2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« お弁当の卵焼き 2012年4月6日 | トップページ | 時間のお勉強(長女) »

2012年4月 8日 (日)

2012年4月7日の月(機材:ボーグ100ED、ポルタ経緯台、E-PL1)

久しぶりに気合いを入れて少し重たい機材を出して見ました。

と言っても・・・

ポルタ経緯台に、ボーグ100ED鏡筒を乗っけたものです。

(一般的には軽量機材の部類てすね。)

これにオリンパスE-PL1を取り付けて月の撮影をしました。

この組合せの機材は初めてなので、どんな画像が得られるか

興味あったので、やってみました。

↓ノートリミング、感度ISO800、露出時間1/1250秒

100ed__epl1moon201247_iso800_12501b

いやぁ~、まず露出時間からして違いますね。

ノートリミングで、この大きさ、

なのに露出時間1/1250秒ですから。

対物レンズの明るさときたら

50FLと比べてしまうと、かなりの差です。

(重量は、50FLと比べると格段に重いですが・・・)

↓トリミングしました。

100ed__epl1moon201247_iso800_1250_2

いやいや、シャープですね!

とても気持ちが良いです。

重たい機材を出した甲斐がありました。

この後、アイピース(パンオプティク24mm)を取り付けて

はくちょう座のアルビレオを導入して覗きましたが

視野の隅々までシャープな微光星が見えて

実にスッキリとして気持ちのよい景観でした。

さすがボーグ100EDですね。

気合いが入ったときに、

またボーグ100EDを出したいと思います。

« お弁当の卵焼き 2012年4月6日 | トップページ | 時間のお勉強(長女) »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お弁当の卵焼き 2012年4月6日 | トップページ | 時間のお勉強(長女) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック