2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「Astronomik CLS Filter 2 inch 光害カットフィルター」を取り付ける-その2 2012年6月23日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | あおむし発見! 2012年6月24日 »

2012年6月24日 (日)

ミニボーグ50FL鏡筒 の機材構成 2012年6月24日

今まで、詳しく機材の説明がなかったこともあり
現在のミニボーグ50FL鏡筒の機材構成の確認も含めて
見てみることにしましょうか。

↓まず、[ミニボーグ50FL鏡筒基本ユニット]です。

50flbl01

部品構成は、

***************************************

ミニボーグ50FL対物レンズ【2551】
ミニボーグ60EDレンズセルの後方に付いていた延長筒L=60mm
M57/60延長筒SS【7601】
M57ヘリコイド【7857】
M57/60延長筒SSW【7605】
ミニボーグ鏡筒【6160】
バランスプレート【3104】

***************************************

この基本ユニットに、

↓①[眼視ユニット]

Bl02

部品構成は、

***************************************

2インチホルダーS【7508】

2インチホルダーSSII【7501】

メーカー不明の2インチスリーブ→36.4アダプタ

ビクセン36.4天頂プリズム

接眼ヘリコイドS【4317】

アイピース(パンオプティック24mm)

***************************************

これらを接続すると↓

50flbl03

[ミニボーグ50FL鏡筒基本ユニット] + ①[眼視ユニット]

こうなって、眼視で楽しむ時

撮影時の天体導入時の仕様となります。

つづいて・・・

↓②[撮影ユニット]

Bl04

部品構成は、

***************************************

M57/60延長筒SS【7601】

35ミリマルチフラットナー1.04×【7784】

M49.8→M57AD【7920】

M57/60延長筒S【7602】

カメラマウントホルダーM【7000】

カメラマウント マイクロフォーサーズ用【5011】

***************************************

これらとE-PL1を接続すると↓

50flbl05

[ミニボーグ50FL鏡筒基本ユニット] + ②[撮影ユニット] + E-PL1

こんな具合に天体撮影時の仕様になります。

∞でのピントは合いますが近距離はダメです。

35ミリマルチフラットナーの効果で

隅までシャープな星像☆が写せます。

(代表例として・・・、M13の画像は こちら。)

« 「Astronomik CLS Filter 2 inch 光害カットフィルター」を取り付ける-その2 2012年6月23日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | あおむし発見! 2012年6月24日 »

天体望遠鏡の鏡筒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「Astronomik CLS Filter 2 inch 光害カットフィルター」を取り付ける-その2 2012年6月23日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | あおむし発見! 2012年6月24日 »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック