2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の記事

2012年8月31日 (金)

2012年8月30日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1)

月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。
ポラリエのスイッチは、オンで使用しました。

↓トリミングしてます、感度ISO400、露出時間1/500秒

50fl__epl1moon2012830_iso400_5001bl

長女を学童にお迎えに行き、車で次女のお迎えに保育園に向かう途中

空の低い位置にポッカリ月が見えていたので、

「撮りたいな~」なんて思いながら運転していました。

いつも子供達とお風呂に入るのですが、

たまたま、この日は子供達がカミさんとお風呂に入ったので

「これはチャンス!」と思いました。

しかし、夕食後の食器類を洗わなければいけなかったので

急いで終わらせて、なんとか撮影にこぎつけました。

落ち着いて撮れば、もう少しシャープに撮れたかもしれませんが

まぁ良しとしましょう。

撮影が実現できて、小さな幸せを得ることが出来ましたから。

2012年8月30日 (木)

ポラリエ雲台ベースセットType-B 仕様変更

実は7月に、テレスコ工作工房さんから

この↓新たなパーツを入手していまして・・・

2012811bl01

これ、ポラリエ雲台ペースのパーツで

「特注ロング雲台プレート」という名称で購入しました。

ちなみに↓上のが今回購入したパーツ、下のが今までのパーツです。

2012811bl02

新しいパーツは、機材をプレートの任意の場所に

取り付けることができるようになり、とても便利です。

特に「片持ちフォーク式赤道儀【3101】」を取り付けるのには

必要なパーツということで思わず注文となったわけです。

そして、↓こうなりました。

2012811bl03

そして、そして、ポラリエ&ミニボーグ50FLと合体すると

↓こんなふうになります。

2012811bl04

2012811bl05

「片持ちフォーク式赤道儀」がポラリエと干渉しません!

(以前までは、干渉してました)

これでほぼ完璧です。

少し、重量は増えましたが

使い勝手が向上したことのメリットの方が大きいと思います。

オイラ、ギリギリ片手で持てる重量です。(かなり重要な要素)

実は、8月くらいから この仕様で撮影&観望していました。

2012年8月29日 (水)

「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年8月27日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望)

また自宅前にて、「オリオン大星雲M42」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒

50fl35_epl1m422012827_iso2000_60bl0

高度が低くて条件が悪いのですが

M42を撮りたくなってしまって・・・

やはり、色や形状が良いですよね。

この星雲って芸術性があって、良いですね。

2012年8月28日 (火)

「プレアデス星団M45」の撮影 2012年8月26日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望)

自宅前にて、「プレアデス星団M45」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL1+ポラリエです。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒

50fl35_epl1m452012826_iso2000_60bl0

はい、やはり60秒露出ですね。光害の激しい自宅からでは

これが一番良さそうです。

追尾が完璧なので星像も綺麗で、とても満足です。

アイピースから覗いている状況に近いような気がして

とても良い感じに撮れました。

2012年8月27日 (月)

「アンドロメダ大星雲M31」の撮影 2012年8月26日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望)

自宅前にて、「アンドロメダ大星雲M31」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO3200、露出60秒

50fl35__epl1m312012826_iso3200_60bl

いつもより、感度を高くしてみました。

まぁ、こんなものでしょうかね。

やはり、光害には負けますね(汗)

後は、画像処理に時間をかける他ないんでしょうか・・・。

光害地での淡い対象は、やはり厳しいですね。

2012年8月26日 (日)

「プレアデス星団M45」の撮影 2012年8月24日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+CLS Filter、E-PL1、ポラリエ+極望)

自宅前にて、「プレアデス星団M45」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+CLS Filter +オリンパスE-PL1+ポラリエです。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出195秒

50fl35clsf_epl1m452012824_iso2000_1

今回は、露出時間を延ばしてみたくて・・・

しかし光害が激しので、それをカバーしようと

「Astronomik CLS Filter 2 inch 光害カットフィルター」を取り付けての撮影です。

色が青系にシフトしてしまって・・・カラーバランスを調整すればいいのですが

面倒でやってません。

調整しても、良い画像が得られないと思ったからです。

残念ですが、自宅前からの撮影では露出をあまり延ばすのは

意味が無いような気がしてきました。

ブレアデス星団には、

フィルターの効果がプラスに働くよりも

追尾精度が悪い方向に働いて星像の悪化が気になってしまいます。

歩留まりを考えると、やはり露出時間は60秒程度までが良いような気がしますね。

2012年8月25日 (土)

「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年8月23日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望)

自宅前にて、「オリオン大星雲M42」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒

50fl35_epl1m422012823_iso2000_60bl0

近所の家と家の隙間から見えたので、思わず撮影したのですが・・・

思ったより、良く写りました。

まだ8月なので高度は、かなり低いです。

従って光害の影響もかなり受けています。

その条件下で、これだけ写ってくれるとは思いませんでした。

高度が高くなってくる秋が楽しみです。

毎年、この時期の明け方にオリオン座を見ると

「もうオリオンが見える季節になったかぁ・・・」と思いながら

季節を感じますね。

2012年8月24日 (金)

「プレアデス星団M45」の撮影 2012年8月23日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望)

自宅前にて、「プレアデス星団M45」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒

50fl35_epl1m452012823_iso2000_60bl0

追尾は、ほぼ完璧ですね。

大分、明け方には高度も高くなってきたので撮り頃かと思います。

しかし、先日「キャンピカ富士ぐりんぱ」で撮影した画像(追尾失敗ですが)を見ると

やはり見劣りしてしまいますね。

露出時間は、自宅前の場合どの程度伸ばせるのでしょうね

今度試したいと思います。

2012年8月23日 (木)

「カシオペア座付近」の撮影inキャンピカ富士ぐりんぱ 2012年8月17日(機材:シグマFISHEYE15mmF2.8→4、E-PL1、ポラリエ+極望)

遠征地「キャンピカ富士ぐりんぱ」にて、「カシオペア座付近」を撮影しました。

機材は、シグマFISHEYE15mmF2.8→4 + E-PL1、ポラリエ、です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出186秒、1:22

P817662315mmepl1_iso2000_194

広角レンズなので、かなり広い範囲が写ってますね。

ペルセウス二重星団(h-χ)やM31も小さいですが写ってます。

ポラリエの本来の使い方、これは実に歩留まりが良いみたいです。

この程度の露出ならば安定して安心して撮れそうです。

実に気持ちの良い星像ですよね。

2012年8月22日 (水)

「プレアデス星団M45」の撮影inキャンピカ富士ぐりんぱ 2012年8月17日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望)

遠征地「キャンピカ富士ぐりんぱ」にて、「プレアデス星団M45」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出324秒

50fl35__epl1m452012817_iso2000_324b

3枚撮影した(10秒、60秒、324秒)うちの1枚なんですが

10秒露出意外は、追尾がうまくいってませんでした。

特に、この画像は星がV字になってます(汗)

でも遠めから見れば綺麗なので、この画像を選びました。

星像が綺麗なのは、10秒露出の画像なのですが

やはり露出不足です。

次回は、もっともっと綺麗な画像めざしてトライしてみます。

2012年8月21日 (火)

「ペルセウス座 二重星団」の撮影inキャンピカ富士ぐりんぱ 2012年8月17日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望)

遠征地「キャンピカ富士ぐりんぱ」にて、「ペルセウス座 二重星団」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒

50fl35_epl12012817_iso2000_60bl01

いいですねぇ。

実は、約5分露出した写真もあるのですが

追尾がうまくいってなくて、しかもノイズが激しいかったので

60秒の画像を選択しました。

ふと、元画像を撮影地で比較してみました。

↓inキャンピカ富士ぐりんぱの元画像

P8176631_iso2000_60

↓in自宅前の元画像

P7246040_iso2000_60

感度と露出時間は、同じです。

明らかにパックの明るさが違いますね。

結果として、画像処理後を見ると・・・

ありま変わらないようなんですよね。(自宅前の参考画像は、こちら)

今回の比較は、ISO2000で60秒の露出なんですが

これなら、自宅前でいいやと思ったりしました。

これは、新たな発見です!

もちろん、5分露出とかの長時間露出での比較をしていないので

なんとも正確な評価とは言えないと思いますが・・・。

淡い星雲等は、もちろん暗い場所が良いのは当然かと思います。

参考になればと思います。

2012年8月20日 (月)

「アンドロメダ大星雲M31」の撮影inキャンピカ富士ぐりんぱ 2012年8月17日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望)

遠征地「キャンピカ富士ぐりんぱ」にて、「アンドロメダ大星雲M31」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出182秒

50fl35__epl1m312012817_iso2000_182b

やはり空の暗さは、自宅前と比較して歴然としてます。

いまいちシャープ感に欠けてノイズもあるし少し流れているので

けっして、上手い写真ではないですが

バックの暗さに感動しました。

また、このような環境で撮影したいと思ってしまいましたね。

M31ですが、意外と腕の部分は淡いのですね。

これは、露出をもう少し延ばす必要があるようです。

この軽量お気軽機材で、もう少し良い画像が撮れるとすると

画期的なのかもしれません。

今まで、重いくて嵩張る機材でしか撮れないものと思っていましたが

これはイイですよ。まして、キャンプなど兼ねて来た場合は荷物が多いので

大きな機材までは、オイラの車に積みこめませんからね。

実にすばらしい機材だと思いました。

2012年8月19日 (日)

「天の川」の撮影inキャンピカ富士ぐりんぱ 2012年8月17日(機材:シグマFISHEYE15mmF2.8→4、E-PL1、ポラリエ+極望)

遠征地「キャンピカ富士ぐりんぱ」にて、「天の川」を撮影しました。

機材は、シグマFISHEYE15mmF2.8→4 + E-PL1、ポラリエ、です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出194秒、1:08

P8176620115mmepl1_iso2000_194

今回において、会心の一撃!とも言える画像です

本来のポラリエの使い方ですね。

約3分の露出ですが、広角レンズなので全く問題ないですね。

とても簡単で良いです。

やっぱり、自宅前の撮影とは違って光害が少ないです。

しかし・・・ここ標高約1200mでも少し光害があるようで、

F4あたりですと露出時間はあまり延ばせそうにありませんね。

今度機会があれば、フィルターでも使ってみようかと思います。

さてさて、ミニボーグ50FLでも撮影したんです。

ミニボーグ50FLでの画像は、こちら(M31) と こちら(ペルセ二重星団) 。

2012年8月18日 (土)

「ぐりんぱ」に行きました 2012年8月16日

昨年同様、「ぐりんぱ」&キャンプに行ってきました。

P8166568bl01

天気は、標高が高く そこそこ雲があり

都心と比較すると格段に過ごしやすい環境でした。

子供が楽しめる場所としては、なかなか良い場所だと思ってます。

P8166570bl02

↑子供達は、目的場所が決まると走り出します。

どんどん先を行く子供を追いかけるのが大変でした。

いつもながら、早めのランチ。

↓子供のランチ(ハンバーグプレート)

P8166572bl03

↓オイラのランチ

P8166573bl04

結構、このメインのチキンが好きです。

乗り物系も好きな子供達ですが、体を使って遊べるようなのも楽しんでました。

↓「ピカソのたまご」という、アスレチックみたいなアトラクションです。

P8166580bl05 

P8166584bl06

少し早いようですが16時頃に、「ぐりんぱ」を出て

隣接するキャンプ場「キャンピカ富士ぐりんぱ」に行きました。

夕食は、

↓つくね

P8166607bl07

↓やきそば(長女が野菜を焼いてます)

P8166603bl071   

夕食後に、シャワーで汗を流し(ここのシャワー設備、すごく綺麗です。)

花火をしました。(画像ありませんが・・・)

曇っていたので、就寝前の親子での星見は残念ながら無し。

夜中1時頃に起きたオイラ、空を見ると晴れていて

2時間程楽しませていただきました。(↓天の川)

P8176620bl11

<<オイラが星空を楽しんだ記事は、こちら(天の川) と こちら(M31) と こちら(ペルセ二重星団)  >>

3時頃にたまたまトイレに起きた長女も星空を見ることができ

短い時間でしたが、星空を楽しめたようです。

長女「わぁ~すご~い!」

「あそこの星☆なぁに~」とかいろいろ質問されました。

まぁ、自宅から見える星空とは天地の差がありますからね。

こんなときくらいしか体験できないので

親子一緒に見ることができて良かったです。

↓早朝の富士山です。

P8176652bl08

↓前年同様に今回も、「トラベルトレーラー」にて宿泊しました。 

P8176653bl10

↓朝っぱらから走り回る娘です。(追いかけるオイラの影付き)

P8176649bl09

朝食は、焼きトウモロコシ、ごはん、豚汁、トマト、ウインナー、でした。

P8176656bl11

次女が「お外で食べた~い!」と言ってましたが

やはり、富士山が見えて涼しい風を受けながらの食事は

美味しいものですよね。

また、来年も!と思うオイラでした。

2012年8月17日 (金)

箱根旅行 その3 2012年8月13日

「箱根旅行 その2」の続きです。

2日目となりますが

朝食を朝一番で済ませて(バイキングでした)

出発!

2日目の目的地↓ここ彫刻の森美術館です。

Cimg507820

やはり、子供が楽しめるところ・・・というのが前提になります。

ここは、大人が楽しめることに加え子供を意識した設備があるとのことで

いざ入館!

広い公園みたいなつくりで、

何カ所か子供のみ楽しめる場所があり

↓こんなのもありました。

Cimg510121

↓これなんか子供も大人も楽しめましたよ。

Cimg512722

↓中に入っていくと、壁がステンドグラスになっていて

Cimg512423 

これがとても綺麗でしたね。

↓真ん中に登っていく階段があって、汗をかきながら家族で登りました。

Cimg511824

頑張って上まで登れると、↓展望台があって眺めがとても良かったです。

Cimg512226

ちょと雲が多かったのが残念でしたね。

この美術館の隣にあるレストランでランチタイムとし

その後は、車(レンタカー)で箱根湯本駅に向かいました。

↓帰りのロマンスカー。

Cimg513825

わりと新しいタイプでしょうか?

行きもそうだったのですが・・・節電モードなのか車内は、蒸し暑かったです(汗)

それ以外は、快適でしたよ。

久々の電車での旅行、親子共々楽しめたようです。

2012年8月16日 (木)

箱根旅行 その2 2012年8月12日

「箱根旅行 その1」の 続きです。

ホテルに帰り、夕食の時間です。

ちなみに、今回利用させていただいたホテルは

「ホテルグリーンプラザ箱根」です。

↓大人のメニューです。

Cimg502710

↓右のは、トマトのパンで これがなかなか面白い味でした。

Cimg503511

この辺りから隣の次女の世話に気をとられ

あまり味わって食べるという意識は薄れました。(汗)

Cimg503612

↓スープですが、次女の食事を進めることが優先して味わってません。(汗)

Cimg503713

↓この辺りも美味しいのだと思いますが、次女の世話で舌の神経が鈍ってます(汗)

Cimg503814

↓メインディッシュです。

Cimg504015

メインということで、楽しみであったこともあり

さすがに舌と鼻と目等に神経をいくらか集中させて味わいました。

周りがパイなのがポイントかもしれません。

パイ系の物は好きなので、もちろん美味しかったですよ。

↓デザートです。3種類もありました。

Cimg504517

左のが、「ココナッツムースとサングリア風ジュレ」というものですが

レストランでデザートを食べている・・・という実感がありましたね。

この後、食後のコーヒーを頂きました。

いつも安物コーヒーを飲み慣れているおいらには、

なんのコーヒーだか分かりませんでした(汗)

食後に、↓子供向けのイベントが催されていたので参加してきました。

Cimg506618

①~③全てやりましたよ。

最初に「③たからさがし!クイズラリー!」をやって

子供達は、アメをもらいました。

次は、「②一発勝負!!紙ひこうき 的入れゲーム!!」

では子供達やカミさんはハズレでしたが

おいらが2等を当てて「お土産屋10%割引券」をゲット!

最後に「①Let's省エネ!!手作りうちわ作り♪♪」をやりました。

これらのイベントは、子供達にはウケが良く

かなり楽しかったようです。

☆つづく

2012年8月15日 (水)

箱根旅行 その1 2012年8月12日

家族で箱根に旅行してきました。

目的地までの交通手段は、めずらしく公共の交通機関です。

まずは最寄りの駅から小田急町田駅に行きロマンスカーに乗りました。

P812638601

↑これは、箱根湯本での写真です。

子供達は、お菓子をバリバリと食べて

落ち着くと↓窓の外を眺めていました。

P8126380011

これは、お決まりですね。

約1時間程で箱根湯本に到着し

レンタカーにて、箱根園に行きました。

到着したのは11時過ぎで少し早いですが、すばやくランチタイム。

12時近くになると込み合うので、待つのがイヤな我が家は お決まりです。

↓子供達は、オーソドックスな「お子様ランチ」。

P812639002

↓カミさんは、豚丼定食?そんなような名前だったと思います。

P812639704

↓おとーたんは、マーボーなす定食です。

P812639403

これ、なかなか美味しかったですよ。

子供たちも、食べ終わると

近くに置いてあった絵本を見始めました。

親的には、ラッキーですね。

特に次女は、落ち着いて座ってるはずがなく

何かいつも遊びネタがないと振り回されるオイラです。

食後は、水族館に行きました。

特に次女がお気に入りだったのが↓これです。

P812642805

水槽の横に丸い穴があって、そこに身を乗り出すと

あたかも、水中に潜ったような感覚になれるという仕組みです。

これは、窓が球状になっているのと魚眼レンズ風に見えるのです。

なかなか面白い仕掛けでした。

↓次は、遊覧船に乗船です。

P812646206

夏ということもあり、船内は暑いのですが

屋上に出ると風が心地良く涼しかったです。

最初は、雨も降ったりしたのですが晴れ間も見えてラッキーでした。

レンタカーにて、とりあえずホテルに荷物をおろしてから

↓ロープウェーに乗りました。

P812649207

子供達は、初めてのロープウェー!

メチャメチャ興奮してました。

左上にウチワがありますが、中は暑いので

オイラは、ひたすら仰いでました(汗)

↓大涌谷に到着。

Cimg500171

激混みで、駐車場は満車です。

この時期に車で来るのは、困難ですね。

ロープウェーで来て正解でした。

Cimg5007072

↑ソフトクリームにかぶりつく次女です。

この後、口の周りはベチャベチャになってました(汗)

オイラも久しぶりにソフトクリームを食べましたが

こーいう場所のは何故か美味しいですね。

さてさて、夕食の予約時間が迫っていたこともあり

またロープウェーに乗って足早にホテルに帰ったのでした。

☆つづく

2012年8月14日 (火)

金星食の撮影 2012年8月14日(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1)

金星食、出現直後だけですが・・・なんとか撮影できました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL1+ポラリエ です。

↓3:33、ノートリミング、感度ISO3200、露出時間1/5秒

50flepl1_20120814_p8146518_bl01

↓トリミングしました。

50flepl1_20120814_p8146518_bl02

今日は、2時頃に起きたのですが

空は、ほぼ雲に覆われていて隙間っぽい場所でも

星一つ見えない状態で、潜入時は全くダメでした。

時折、雨が降る始末。機材は、急いで撤収。

絶望的と思っていましたが、ずっと外で空を眺めていたら

3:25頃に東の空に明るい月らしき光が見えてきたので

急遽、機材のスタンバイ!

視野に入れて、ピントは前回撮影時のままで撮影開始。

とりあえず、露出時間は適当にカシャカシャと撮ってみたんですね。

なんとか、この一枚だけは それなりに撮れました。

薄雲の中でしたし、ピントも合ってないかもしれないので

シャキッとした画像ではありませんが

何も無いよりは、全然ましです。

これを撮影した直後に、またまた雨が降ってきたので

すぐに撤収しました。

この迅速な対応、ミニボーグ+ポラリエ ならでは ですね。

話は、全く違いますが2:20~2:50頃に

3回くらい、雲がピカッと光ったのですが

ひょっとして火球(ペルセウス流星群)でも飛んでたんでしょうかね。

2012年8月13日 (月)

手造りハンバーガー 2012年8月11日

休日のランチは、9割9分 自宅で食べるのですが

ファーストフードをイメージしたものを作ってみました。

↓ハンバーガーです。

Cimg4962

かなりシンプルですが、なかなか美味しいです。

中は、↓こうなってます。

Cimg4961

まぁ、  味付けはお好みなので・・・

これは私用の味付けです。

ケチャップとマヨネーズとマスタードが付いてます。

↓他の方々の味付け

◆長女・・・何も付けません。

◆次女・・・マヨネーズのみ。

◆母 ・・・ケチャップとマスタード。

ちなみに、作り方は簡単で

だいたい↓こんな感じです。

①ビーフパティをフライパンで焼く

②バーガー用バンズの両面を程良くオーブントースターで焼く

③レタスを洗ってちぎって、②に乗せる

④③に①を乗せて味付けをする

⑤④を盛り付ける

市販のビーフパティ、バーガー用バンズ、レタス、これだけ買っとけば

出来ちゃいますね。

結構、子供たちにも好評で長女は「おかわり!」と言ってました。

基本的に子供達が食べてくれるものを中心に作ることが多いので

このハンバーガーは良かったです。

2012年8月12日 (日)

2012年8月11日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1)

なんとか(汗)・・・月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。
ポラリエのスイッチは、オンで使用しました。

↓トリミングしてます、感度ISO800、露出時間1/250秒

50fl__epl1moon2012811_iso800_2501bl

この画像を得るために、ちょっと苦労しました。

最初、3時頃に月が見えていたので機材を出したのですが・・・

シーイングが良くなかったせいもあり、ピント出しを迷っていて

ヘリコイドをグルグルと行ったり来たりさせているうちに

大きな雲が来て月が見えなくなってしまいました。

しばらく粘ったのですが、一時撤収し

いつもの家事(洗濯)をすることに・・・洗濯機の処理はすでに終わっていたので

洗濯物を干しながら窓の外を覗いたりしてました。

ちょど干し終わったくらいに(3:40頃)薄雲ながら

月がハッキリと見えたので再び機材を出すことに。

またまた、ピント出しに苦労しながらもなんとか撮れた画像です。

しかし、明け方でも暑いですね。

汗をかきつつ、蚊に刺されながら、撮影しました。

室内に入って扇風機にあたりながら、ウナコーワを7カ所程ヌリヌリした私でした。

2012年8月11日 (土)

2012年8月10日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1)

なんとか雲の隙間から月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。
ポラリエのスイッチは、オンで使用しました。

↓トリミングしてます、感度ISO1600、露出時間1/400秒50fl__epl1moon2012810_iso1600_4001b

明け方に起きた時、ほぼ雲に覆われていて

かなり絶望的な空でしたが、薄明が始まって空が明るくなりつつある

4:00頃に雲の隙間から奇跡的に撮影できました。

画像は、いまいちシャキッとしていないのですが

撮影できただけラッキーでした。

使用機材がミニボーグでなかったら、最初っからあきらめていたでしょうね。

すぐに出して、すぐに撤収できる、これが重要だということを

あらためて実感した日でした。

2012年8月10日 (金)

絵日記? 2012年8月9日

長女が夏休みの宿題で、絵日記をかいていたのですが

次女がそれを見ていて、↓どうやらマネしてかいてみたようです。

2012810

人の顔の絵を最近よく描いているのと

数字を少しづつ練習していたり、文字も自分の名前や家族の名前

はなんとなく書いたりしているので、そんなレベルですが

絵日記と言えば そんな感じですよね。

これ、親としては なかなか面白いです。

2012年8月 9日 (木)

2012年8月9日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1)

雲の隙間から月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。
ポラリエのスイッチは、オンで使用しました。

↓トリミングしてます、感度ISO1600、露出時間1/320秒

50fl__epl1moon201289_iso1600_3201bl

空の大半を雲で覆われていたのですが

隙間からタイミング良く撮れました。

今日の画像は、イマイチですね。

ピント合わせの時に、今日はダメそうだと分かりました。

しかし・・・左下側が妙に輝いている気がします。

何故でしょうか?

何枚か撮りましたが、全て そんな感じです。

明日は、ちょうど半月ですので

チャンスがあれば再度撮影したい気分です。

2012年8月 8日 (水)

2012年8月7日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1)

月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。
ポラリエのスイッチは、オンで使用しました。

↓トリミングしてます、感度ISO800、露出時間1/640秒

50fl__epl1moon201287_iso800_6401bl0

快晴でしたが、空が全体的に明るかったです。

もちろん月の影響なのですが、いつもよりも明るいです。

空気が汚れているのでしょうか・・・。

まぁ月の撮影上は、そんなに問題になることではありませんが

妙に空が明るいので気になってしまいました。

画像は、まあまあのレベルだと思います。

と言っても、ブログの記事にすると何故か写真の画質が落ちます。

なので、PCにある画像は もう少しシャープ感があって良い感じです。

2012年8月 7日 (火)

2012年8月5日の木星(機材:ボーグ100ED、ポルタ経緯台、E-PL1)

木星を撮影しました。

機材は、ボーグ100ED+オリンパスE-PL1+ポルタ経緯台 です。

この 100ED と E-PL1 との組合せで木星を撮るの、初めてです。

↓トリミング、感度ISO2000、露出時間1/1000秒

100edepl1p8056289201285bl01

なんとか、それっぽい縞模様が写りました。

縞模様、写すの難しいです。自分の技術では、現状はここまでという感じですね。

↓トリミング、感度ISO2000、露出時間1/30秒

100edepl1p8056283201285bl02

ガリレオ衛星をメインに撮った写真です。

露出時間が長めになるので心配でしたが・・・

経緯台での固定撮影でも、なんとか流れずに写せました。

この機材でも、ガリレオ衛星なら簡単に撮影できるようです。

2012年8月 6日 (月)

2012年8月5日の月 その2(機材:ボーグ100ED、ポルタ経緯台、E-PL1)

機材、ボーグ100ED+オリンパスE-PL1+ポルタ経緯台 です。

↓トリミングしたものです。(等倍)

100ed_epl1_moon201285_iso400_4001_3

いやいや迫力ありますね!

ボーグ100ED、さすがですね。

シーイングはあまり良くはなかったので

本来は、もっと凄い画像が撮れるかもしれませんね。

またの機会にチャレンジしたいと思います。

2012年8月5日の月(機材:ボーグ100ED、ポルタ経緯台、E-PL1)

月を撮影しました。

機材は、ボーグ100ED+オリンパスE-PL1+ポルタ経緯台 です。

この 100ED と E-PL1 との組合せは、初めてなんですよね。

↓ノートリミング、感度ISO400、露出時間1/400秒

100ed_epl1_moon201285_iso400_4001bl

やはり、イメージが大きいですね。

↓トリミングしました。

100ed_epl1_moon201285_iso400_4001_2

いや~、さすが100EDという感じです。

シーイングは、そんなに良くはなかったのですが

やっぱり10センチは違いますね。

さらに欠け際を等倍にした画像は、★こちら★です。

2012年8月 5日 (日)

ペルセウス座 二重星団」の撮影2012年8月3日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ+極望、E-PL1)

「ペルセウス座 二重星団」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出50秒

50fl35_epl1201283_iso2000_50bl01

この日は、月あかりがモロにあったのですが

意外といけますね。

追尾精度もかなり良いです。

露出時間が1分以内という条件下においては画像処理(レベル補正)で

そこそこの写真になるようですね。

まぁ光害地なので、それなりですが。

眼視より、沢山の星が写っているので意外に満足感はありますね。

2012年8月 4日 (土)

2012年8月3日の月(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1)

月を撮影しました。今日は、機材の違いによる比較をしようと試みました。

①機材は、

ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL1 です。
↓トリミング、感度ISO800、露出時間1/800秒(35マルチフラットナーあり)

50fl35__epl1moon201283p8036228_iso8

②次に、機材を

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL1

にしてみました。 

↓トリミング、感度ISO800、露出時間1/800秒(35マルチフラットナーなし)

50fl__epl1moon201283p8036233_iso800

右側に黒い影が写っているのですが、

これは電線がかかってしまったんです。ごめんなさい。

どうでしょうか?①と②、シャープマスクは同じ処理をしてます。

①と②それぞれ、きっちりとピントが合っているかどうかも不明なので

なんとも判断するのは難しいのですが

今回の写真においては、②の「50FLのみ」の写真が良い感じがします。

①の「35マルチフラットナー付き」の方は、なんとなくまったりしている気がしますね。

②の方がシャキッと感が強いので勝ちとしました。

2012年8月 3日 (金)

「アンドロメダ座γ アルマク(二重星)」の撮影2012年8月2日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ+極望、E-PL1)

「アンドロメダ座γ アルマク(二重星)」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓トリミング、感度ISO2000、露出1/60秒

50fl35_epl1201282_iso2000_601bl01

アンドロメダ座にある有名な二重星ですが、

この日は、とても綺麗に見えました!(アイピース:ナグラーT6-5mm→80倍)

シーイングが良かったんだと思います。

屈折望遠鏡特有のジフラクションリングもとても綺麗でした。

50FLならでは、かもしれませんね。

写真は、撮れたものの眼視で見えた状況を私には再現できません!

私の技量・機材ではムリだと思います。

まぁ、それほど綺麗に見えたということです。

オレンジ色に輝く2.2等星と、控えめな青色の5.0等星、離角は9.8秒です。

これは、直接アイピースを覗いて見るべきですね。

2012年8月 2日 (木)

2012年8月1日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1)

月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。
ポラリエのスイッチは、オンで使用しました。

↓ノートリミング、感度ISO800、露出時間1/800秒

50fl__epl1moon201281_iso800_8001bl0

↓トリミングしました。

50fl__epl1moon201281_iso800_8001b_2

ほほぉ~、なかなかイイと思います。

急いで撮ったのでピントが少し心配でしたが、まずまずのようです。

(7/30の画像と比べるとイマイチかもしれませんが・・・。)

久しぶりに、35ミリマルチフラットナーを取り付けないで

50FLレンズのみで撮影しました。

月の撮影には、

もしかしたら純粋に50FLだけでの撮影の方が良いのかもしれませんね。

なんとなくそんな感じがします。はい。

2012年8月 1日 (水)

2012年7月30日の月(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1)

天気が良かったので、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。
ポラリエのスイッチは、オフで使用しました。

↓ノートリミング、感度ISO800、露出時間1/800秒

50fl__epl1moon2012730_iso800_8001bl

↓トリミングしました。

50fl__epl1moon2012730_iso800_8001_2

おっ、これは久しぶりにシャープ度が高い感じがします!

いいですねぇ!

お風呂上がりに、子供達がテレビを見ているスキに撮りました。

子供に見つからないように急いで撮っただけの価値はありました。

本当は、アイピース越しに観望してみたかったですが、

まぁ平日の忙しい夜なんで、しょうがないですね。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック