2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「天の川」の撮影inキャンピカ富士ぐりんぱ 2012年8月17日(機材:シグマFISHEYE15mmF2.8→4、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「ペルセウス座 二重星団」の撮影inキャンピカ富士ぐりんぱ 2012年8月17日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) »

2012年8月20日 (月)

「アンドロメダ大星雲M31」の撮影inキャンピカ富士ぐりんぱ 2012年8月17日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望)

遠征地「キャンピカ富士ぐりんぱ」にて、「アンドロメダ大星雲M31」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出182秒

50fl35__epl1m312012817_iso2000_182b

やはり空の暗さは、自宅前と比較して歴然としてます。

いまいちシャープ感に欠けてノイズもあるし少し流れているので

けっして、上手い写真ではないですが

バックの暗さに感動しました。

また、このような環境で撮影したいと思ってしまいましたね。

M31ですが、意外と腕の部分は淡いのですね。

これは、露出をもう少し延ばす必要があるようです。

この軽量お気軽機材で、もう少し良い画像が撮れるとすると

画期的なのかもしれません。

今まで、重いくて嵩張る機材でしか撮れないものと思っていましたが

これはイイですよ。まして、キャンプなど兼ねて来た場合は荷物が多いので

大きな機材までは、オイラの車に積みこめませんからね。

実にすばらしい機材だと思いました。

« 「天の川」の撮影inキャンピカ富士ぐりんぱ 2012年8月17日(機材:シグマFISHEYE15mmF2.8→4、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「ペルセウス座 二重星団」の撮影inキャンピカ富士ぐりんぱ 2012年8月17日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「天の川」の撮影inキャンピカ富士ぐりんぱ 2012年8月17日(機材:シグマFISHEYE15mmF2.8→4、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「ペルセウス座 二重星団」の撮影inキャンピカ富士ぐりんぱ 2012年8月17日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック