い月をミニボーグで! »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 天文手帳 2019
  • 天体観測手帳2019
  • 星空手帖2019
  • カレンダー2019 星空散歩
  • 2019年大判カレンダー 月齢 月の満ち欠けカレンダー
  • 日めくりカレンダー 星空ごよみ365日 2019
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック