2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ミニボーグ50FLで観望2012年3月1日(こと座のダブルダブルスター) | トップページ | ひな祭りケーキを食べました 2012年3月3日 »

2012年3月 3日 (土)

ミニボーグ50FLで観望2012年3月1日(アイピースUW20との相性)

一昨日3/1にアルビレオを見ましたが、あの後

「たまには、違うアイピースで見ようか~」と思って

あえて安いアイピースに変えてみました。

↓これです。

Uw2001

Uw2002

Uw2003

「UW20」という型番で

見掛視界:66度

アイレリーフ:17mm

重さ:108g

価格:5000円くらい(たとえば、ここ)

といった概要です。

実際に覗いてみると

見掛視界が66°と広角で気持ちの良い視界の広さです。

中心から60%程度までは、かなりシャープで

満足できる星像となってます。

60~80%くらいまでは、

収差により穏やかに崩れ始めてきます。

この辺りは、じっくりと見ないと分からないレベルです。

80%以降は、かなり崩れますね。

しかし、観望対象を中心にもってくることをかんがえれば

これは問題ないレベルだと思います。

中心部を見ている限り、周辺の星像の収差による崩れは

認識するのがとても難しく、まったく問題ありません。

そんなふうに割り切れば、とてもコストパフォーマンスの良い

アイピースだと思います。

広角アイピースが欲しい、しかも安いのが欲しい、となれば

このアイピースがお勧めですね。

ミニボーグ50FL」と「アイピースUW20」の相性、とても良いと思います。

« ミニボーグ50FLで観望2012年3月1日(こと座のダブルダブルスター) | トップページ | ひな祭りケーキを食べました 2012年3月3日 »

天体用機材etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミニボーグ50FLで観望2012年3月1日(こと座のダブルダブルスター) | トップページ | ひな祭りケーキを食べました 2012年3月3日 »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック