2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「アンドロメダ大星雲M31」の撮影2012年7月18日 画像処理後の比較(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+Astronomik CLS Filter 、ポラリエ+極望、E-PL1) | トップページ | ダンボールハウスを出しました 2012年7月22日 »

2012年7月22日 (日)

2012年7月16日の金星(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1)

明け方の空に木星とともに金星が見え始めたので

7/16のことですが、金星を撮影してみました。

この機材では、初めての撮影かもしれません。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。
ポラリエのスイッチは、オンで使用しました。

↓トリミングしました、感度ISO800、露出時間1/2000秒

50fl35epl12012716bl01

意外と大きく写りました。

それと・・・露出時間を見ると、明るいことが分かりますね。

やはり、8/14の金星食を意識してしまいますが・・・

(8/14の金星食の詳しい情報は、こちら)

月の撮影での適正露出時間からすると金星は明るすぎるかもしれませんね。

どうバランスをとるか難しいところです。

しかし、金星の輝きは綺麗ですね。

明け方の東の空に輝く金星、見ていると癒される感じです。

« 「アンドロメダ大星雲M31」の撮影2012年7月18日 画像処理後の比較(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+Astronomik CLS Filter 、ポラリエ+極望、E-PL1) | トップページ | ダンボールハウスを出しました 2012年7月22日 »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アンドロメダ大星雲M31」の撮影2012年7月18日 画像処理後の比較(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+Astronomik CLS Filter 、ポラリエ+極望、E-PL1) | トップページ | ダンボールハウスを出しました 2012年7月22日 »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック