2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「球状星団M13」の撮影2012年3月20日(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 「球状星団M13」の撮影2012年3月22日(機材:ミニボーグ50FL、NRF-JPN、ポラリエ、E-PL1) »

2012年3月22日 (木)

「球状星団M13」の撮影2012年3月21日(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1)

しつこいようですが、この日(3/21)も球状星団M13の撮影をしました。

機材は、ミニボーグ50FL+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。
3/20は、極軸合わせが ある程度正確に出来たようで
うまく撮影できました。

この3/20撮影時の極軸合わせの方法に、ばらつきがどれ程あるのかも含めて
3/21も再度M13の撮影を試みたわけです。

いつも通り明け方に家事(洗濯・お風呂掃除・保育園の支度・食器の片付け等)をして
「さてと・・・空の具合は?」と窓から空を覗いたら(4:00頃)

雲がかなりあって隙間から星がチラチラと見えているような感じで
あまり撮影日和ではなかったのですが、とりあえず機材を外に・・・
で、北極星は見えていたので例の方法で(昨日の記事参照)極軸合わせを行いました。

でも、その後なんとか球状星団M13を導入できたものの
雲が邪魔をして、なかなか撮影できる状況にはありませんでした。
この時点で4:20頃でした。
「なんか・・・東の空が明るくなっているような・・・」と思ったんですが
どうやら薄明が始まってしまったようで
「今日は、ダメかな・・・」と思っていたら
西の方がスカッと雲がない場所があったので
雲の動きからすると、撮影できる空になりそうな気がしました。
しかし、天頂付近のM13の辺りが晴れてくれるまで
まだまだ時間がかかりそうで・・・

「早くしないと薄明が・・・」
と思いながら少しイライラぎみのオイラでした。

待ち時間に↓機材をパチリと撮りました。

50fl__2012321bl01

晴れ間がM13付近に来たのは 4:45頃。
急いで撮影しました。
でも、つかの間の晴れで次の雲がすぐにやってきたので
3枚(露出時間20秒、30秒、40秒)しか撮影できませんでしたね。

で、↓これです。(感度ISO2000、露出時間30秒)

50fl__epl1m132012321_iso2000_30bl01

いいですねぇ~。(↑クリックしてね)
流れてないと思いますよ。

で、↓これもです。(感度ISO2000、露出時間40秒)

50fl__epl1m132012321_iso2000_40bl02

おぉ~イイですよ。。(↑クリックしてね)
これも流れてないに等しいんじゃないですかぁ~

40秒露出の方を、↓トリミングしました。

50fl__epl1m132012321_iso2000_40bl03

40秒の露出まで、なかなかイイ感じですね。。(↑クリックしてね)

残念ながら50秒以上とかの露出が試せなかったのですが
今後に期待できますね。

またの機会にチャレンジしたいと思います。

« 「球状星団M13」の撮影2012年3月20日(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 「球状星団M13」の撮影2012年3月22日(機材:ミニボーグ50FL、NRF-JPN、ポラリエ、E-PL1) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「球状星団M13」の撮影2012年3月20日(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 「球状星団M13」の撮影2012年3月22日(機材:ミニボーグ50FL、NRF-JPN、ポラリエ、E-PL1) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック