2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年5月24日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | 2012年5月26日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

2012年5月26日 (土)

「散開星団M11」の撮影2012年5月26日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ+極望、E-PL1)

「散開星団M11」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出30秒

50fl__epl1m112012526_iso2000_30bl01

↓トリミングしました。

50fl__epl1m112012526_iso2000_30bl02

今日は、ハッキリ言って駄目画像です。

なにしろ薄雲りでの撮影だったので・・・

最初、窓のから空を覗いた時は

モヤッていながも晴れていたのですが

望遠鏡を出したら雲が出てきて

極軸を合わせる頃には薄雲ながら空の50~70%くらい雲っている状態でした。

極軸を合わせたので、とりあえず比較的晴れ間のある南側に

望遠鏡を向けて、わし座のアルタイルから

南西の方へと動かしてM11を探していたら

比較的早く見つかりました。

時間がたつにつれて雲がみるみる広がってしまって

撮影開始直後は良かったものの終了時は

ほぼ空全部が雲に覆われていて

ところどころの隙間から明るい星が見える程度でした。

でも、撮影出来ただけでも満足度は違いますね。

さすがに、初めて散開星団M11を撮影した時に比べてしまうと

感動度は格段の差ですが・・・。

(初めて散開星団M11を撮影した画像は、こちらです。)

またの機会に挑戦しますね。

« 2012年5月24日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | 2012年5月26日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年5月24日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | 2012年5月26日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック