2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の記事

2011年11月27日 (日)

ふたご座のカストル2011年11月27日

午後8時頃、こどもを寝かしつけるとともに一緒に寝てしまった自分は

次の日の午前1時頃に目が覚めたので晴れていたこともあり

望遠鏡を出して星を見ることにしたのでした。

久しぶりに、重めの機材を出すことに決断!

といっても架台は、ポルタ経緯台。

鏡筒は、BORG100ED ということで

機材としては、一般的には軽量な方なのでした。

空は、なんとなくモヤッていてスッキリとした状態ではないのですが

とりあえず M42に望遠鏡を向けることに・・・シーイングは悪くはなさそうで

80倍(アイピースethos8mm)でも星像はシャープに見えました。

M42内部のトラペジウムもハッキリと4つに分離します。

倍率32倍(アイピースSE20mm)まで下げても4つに分離しました。

しばらくすると薄雲が張り出してコントラストが悪くなったので

こんなときは、星の色や二重星と思い

ふたご座のカストルに望遠鏡を向けました。

2011112703

離角が3.6秒なので、ハッキリと分離したときは気持ちのイイものです。

これは、高倍率でないと・・・と思って 一気に183倍(アイピースnaglerT6-3.5mm)でみたところ

ジフラクションリングも綺麗に見えて、なかなかの見栄えでした。

80倍(アイピースethos8mm)に変えましたが、これでも分離。

やはり、この100°の超広視界に二重星 なかなかイイものです。

かなり贅沢な時間でした。

どうにか、この二重星を写真にとってみたいな~などど思ってしまいました・・・が

やはり、架台は赤道儀で自動追尾が必須だろうし倍率も上げないといけないし・・・と考えると

まぁ、今の自分には無理だな・・・と思いましたね。

2011年11月26日 (土)

スピカの隣の星(2011年11月26日)

明け方、4:45頃にゴミ捨てに外に出たところ

家の前の方角(東南東)の高度15°くらいの位置に明るい星が2つ横に並んでいるのが見えました

右側の星は、一等星くらいだったので「おとめ座のスピカ」と分かりましたが

スピカから左側に5°程度離れた明るい星は、通常の星座には無い星だと思ったので

たぶん惑星?

色が、なんとなく黄色~金色ぽかったので土星かな~と思いました。

ゴミ捨て終了後に自宅に戻って、調べたらやはり土星でした

Sn2011112604e01

まだ15.8秒角という小さめな見え方のようなので、あえて望遠鏡を出してまで見ませんでしたが

久しぶりの土星との対面で、環が開いてカッシーニの空隙見やすくなる傾向なことを思い出しました。

少しワクワク感を持たせてくれた瞬間でしたね。

2011年11月24日 (木)

3歳で「ちょうちょう結び」が出来ちゃいました!

うちの子供(3歳7カ月)が突然「できたぁ!」と言うので、近寄ってみると

エプロンのヒモで、なんと「ちょうちょう結び」が出来かけていました。

「もう一度やってみて~」と言いながら、うまく出来るようにアドバイスしてみたら

子供が小さい手の指を上手に動かしながら「ちょうちょう結び」を完成させることが出来ました!

教えれば、出来るものなのですね

小さいからと、出来ないものと決めつけては いけないんだなぁ~と思いしらされた瞬間でした。

↓動画を撮影することに成功しました!(親バカですね)

2011年11月20日 (日)

横浜ベイスターズ 鈴木尚典 来園!

驚いたことに、娘の通う保育園に 元横浜ベイスターズの鈴木尚典が来ました。

事前に保育園から、「横浜BAYSTARSスポーツコミュニティの鈴木尚典さんがキャッチボール・バッティングを教えに来てくれます。」というような"イベントのお知らせ掲示"があったので

横浜ベイスターズ(旧 大洋ホエールズ)は、小学校から応援していた球団で1998年の優勝したシーズンは、かなり楽しませていただいたこと。

鈴木尚典さんが好きな選手であったこともあり、

その時(1998年)のお礼の意味も兼ねて見学等をしたいな~と思って

行くけるように調整してみましたが、検討した結果行くことを断念したのでした。

行けるとしても午前中に保育園のイベント見学をして、午後に出社(仕事はかなり忙しい)しなければならない状況であったので、

まぁ・・・子供のことを考えたら行かなくて良かったかと思ってます。

まだ、子供が小さいので自分が行くと「お迎えに来た=帰れる!」と思われてしまうので

保育園のイベントが終わった後に仕事など行ってしまったら、子供にいらぬストレスを与えてしまうだろうかと思いました。

今回は、保育園の定例行事でもないですし保育士さんのお手伝いで行く訳でもないので、

イベント終了後に仕事に行くという 自分の行動を子供に納得いく説明ができないと判断したことで「子供に負担をかけてまで行かなければいけないことではない!」と思い聞かせて

その日は通常通り仕事に没頭していました。

その日仕事を終えて、お迎えに行ったら子供のリュックの中に「サイン入りタオル」が入っていました。

実は、前日にお迎えに行った際"鈴木尚典7のハンドタオル"を先生に「これお寄付します(サインもらったらどこかに飾ってください)」と言って渡しておいたのですが、

もらっても園児の予備タオルになるだけとのことなので

帰ってきたわけです。

まぁ・・・冷静に考えたらそうかも知れませんね。(ゴメンナサイ、K先生・N先生)

ただ・・・自分が貰っても自宅には飾るような場所がないですから(内装担当の許可がでない)

どうしようかと思いましたが、ここなら飾れる!と思いました。

そう!ここです!

ブログ上なら劣化もせずに半永久的に展示しておけます(ご満悦)!

これです!

701 702

K先生・N先生、ありがとうございました。

鈴木尚典さんに、いろいろお話していただいてサインしてもらったそうで

とても感謝しております。(何を話したのだろう・・・??)

これは単にサインをもらったのとは、訳が違いますね!

このサイン入りタオルには、重要なポイント↓があるのでまとめてみました。

①優勝した1998年に買った横浜ベイスターズ鈴木尚典7のハンドタオル(もう売ってません)

②実は、サインを先生(保育士さん)に頼んだのはカミさん

③保育園の別のクラスにベイスターズを現役で応援している先生がいる(実は、この先生にタオルを前日に渡しました)

④子供の担任のK先生・N先生が一生懸命サインのお願いをしてくれた

⑤このイベントを企画した先生(誰なんだろ・・・)

これらのポイント、どれか一つでも欠けていたら

サイン入りタオルは手に入らなかったでしょうね。

もちろん、他の要素も沢山ありますよ。(ここに書いたのは重要度の高いものです)

しかし・・・こうじっくりと考えると、「なんて価値のあるハンドタオルなんだろうか・・・」としみじみ思ったりしちゃいました。

(^^)

2011年11月 4日 (金)

細かすぎて伝わらないモノマネ

これ、今年のカミさんへの誕生日プレゼントです。
テレビ番組内でやっていたコーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」を集めたダイジェスト版だと思います。
以前からテレビを見ながらウケていたのを見ていたので、「これは、いいかも!」と思って購入してみました。
誕生日当日に渡したときの反応が良かったので、今年は当たりでした。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

広告


☆お勧め商品!

  • 笠井トレーディング WideBino28 ワイドビノ28
  • スコープテック × ヒノデ 星座望遠鏡
  • 月刊 星ナビ 2018年 3月号
  • Vixen 双眼鏡 星座観察用双眼鏡 SGシリーズ SG2.1×42
  • Vixen 双眼鏡 星見双眼鏡SG6.5×32WP
  • Vixen 双眼鏡 ジョイフルH 6×18
  • Vixen 双眼鏡 アリーナH 8×21WP ダハプリズム式 8×21WP
  • Vixen 双眼鏡 ソラプティLiteH 8×21WP

最近のトラックバック