2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の記事

2011年9月29日 (木)

太陽の黒点2011年9月29日

Imgp000101

朝、ほんの僅かな時間を使って太陽を撮影しました。

撮影機材は、

対物レンズは、「ミニボーグ50」・ボーグ製の3倍エクステンダーレンズ・

太陽フィルターは、「バーダープラネタリウム社のAstroSolar セーフティーフィルター」・

カメラは、PENTAX K100D

です。

サッと出して、パチリ。

そして、サッとしまいました。

ミニボーグならでは、ですね。

かなり大きな黒点が中央に来て「おぉ~」と思いました。

2011年9月28日 (水)

富士山 須走口五合目に遠征 2011年9月24日

Imgp000601

久しぶりに、富士山須走口五合目に星を見に行ってきました。

この写真は、観望の合間に撮影した天の川付近の写真です。

機材は、カメラボディー=PENTAX K100D

レンズ=シグマ28-105ズームレンズ(28mm F2.8で使用)

です。

時折、薄い雲が全体的に空を覆ったりもしましたが

わりと良い天気でした。

ちょっと残念だったのがシーイングがイマイチだったことです。

鏡筒は、シュワルツ150Sを使用しましたが

約94倍でピントがカチリと決まってくれませんでした。

こんな日は、高倍率での観望はできませんが

低~中倍率は、シュワルツ150Sに適した倍率なので

かなり楽しめました。

M11、M13、M17、M22、M27、M31、M51、M57M、・・・と主要な天体は見たつもりです。

また、ギャラッド彗星(C/2009P1)も見れました。

明るさが7等級程度で、尾があるようなないような・・・そんな感じでしたが

望遠鏡の視野に入れてみて、わりとすぐに彗星と分かりました。

最近、自宅からも見ていた ペルセウス二重星団ですが

須走口五合目で見る物は、全く別格の天体だと改めて思いました。

星の輝きと星の数が全く違います。

もちろん機材の違いはあるものの、見える星の数は、2~3倍とかではなく

10倍以上に感じられました。

これを見れただけでも、ここまで来た甲斐があったというものです。

2011年9月19日 (月)

太陽の黒点2011年9月17日

201191701

先週に続き、太陽を撮影しました。

今回の撮影機材は、

対物レンズは、「ミニボーグ50」・ボーグ製の3倍エクステンダーレンズ・

太陽フィルターは、「バーダープラネタリウム社のAstroSolar セーフティーフィルター」・

カメラは、PENTAX K100D

です。

なぜか未処理の画像は、ピンク系の色になっていました。

太陽面が、かなり黒点などで賑やかになってきて面白みがありますね。

2011年9月17日 (土)

月面散歩2011年9月17日

初めてデジカメで月の動画を撮りました。

気流の影響で少しユラユラした映像ですがクレーターがたくさん見えますね。

経緯台での固定撮影なので、動いているのは地球の自転によるものです。

機材は、「ミニボーグ60ED+ビクセンLV9+ニコンcoolpix4500」です。

2011年9月16日 (金)

「星ナビ10月号」買ってしまいました

Dscn5147

久しぶりに、星ナビを買ってしまいました。

ジャコビニ流星群が特集だったということで、購買意欲がグングンと上がりましたね。

もしかしたら、流星雨がみれるかもしれないというワクワク感が記事として魅力でした。

まだ読んでないので、子供らが寝静まっているときにでも読むとします。

ジャコビニ流星群極大日の10月9日が楽しみです。

2011年9月13日 (火)

中秋の名月 2011年9月12日

Imgp000501

満月です。

機材は、

ミニボーグ60ED + マルチフラットナー + PENTAX K100D

です。

今日は、久しぶりにカミさんと二人で月を拝みました。

というかM101に超新星が発見されて、

双眼鏡でも見えるかも・・・という情報にトライしてみたついでに

月を見ました。

超新星は、低空+月明りのため

まったくのお手上げ状態で見れませんでした。

その代わりに、はくちょう座のアルビレオ、木星、を二人で見ました。

その間にも、子供が起きてこないか心配ではありましたが、

後で寝室に行ってみると・・・・

爆睡してましたね。

2011年9月11日 (日)

太陽の黒点2011年9月11日

Dscn515101 Dscn515201

昨日に引き続き、太陽を撮影しました。

撮影機材は、昨日と同じく

対物レンズは、「ミニボーグ50」

アイピースは、「ビクセンLV9」

太陽フィルターは、「バーダープラネタリウム社のAstroSolar セーフティーフィルター」

カメラは、NIKON coolpix4500

です。

昨日と比べると、黒点が少しだけ東側に移動しているのが分かります。

太陽が自転しているのが分かりますね。

あっ、写真での方角ですが

下が南西、上が北東、左が南東、右が北西、となっています。

つまり、東側に黒点が移動した = 左上に移動した

ということです。

満月前の月(月齢12.4) 2011年9月10日

Imgp000901

昼間に引き続き、今度は月を撮影しました。

満月前の月なので、形が丸に近くて東側の欠け際の方は

クレーターが見やすくなってますね。

今回の機材は、

ミニボーグ60ED + マルチフラットナー + PENTAX K100D

です。

三脚固定が面倒だったので手持ちです。

このくらいの月だったら、感度を調整すればシャッタースピードも1/2000秒程度で

十分なくらいなので余裕ですね。

カメラが PENTAX K100D だといつもピントが不安なのですが

まあまあの出来でしょうかね。

2011年9月10日 (土)

太陽の黒点2011年9月10日

Dscn513701

久しぶりに太陽を撮影してみました。

対物レンズは、「ミニボーグ50」

アイピースは、「ビクセンLV9」

太陽フィルターは、「バーダープラネタリウム社のAstroSolar セーフティーフィルター」

カメラは、NIKON coolpix4500

です。

大きい黒点があったので、思わず撮影する気になっちゃいました。

Dscn513801

デジカメでのコリメート撮影でしたのでズームして

大きく撮影もしてみました。

撮影時は、結構ボケボケでピントがイマイチでしたが

画像処理をちょいとやったら、少し良くなりました。

こんだけ大きい黒点を生で見たのは、本当に久しぶりで感激でした。

2011年9月 4日 (日)

2011年のりゅう座流星群(ジャコビニ群)

10月の「りゅう座流星群(ジャコビニ群)」ですが、

日本流星研究会のHPをチェックしたところ

10月9日の2時と5時頃に1時間当たり600程度の出現との予報が発表されていました。

これは、見逃せませんね。

詳しくは、ここです。

3連休なので、是非このチャンス一目だけでも確認してみたいものです。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 天文手帳 2019
  • 天体観測手帳2019
  • 星空手帖2019
  • カレンダー2019 星空散歩
  • 2019年大判カレンダー 月齢 月の満ち欠けカレンダー
  • 日めくりカレンダー 星空ごよみ365日 2019
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック