2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« お弁当の卵焼き 2012年3月23日 | トップページ | 「球状星団M5」の初撮影2012年3月25日(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) »

2012年3月25日 (日)

「球状星団M13」の撮影2012年3月25日(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1)

今日も球状星団M13の撮影をしました。

フィルターなしで、60秒露出の画像を見たかったからです。

機材は、ミニボーグ50FL+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。
極軸合わせは、3/20撮影時の極軸合わせの方法と同様です。

で、結果は↓これ。ノートリミングです。

50fl__epl1m132012325_iso2000_60bl01

感度ISO2000、露出時間60秒、この条件は

やはりイイ感じですね。

撮影直後にプレビューで見て

「おぉ~いいじゃない」と心の中で思いました。

本当は、もっと露出してみたいのですが

E-PL1の露出モードが60秒の上は、バルブになってしまうので

リモコンが使えないことから、

レリーズステーなどを使わなければなりません。

今は、そのようなものが無いので

ここまでです。

↓トリミングしてみました。

50fl__epl1m132012325_iso2000_60bl02

いいですねぇ~、実にイイ感じです。

ブログに載せた画像は、生画像に比べると少し

劣化してしまうようで、残念です。

本当は、もう少しシャキッとした画像なんですよ。

今日は、他にも天体を撮影したんです。

でも、もうそろそろ朝食の準備をするので

また、後で・・・

後日か・・・。

« お弁当の卵焼き 2012年3月23日 | トップページ | 「球状星団M5」の初撮影2012年3月25日(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

手順を書いていただきありがとうございます。
>③眼視用接眼部にて撮影する天体の導入
アイピースはどのくらいのもを使ってM13は導入されているんですか。
ファインダーではブレが大きいみたいですね。

おとーたんさん、こんばんは。

いろいろと試されておられますね。
そして、撮影毎に星像がシャープになっていきますね。
またいろいろとお教えください。

pandaさん、コメントありがとうございます。
眼視用に使っているアイピースは、パンオプティク24mmです。なので17倍くらいですね。視野は、4°くらいです。その視野の中心あたりに北極星を入れてるだけです。ただ、このとき鏡筒がポラリエに対して垂直になっているか、これがポイントだと思います。試してみてくださいねhappy01

Amemaさん、コメントありがとうございます。
また、来て下さいねhappy01

pandaさん、M13の導入用アイピースもパンオプティック24mmです。視野中心に入れるとカメラE-PL1の撮影範囲に来るので、あとは短時間撮影しながら微調整します。M13が中心に来たら、本番の長時間撮影をします。こんな感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お弁当の卵焼き 2012年3月23日 | トップページ | 「球状星団M5」の初撮影2012年3月25日(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック