2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年1月7日の月 | トップページ | ミニボーグ50FL対物レンズ »

2012年1月 9日 (月)

2012年1月9日の月とピント合わせ

Imgp0003201219bl01

今日は満月ですね。(↑ノートリミングです。)

1月7日の時に月を撮影した機材とは違いまして

対物レンズにボーグ76EDを使用しています。

(35mmマルチフラットナー使用、カメラボーディーPENTAX K100D)

5/21の金環日食を考えると、この程度のイメージがちょうど良さそうですね。

実は、この撮影は明け方 外に出て空を確認したら薄雲ごしでしたが

撮影できるレベルだと思って急遽機材を出して手持ち撮影しました。

もう少しで近所の家の屋根に隠れるところだったためです。

腕がプルプルしながらの撮影で、月を視野の中心に持ってくるのは

かなり難しく、さすがに三脚が必要だと感じました。

トリミングすると、↓こんな感じでピントも満足できるレベルです。

Imgp0003201219bl02

しかし、この写真 たまたまピントがうまくいった方で

その日によっては、ピントが多少ズレるので

少しづつヘリコイドを回転させながらシャッターをきったりします。

カメラボディーのPENTAX K100D でピントOKランプが出た時に

シャッターを切っても精度があまり良くないためです。

↓この上下の写真は、いづれもピントOKランプが出た時の写真です。

201219bl

月の上部を拡大したのですが、クレーター部で分かるように

上側の写真はピントが合っていますが、

下側の写真はピントのズレが明らかです。

これは、時間がある程度余裕があるので出来るのですが

金環日食の時は、撮影してPCでピント確認なんて余裕はおそらくありません。

これは、5/21までの課題ですね。

« 2012年1月7日の月 | トップページ | ミニボーグ50FL対物レンズ »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年1月7日の月 | トップページ | ミニボーグ50FL対物レンズ »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック