2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« スカイセンサー2000 でM81を導入 | トップページ | 2012年1月7日の月 »

2012年1月 4日 (水)

「Hα太陽望遠鏡 P.S.T.」に一番良いアイピース

今日は、

「Hα太陽望遠鏡 P.S.T.」

に一番相性の良いアイピースがどれかを検討するために、

手持ちのアイピースをいろいろと付替えてみました。

もちろん、5月21日の金環日食を考慮に入れてのことです。

写真は、PSTにセレストロンのズームアイピース8-24を取り付けて

CASIO EXILIMでコリメート撮影したもの↓です。

Pstexilimbl

以下①~⑦、使用したアイピースと簡単なコメントです。

①ビクセンLV9

倍率が高いので自動追尾でないと視野に留まる時間が短い。シーイングに左右されやすい。

②笠井トレーディング デジカメアイピースWA-18

ニコン・クールピクス4500で撮影する時には便利。適切な倍率。少々見づらい。

③テレビュー パンオプティック19

適切な倍率。見やすさ良好。

④テレビュー パンオプティック22

適切な倍率。見やすさ良好。

⑤テレビュー パンオプティック24

適切な倍率。見やすさ良好。

⑥PENTAX XL28

少し倍率が低い。見やすさは一番良い。

⑦セレストロン ズームアイピース8-24

倍率が可変なので便利。見やすさ良好。CASIO EXILIMでなんとかコリメート撮影可能。

ということで、⑦のズームアイピースが一番良さそうな感じです。

今のところ5/21の金環日食には、これを使うのが良さそうですね。

« スカイセンサー2000 でM81を導入 | トップページ | 2012年1月7日の月 »

天体望遠鏡のアイピース」カテゴリの記事

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スカイセンサー2000 でM81を導入 | トップページ | 2012年1月7日の月 »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック