2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「Astronomik CLS Filter 2 inch 光害カットフィルター」を取り付ける 2012年6月22日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | ミニボーグ50FL鏡筒 の機材構成 2012年6月24日 »

2012年6月23日 (土)

「Astronomik CLS Filter 2 inch 光害カットフィルター」を取り付ける-その2 2012年6月23日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1)

Astronomik CLS Filter 2 inch 光害カットフィルター」を

いつも使っている機材(ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL1)に、
取り付ける方法を昨日考えてみたのですが、

朝の通勤電車の中でボーグのカタログを見ていて

カメラマウントホルダーM【7000】を見たところ・・・

Cimg4562

なんと!

「最新のロットから内側に52mmのフィルターネジが装着されました」

と書いてあるではないですか!

ということで、早速くるくると回して分解そして・・・

Cimg4563

あれっ・・・(汗)。

入りません。ネジが全然合いません。

この「カメラマウントホルダーM」は旧型だったようです(泣)

それもそのはず、35ミリマルチフラットナーを買ったときに

一緒に買ったものですから古いんですね。

そこで・・・「まてよ、もう一つあった!」と思い

↓見てみると

Cimg4564

おぉ~、52mmネジらしきものがあるではないですか!

(左側:旧型、右側:最新型)

↓早速ねじ込んでみました。

Cimg4565

ピッタリです。

ということで、↓この状態で鏡筒を組立ました。

Cimg4566

この、カメラマウントホルダーMに取り付いているフィルターなら

そんなに脱着は苦になりそうではありませんね。

これでしばらく様子を見ようかと思います。

« 「Astronomik CLS Filter 2 inch 光害カットフィルター」を取り付ける 2012年6月22日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | ミニボーグ50FL鏡筒 の機材構成 2012年6月24日 »

天体用機材etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「Astronomik CLS Filter 2 inch 光害カットフィルター」を取り付ける 2012年6月22日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | ミニボーグ50FL鏡筒 の機材構成 2012年6月24日 »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック