2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 「あおむし」の撮影2012年6月24日(機材:ミニボーグ50、E-PL1) | トップページ | 2012年6月26日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

2012年6月26日 (火)

目玉焼き 2012年6月25日

フライパンを新しく変えてから試行錯誤していた

目玉焼きの作り方ですが、品質良く出来る手順がやっと出来ました。

今まで、フライパンからお皿に盛り付ける工程で

崩れてしまうケースが多くて、子供からクレームがくることが

多かったのです。

☆☆☆ 以下、手順です ☆☆☆

■IHのスイッチ(強さ4)を入れてフライパンを熱し、20〜30秒後にサラダ油をひきます。

■サラダ油をなじませたフライパンに卵を2個割って静かに落とします。

Cimg4548

■蓋をして、IHのスイッチ弱くします(強さ4→2)。続いてタイマー3分をセット。

Cimg4549

このIHの強さを変えるタイミングが重要だったりします。

下面の焼きが足りないと、あとで崩れる確率が高くなります。

また、特に3分というタイマーは我が家では必須です。

途中で子供に呼びたされて応対しなければいけないケースが

多々ありますし、フライパンの目の前で じ〜っと待っている

なんてことはしません。この3分間、だいたい前日に洗った食器類の片づけや

子供達のご飯や味噌汁を盛りつけたりする場合が多いですね。

■タイマーで3分たつとアラームが鳴って知らせてくれるので焼き具合を確認。

Cimg4550

今日も、上出来だと思います。

少し黄身の部分が白っぽくなっていますが

崩れにくくて盛り付けの際には安心です。

■お皿に移します。少し緊張しますが、この焼き具合なら大丈夫。

Cimg4551

特に下面の焼き具合が不十分だと崩れることがありますが

この手順でやれば問題ないことが分かりました。

■移動完了後に醤油をたらして、出来上がり!

Cimg4554

この日も、焼き具合はバッチリです。

形は、その日によって違いますので

時々、子供のツッコミが入りますが・・・

黄身が崩れなければ、クレームは殆どないです。

« 「あおむし」の撮影2012年6月24日(機材:ミニボーグ50、E-PL1) | トップページ | 2012年6月26日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「あおむし」の撮影2012年6月24日(機材:ミニボーグ50、E-PL1) | トップページ | 2012年6月26日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ レンズキット ホワイト
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 9mm f8 フィッシュアイ ボディキャップレンズ ホワイト BCL-0980 WHT
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-PL7, E-PL8用 本革ボディージャケット ホワイト CS-45B WHT
  • OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ用 自動開閉式レンズキャップ シルバー LC-37C SLV
  • OLYMPUS パンケーキレンズ M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 シルバー
  • OLYMPUS 望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R シルバー
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック