2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「はくちょう座のアルビレオ」の撮影2012年5月11日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 2012年5月12日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

2012年5月12日 (土)

「Σ2470 LyrとΣ2474 Lyr」の撮影2012年5月11日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ+極望、E-PL1)

5月6日と同様に

「Σ2470 LyrとΣ2474 Lyr」(2つの二重星)を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミングです。(ISO2000、露出5秒)

50fl35__epl124702012511_iso2000_5bl

中心付近にある二つの二重星がそれです。

↓トリミングしました。

50fl35__epl124702012511_iso2000_5_2

(画像をクリックしてください。)

5月6日に撮った画像よりも

月があったのですが空の状態が良かったので、

写りは良いと思います。

ハッキリと分離しているのが分かると思います。

もちろん眼視(44倍)でもハッキリと分離してました。

それに眼視では、この前よりもクッキリと見えて

爽快な眺めでした。

やはり、二つの二重星が視野内にあると

見栄えは、グッと向上しますね。

ところで気づいたかもしれませんが、露出時間が5秒です。

ポラリエを使っての露出としては短いですよね。

理由があるんですよ。

これ以上露出すると、星像が肥大して写るので

二重星がくっついた感じになってしまうんですね。

写る星の数が少なくなって寂しいのですが

まぁ仕方ないですね。

« 「はくちょう座のアルビレオ」の撮影2012年5月11日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 2012年5月12日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「はくちょう座のアルビレオ」の撮影2012年5月11日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 2012年5月12日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック