2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ミニボーグ50FLで観望2012年2月21日(しし座γ星、こと座ダブルダブル) | トップページ | ミニボーグ50FL鏡筒の接眼部変更 »

2012年2月24日 (金)

ミニボーグ50FLで観望2012年2月24日(スピカ、ベガ、アンタレス、ズベンエルカマリ?)

3日ぶりですが、薄雲があることもあり今日も観望モードです。

薄雲というより少し厚めで、

2等星がやっと見えるレベルなので

以前だったら、あきらめて室内でおとなしくしてるのですが

ミニボーグ50FLがあるせいか

ついつい出してしまいました。

ということで機材は、ミニボーグ50FLです。

まずは、導入用アイピースとして「パンオプティク24mm」を使用。

やはり、薄雲の影響でバックがとても明るいですね。

倍率を高くすると、薄雲の影響で

星像がにじむような感じになります。

こんな日なので、星の色でも楽しむことに・・・。

まず、「おとめ座のスピカ」を導入

白くてとても綺麗ですね。

アイピースを「ナグラーT6-5mm」(80倍)に変えると

ジフランショリングも見えます。

次に、「こと座のベガ」

スペクトル的にベガよりも白いと思ったのですが

薄雲の効果なのか僅かに青白くみえます。

次は、「さそり座のアンタレス」

赤いですね~。

実際は赤というよりオレンジですかね。

久しぶりのアンタレス、早くも夏を感じさせます。

次に、黄緑色にみえるというウワサの「てんびん座のズベンエスカマリ」

たぶん・・・これだと思いながら導入しました。

50fl_panop242012224bl01

↑ステラナビゲーターでイメージを作成しました。

この星、黄緑色に見えると意識すると、そんなふうにも見えますね。

これも薄雲効果かもしれません。

この後、時間切れで撤収しました。

撤収後に空をチラッと見たら

少し、スッキリとした空に・・・。

あぁ・・・でも朝食の準備をしなくては・・・。

« ミニボーグ50FLで観望2012年2月21日(しし座γ星、こと座ダブルダブル) | トップページ | ミニボーグ50FL鏡筒の接眼部変更 »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミニボーグ50FLで観望2012年2月21日(しし座γ星、こと座ダブルダブル) | トップページ | ミニボーグ50FL鏡筒の接眼部変更 »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック