2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

2011年12月30日 (金)

BORG マイクロフォーカス接眼部 LMF【9868】 が到着!

最近よく使う、ボーグ(BORG)100EDですが接眼部のヘリコイドMでのピント調整に不満があったのですが、とうとう接眼部リニューアルの日がやってきました。

以前から欲しいと思っていた「マイクロフォーカス接眼部 LMF【9868】」を我慢できなくなり注文メールを送信!!

在庫があったので入金翌日に早くも到着です。

Dscn526720111231bl01

かなりしっかりとした箱で、早速開けてみました。

Dscn526820111231bl02 

ウレタンスポンジっぽい仕切り枠の中に商品が収まっていて高級感ある梱包ですね。

Dscn526920111231bl03

現物を初めて見たのですが、

笠井トレーディング製の「高機能DXマイクロフォーカス接眼部」と同じOEMメーカーのようですね。

Dscn527120111231bl04

ドローチューブの内側は、艶消し塗装などで迷光処理がなされていて好印象です。

Dscn527420111231bl05

天頂ミラー、アイピース、の締め付けはシンチュウリング式のため

安心できる固定方法です。

Dscn527620111231bl06

マイクロフォーカ接眼部とヘリコイドM(2インチホルダーS付)を並べて光路長を比較してみました。

正確に測定していませんがノギスで長さの差をみると、

約17mmだけマイクロフォーカ接眼部の方が短いことが分かりました。

この光路長の短さは、双眼装置を付けるときなどにかなり重宝すると思います。

早速、マイクロフォーカ接眼部を取り付けてみました。

Dscn5290201211bl01 

見栄えもいいですし、なにしろピント調整するときに

以前のヘリコイドMのような渋さもなければバックラッシュのような現象もありません。

メチャメチャ快適にピント合わせできます。

実は、子供が最近望遠鏡を覗く機会が増えてきたので

「ピント合わせ を是非教えたいなぁ・・・」と思ったのが

この「マイクロフォーカ接眼部」を購入した切っ掛けでした。

以前の仕様のヘリコイドMでは、ヘリコイドの回転が渋すぎて

子供の小さい手ではピント合わせは困難で教えるどころではありませんでした。

しかし これさえあれば、大人はもちろん子供も楽にピント合わせが出来る気がします。

自分は、ピント合わせという行為がとても好きで

ボヤけた星像からキリリと締まった星像になるときの感覚がなんとも快感です。

もちろん、シャープな星像が見れるそれなりの光学系が必要ですが

それに加えて、このような快適にピント合わせが出来る装置も重要な要素になることを改めて実感しました。

ピント合わせに時間がかかると、やはりストレスになりますから

スピーディーにピント合わせができるということが

快感を感じる重要な要素になっていると考えています。

ですから、このマイクロフォーカ接眼部はとても高価な物ではありますが

それなりの価値は十分に感じることが出来ますね。

買って良かったと思う商品の一つです。

2011年12月28日 (水)

2011年12月最後の子供達のお弁当

恒例になりました年末の子供達のお弁当を作りました。
次女の通う保育園12月最終日は給食がないため、お弁当持参。
長女の通う学童は小学校がお休みの日は、お弁当が基本という訳ですね。
と言ってもオイラはご飯の部の担当なので、
おかずの部はカミさんにお任せです。
ご飯の部のみの写真です。
上のは次女のでアンパンマンのキャラ弁です。
下のは長女のでスイートプリキュアのキャラ弁です。
果たして反応はいかがなものでしょうか?
ちなみに、この程度ですが 1時間強かかってしまいました(汗)
デコるのって意外に時間がかかるんですよね。
いつもより1時間早く起きましたが時間が足りなくて
キッチンの洗い物が残った状態で出勤となってしまいました。
まぁ明日から休みなので、良しとしましょうか。

2011年12月26日 (月)

クリスマスプレゼント2011年

我が家にも、サンタさんが来たようです(笑)

普段は、オモチャなど全く買ってあげないので

とても喜んでいました。

Dscn5264

↑長女と次女がもらったクリスマスプレゼントです。

貰い過ぎというウワサもありますが、

一年を通じて誕生日とクリスマスの日くらいしか貰えないので

サンタさんも奮発したのかもしれませんね。

2011年12月25日 (日)

子供の写真撮影に、ミニボーグ60ED!

Dscn5261

今日、「レンズ:ミニボーグ60ED+35mmマルチフラットナー、カメラボディー:PENTAX K100D」で子供の写真を撮っていたのですが、
ふと気付いたことがあります。

(ボーグでは焦点距離=364mmと公表してますが、カメラボディー仕様の関係で400~500mm程度の焦点距離になるのでしょうか?)

最初は、なんとなくボーグ(BORG)のレンズで昼間の写真を何か撮ってみようかと
半年くらい前に思ったのが切っ掛けだったのですが、
あらためて子供の写真を撮るときのことを考えてみると、
子供って恥ずかしがって撮らせてくれなかったり
わざと変な顔をしたり、わざと顔をそっぽ向けたりと、
近い位置からでは自然な写真を撮ることは、かなり困難でした。

(うちの子供だけでしょうか??)

ところがボーグのレンズを使って遠い位置から撮影する時は、
撮影されているという認識がないのか、あまり気にしないで
子供は遊びに没頭してくれるので、本当の姿をとることが出来るようになりました。


201112255001bl

↑子供の顔を公開するのは、抵抗があるので後姿の写真ですが

これだけシャープで背景のボケが良く効いてくれているので

これで顔の表情が豊かに出ると、とても満足です。

今まで、人物の写真というと広角や標準レンズが基本かと思っていましたが
こんな撮影の仕方(超望遠レンズ)もありなんだな~と思いました。


広くて安全な子供の遊び場があることが前提かもしれませんが
ミニボーグ60EDでの撮影、かなり使えます!
超お勧めですよ!

2011年12月19日 (月)

3歳の娘が自宅の外階段を掃除してくれました!

休みの日、6歳の長女が「外に遊びに行く~」と言って玄関を出ていくと同時に
3歳の次女が「お掃除ちよ~っと」と言って外に出てホウキとチリトリを手に取り
黙々と階段の落ち葉を集めてました。
父は、「おお~助かるなぁ~」思いながら見とれてしまいました。

↓3歳にしては、器用にホウキを使ってるんじゃないかなぁ・・・と思いました。

2011年12月18日 (日)

誠報社の「ビックフェア」に行ってきました!(2011冬)

Dscn5248

ほんとうに久しぶりに誠報社のビックフェアに行ってきました。

1日目は家庭の事情で行けなくて、2日目ということで残り物が多かったのかもしれませんが

いくつか「ややっ!これは!」と思うような中古品を何点かゲット出来ました。

これなんか↓なかなか良い買い物をしたなぁ・・・と思います。

120111218

みて分かる人は、すぐに分かると思います。

はい、ビクセンの双眼鏡 「NEW APEX」です。

320111218

まず左のは、↑これ。

8×42 6.3° というスペックです。

手持ちには、大きさ的にちょうど良いと思います。

実際に風景をみましたが、抜けがなかなか良く

風景がクッキリと見えますね。

星を見てビックリしましたが、内外像が超綺麗です。

その結果なのか中心像は、とてもシャープで気持ちのよい眺めでした。

残念なのが見掛視界が約50°と広角の部類ではない点ですかね。

広角病の私としては、その点がとても残念なのですが

コンパクトなのと、抜けの良さと、中心像がシャープなのと、超激安価格5000円、という点で

超お買い得品ですね。

次に、

220111218

右のが、↑これ。

7×36 7.2° というスペックです。

左の8×42 の弟といった感じで少しコンパクトで持ち運びがしやすいタイプですね。

抜けの良さは、同じくとても良く。

中心像のシャープさもとても良いです。

ただ、星を見たときにピントをずらして内外像を見ましたが

若干ですが光軸がズレているような見え方をしていました。

でも実際の星の見えに影響するレベルではないので

あまり神経質になるようなことではないかと思います。

これも見掛視界が約50°と広角ではないのが残念です。

とは言え、

コンパクトなのと、抜けの良さと、中心像がシャープなのと、超激安価格5000円、という点で

これまた、超お買い得品です。

実は、その他にもいろいろとゲットして

この日は、とても満足な買い物をしました。

2011年12月14日 (水)

笠井トレーディング蔵出品到着

笠井トレーディング 蔵出品 が久しぶりに出ていて、「これは!」と思ったので思わず注文してしまいました。入金した翌日に届くという超スピード納品です。
届いた品物がこれ↓
①惑星用のフィルター、②延長筒50mm、です。
①は今見頃の木星に試してみたいと思ってます。
②は望遠鏡のシュワルツ150Sに使用する予定です。
合計3000円だったので
お買い得感はかなり高いですね。

2011年12月13日 (火)

3歳だけど「髪の毛結び」出来ちゃいました!

先日、「髪の毛のゴムちょうだい!」と3歳の娘が言うので
渡したところ 短い髪の毛を小さい手を上手に動かして結んでしまいました。

本人曰く「おねえちゃん(6歳)に教えてもらったのheart01」とのこと。

いや~ビックリしました。

おねえちゃん(6歳)でさえ、最近苦労してマスターしたばかりなのに・・・

ちなみに、おとーたんは 30歳過ぎてからマスターしました(笑)

↓動画が撮れたので見てやってください。

2011年12月11日 (日)

2011年12月10日の皆既月食写真

昨日は、久しぶりの皆既月食でした。

「光学系:BORG100ED + 35mmマルチフラットナー、カメラボディー:PENTAX K100D」で

写真撮影をしていたので、育児の合間に いくつかの写真をピックアップして皆既月食写真をまとめてみました。

最初の写真は、↓これ。

201112102144bl

部分月食になる直前か直後の写真です。

半影食の時間帯でもあるので少し暗めの満月ですね。

とは言え写真でないと分かりませんが・・・。

次は、部分月食の始まって

少しした頃の写真↓

201112102156bl

21:56、少しだけ欠けてきました。

次は、22:16の写真↓

201112102216bl

30~40%くらい欠けてますね。

次は、22:40の写真↓

201112102240bl

60%程度欠けてますね。

次は、22:59の写真↓

201112102259bl

もう 90%程度欠けていますね。

このころになると、影の部分が赤茶色っぽくなってきているのが肉眼で分かります。

写真の露出を調整すると

同時刻の写真が↓このように赤茶色っぽくなってきたのが分かります。

201112102259bl_2

次は、23:11の写真↓

201112102311bl

皆既月食の時間帯に突入です。

この赤茶色とか赤銅色とかいう色が、なんとも神秘的な色ですね。

とても不思議な感じです。

次は、23:23の写真↓

201112102323bl_2

今回の皆既時間帯で一番深い影にある時間帯に近いですね。

次は、23:56の写真↓

201112102356bl 

皆既時間の終盤です。

もうすぐ部分月食の時間帯に入ります。

次は、0:13の写真↓

201112100013bl

皆既月食の時間帯は、終わって

再び、もとの丸い満月に戻っていきますが・・・

体力が持たないので、ここで機材撤収となりました。

時折、雲が流れて月を隠したりもしましたが

おおむね天気は良く、皆既月食の時間帯は

十分に楽しませてもらいました。

時間が遅くて小さい我が子供たちに見せられなかったのが残念ですが

月食なんて原理も分からないでしょうし、あまり興味はないでしょうから・・・今回は良しとしましょう。

いつの日か、子供達が大きくなったら

機会があれば一緒に見てみたいですね。

2011年12月10日の皆既月食 観測無事終了

いや~久しぶりに天気・気力・体力が条件良く重なり

皆既月食という大イベントに望むことができました。

機材の準備は前日に8割くらいやってあったので、赤道義+モータードライブ まで出したのにもかかわらず

なかなかスムーズに出来たかと思います。

とりあえず、もう眠いのでベストショットと思われる一枚だけを選んでみました。

これです!

201112102323bl

23時23分頃にパチリと撮ったものです。

機材は、

「BORG100ED + 35ミリマルチフラットナー1.04×【7784】」

カメラボディーは、

「PENTAX K100D」

です。

また、

「ミニボーグ60ED+パンオプティック19mm(18倍)」 での眼視観測の感想ですが、

「皆既中の月は、空に絵を貼ったような感じがして とても不思議な情景でした。」

目で見た情景を写真で表現するのは、とても困難なことだと思うので

生で見れたことは、とても貴重な体験だったと思います。

過去、今まで見てきた皆既月食では 写真撮影にばかり専念して

望遠鏡でじっくり観察するような機会がなかったので

今回は、とても満足いく天体観測でした。

ビデオも撮ったので、後日見てみたいと思います。

2011年12月10日 (土)

クリスマス会

保育園のクリスマス会に行ってきました。
各クラスで発表があり、それぞれの雰囲気・味というのでしょうか…とても楽しませてもらいました。
先生方は、準備や本番でのアクシデントなどでいろいろと大変だったかと思いますが、それに見合う成果は十分なものと感じることが出来ました。
今は夜の皆既月食のことで一杯です(汗)
なんとか明るいうちに、ある程度の準備をしたいのですが…多分家事や子供の世話で終わってしまうんだろうなぁ…と考えたりしているところです。
また来年のクリスマス会を楽しみにしたいと思います。

2011年12月 2日 (金)

2011年12月10日の皆既月食に向けて

fullmoon皆既月食まで、あと8日と迫りました。moon3

これは、皆さん見逃してはなりませんsign03

趣味として星を見ている人も、普段は星を見てない人も是非是非

見てほしい天文現象です!

月の高度や時間帯など、かなり条件が良いです。

そこで、moon3皆既月食のリンク集moon3をここに作ってみましたので

詳しい情報は、こちらからご覧になってください。

皆既月食が何なのか分からない人もご理解いただけるかと思います。

12/10の22:06~22:58頃の皆既中の月だけは、是非是非見て下さい。

天気さえ良ければ、赤銅色に染まった神秘的な月見ることが出来るはずです!

===2011年皆既月食のリンク集===

■アストロアーツのHPの皆既月食特集

初心者にも分かりやすく、詳しく説明されています。

■望遠鏡販売店 協栄産業さんの特集

ビジュアル的に分かりやすく説明されています。イメージ的に分かりやすいです。

■望遠鏡メーカー BORGのHPの皆既月食特集

簡潔にまとめられて、グットです。「今回の皆既月食の見どころ」がイイですね。

■株式会社ウェザーニューズの特集

ライブ中継をするみたいです。運悪く天気の関係で見れない等のときに便利ですね。

=============

皆さん、この一週間の間に皆既月食観望計画を立ててみてはいかがでしょうか!

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック