2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年5月17日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | 2012年5月19日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

2012年5月19日 (土)

「リング星雲M57」の撮影2012年5月19日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1)

「リング星雲M57」を撮影しました。(失敗ですが・・・)

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

今日は、失敗です。あえて失敗の画像を出しました。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒

50fl35__epl1m572012519_iso2000_60bl

これ、パッと見て分かりづらいかもしれませんが

追尾がうまくいってません。それが失敗なんです。

↓大きめにトリミングしてみました。

50fl35__epl1m572012519_iso2000_60_2

画像をクリックして大きくして見てもらえると

明らかに追尾が失敗しているのが分かります。

しかも、何故か殆どの星も二重星のようになっています。

「雪だるま」みたいになっていると言った方が

分かりやすいでしょうかね。

これは、極軸がズレているためではなく

追尾が不安定なんだと思います。

追尾をしている時間帯もあれば、

追尾が出来なくなっている時間帯もあるということ

だと考えられます。

やはり、重量とバランスの問題が出ているのかと

考えました。

実際にバランスが悪いことは確かです。

特に天頂付近に向けたときに、

片持ち赤道儀を使っていることで

どうしてもバランスが悪くなって

東側に傾こうとする力が働いてます。

おそらく、これが原因ではないかと思います。

簡単にバランスを保てる方法が無いか

考えてみようかと思います。

« 2012年5月17日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | 2012年5月19日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年5月17日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | 2012年5月19日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック