2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年6月20日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | 「Astronomik CLS Filter 2 inch 光害カットフィルター」を取り付ける-その2 2012年6月23日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

2012年6月22日 (金)

「Astronomik CLS Filter 2 inch 光害カットフィルター」を取り付ける 2012年6月22日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1)

Astronomik CLS Filter 2 inch 光害カットフィルター」を

いつも使っている機材(ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL1)に、
取り付ける方法をあれこれ考えてみました。

とりあえず、「ステップダウンリング52→48」を新たに用意してみました。

Cimg4555

6/19に撮影したときは、かなり危険な方法で取り付けてました。

↓こんなふうにして、35ミリマルチフラットナーの上の乗っけてただけです。

Cimg4556

ネジ径がまったく合っていなくてガバガバでした。

当日は、とりあえず天頂付近だったので

なんとか撮影は出来たのですが・・・これは危険すぎます。

ということで、いろいろと考えているうちに

良い場所を発見!

↓こんな場所に・・・

Cimg4557

ステップダウンリングを取り付けた状態でうまいこと

ミニボーグ鏡筒【6160】の先端に取り付きました。

かなり固かったので、メーカーが想定している範囲外だと思います。

でも、とりあえず確実に固定できているようなので良しとします。

↓組立完了です。

Cimg4558

見た目に全く変わりません。光路長も変わりません。

ただ問題があります。

フィルターの脱着を行うときに、少し手間なんですね。

出来れば、↓これをなんとか利用したいと思っているのですが

Cimg4561

(生産終了品 フィルターBOX【7520】)

今日は、時間がないので

ここまでです。

後日、また考えてみます。

« 2012年6月20日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | 「Astronomik CLS Filter 2 inch 光害カットフィルター」を取り付ける-その2 2012年6月23日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

天体用機材etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年6月20日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | 「Astronomik CLS Filter 2 inch 光害カットフィルター」を取り付ける-その2 2012年6月23日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック