2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 金星日面通過の撮影in京都③ 2012年6月6日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | 2012年6月10日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

2012年6月10日 (日)

金星日面通過の撮影in京都④ 2012年6月6日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1)

金星日面通過を京都で撮影しました。(12:51)

(撮影地・機材、に関する記事は、こちら。)

機材は、
ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL1
です。

これに、
バーダープラネタリウム社の
「AstroSolar セーフティーフィルター」
を取り付けての撮影です。

↓トリミングしてあります。ISO400、露出時間1/1250秒(12:51)。

50fl35epl1in2012661251p6065498bl02

1時間程前の写真と見比べると、分かるのですが

徐々に右端に向かって金星が動いてますね。

ちょうど、これを撮影する直前に

近くで昼食を召しあがった直後のU様ご家族に

50FLの接眼部を眼視パーツにサッと変えて
アイピースを通して直接覗いてもらいました。

とても感動されてました。

自分も、この日初めて直接眼視で覗きましたが

「これはシャープだ!やっぱ、眼視だな!」と

直接見ることの価値の高さを改めて認識しました。

眼視パーツは出発時直前に荷物に放り込んだのですが

良かったです。

しかしながら・・・、U様ご家族のお子さん(幼稚園の年長さん)が
アイピースから覗こうとしたものの「見えな~い」と言っていて
、単眼では見ることが出来きなかった様子でした。

これは、私も自分の子供で経験済みだったので
「やっぱりムリかぁ・・・」と思いました。

どうも小学校にあがる頃が単眼で覗くことができるボーダーの時期らしく
幼児時期では単眼での観望が難しいようなんです。

そこで、↓このようにしました。

50flbl01
たまたまあった白い箱を利用して
ミニボーグ50FLのフィルターを外して白い箱に投影して見せてあげました。

50flbl02
見れた後のお子さんの笑顔、ママさんの笑顔がとても素敵でした。
こんな素敵な経験ができたのもミニボーグのお陰です。

☆金星日面通過の撮影in京都⑤へ、つづく。

« 金星日面通過の撮影in京都③ 2012年6月6日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | 2012年6月10日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

天体観測(金星日面通過)」カテゴリの記事

コメント

遠征お疲れ様でした、っていうかうらやましいです。
ほぼ雨降りでまったくダメでした。
教えてほしいのですが、E-PL1を50FLで使う場合、
カメラマウントフォルダー7000にカメラマウント5011を使えばいいですか。
7921とか7922とかも必要ですか。

pandaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。私は、光学系が50FL対物レンズのみの場合は、[50FL対物レンズ] と [ヘリコイドM57] と [ミニボーグ鏡筒] と [延長筒等] と [7000]+[5011]+[E-PL1] という構成でした。中心付近はシャープですが周辺は少し流れてしまいますね。
補正レンズを入れる場合は、[7921]+[7922]等が必要です。
何か疑問等あればボーグの中川さんに問い合わせると親切に教えてくれますよ。

いつも教えていただきありがとうございます。
中川さんにも問い合わせてみます。
それにしても星の見えない日が続いていますね。

pandaさん、こちらこそ いつもコメントありがとうございます。関東甲信は、「梅雨入りしたと見られる」という気象庁のコメントがあったらしいです。しばらくは、星が見れない日が続きそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金星日面通過の撮影in京都③ 2012年6月6日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) | トップページ | 2012年6月10日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック