2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 新入り OLYMPUS E-PL1 | トップページ | 2012年2月3日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL1) »

2012年2月 3日 (金)

2012年2月1日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL1)

オリンパスE-PL1ボディーを取り付けたミニボーグ50FL

早速 月を撮影してみました。

↓ノートリミングです。

50fl_epl1moon201221bl01

これ、手持ちでの撮影だったのですが

ピント合わせに結構苦労しました。

というのも、電子ビューファインダーというものは装備していないので

どうしてもカメラボディーから目を離して構える都合上

脇をしめてブレを抑えるのが難しいんですね。

そのため、ブレながらのモニタ確認でピント合わせとなったので

意外と時間がかかりました。

しかし、しかしです!このシャープさには驚きました!

今までカメラボディーは「PENTAX K100D」を使っていたこともあり

↓このトリミングした月の解像度には、感動しました!

50fl_epl1moon201221bl02

さらに↓ズームアップ

50fl_epl1moon201221bl04

50fl_epl1moon201221bl03

実は、室内から窓を開けての撮影です。

しかも、子供を寝かしつける直前で

あまり時間がありませんでしたので

ワンショットのみの撮影なんです。

こんないい加減な条件でも

ここまでの撮影が出来るなんて、素晴らしいですね!

撮影機材って、バランスが重要なんだと実感しました。

レンズ性能が良くても、その性能を十分に活かせるカメラボディーを使わなければ

宝の持ち腐れですね。

この解像度・シャープさには、とても満足です!

« 新入り OLYMPUS E-PL1 | トップページ | 2012年2月3日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL1) »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新入り OLYMPUS E-PL1 | トップページ | 2012年2月3日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL1) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック