2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ミニボーグ50FLへの35ミリマルチフラットナーの取り付け(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 「アレイ星雲M27」の初撮影2012年4月1日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1) »

2012年4月 1日 (日)

50FL と 35ミリマルチフラットナー との相性は素晴らしい

35ミリマルチフラットナー(生産終了品)を組み合わせた場合

どうなるか試そうということで

「はくちょう座のデネブ付近」を撮影してみました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

極軸合わせは、

3/20撮影時の極軸合わせの方法と同様です。

↓感度ISO2000、露出時間30秒

50fl_35mm__epl12012331_iso2000_30bl

↓マルチフラットナーが無い場合です。

50fl__epl12012331_iso2000_30bl01

↓中心部を並べてました。

_

左側が50FLのみ、右側が50FL+35ミリマルチフラットナー付

どちらもシャープで良い星像ですね。

↓元画像の右上部をトリミングしました。

__2

左側が50FLのみ、右側が50FL+35ミリマルチフラットナー付

50FLのみですと、やはり収差によって星像が伸びてます。

しかし、35ミリマルチフラットナー付の方の画像は

シャープで素晴らしい星像となってますね。

いや~スッキリしました。

35ミリマルチフラットナーは、十分に使えます。

50FL と 35ミリマルチフラットナー は

相性がとても良いと言えますね。

カメラボディーにE-PL1等のマイクロフォーサーズ系を使用する場合は

補正レンズ + M49.8延長筒【7921】【7922】

という方法等でフランジバックを調整する必要が

あるようなので ご注意ください。

« ミニボーグ50FLへの35ミリマルチフラットナーの取り付け(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 「アレイ星雲M27」の初撮影2012年4月1日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1) »

天体用機材etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミニボーグ50FLへの35ミリマルチフラットナーの取り付け(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 「アレイ星雲M27」の初撮影2012年4月1日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック