2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年8月23日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「アンドロメダ大星雲M31」の撮影 2012年8月26日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) »

2012年8月26日 (日)

「プレアデス星団M45」の撮影 2012年8月24日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+CLS Filter、E-PL1、ポラリエ+極望)

自宅前にて、「プレアデス星団M45」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー+CLS Filter +オリンパスE-PL1+ポラリエです。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出195秒

50fl35clsf_epl1m452012824_iso2000_1

今回は、露出時間を延ばしてみたくて・・・

しかし光害が激しので、それをカバーしようと

「Astronomik CLS Filter 2 inch 光害カットフィルター」を取り付けての撮影です。

色が青系にシフトしてしまって・・・カラーバランスを調整すればいいのですが

面倒でやってません。

調整しても、良い画像が得られないと思ったからです。

残念ですが、自宅前からの撮影では露出をあまり延ばすのは

意味が無いような気がしてきました。

ブレアデス星団には、

フィルターの効果がプラスに働くよりも

追尾精度が悪い方向に働いて星像の悪化が気になってしまいます。

歩留まりを考えると、やはり露出時間は60秒程度までが良いような気がしますね。

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年8月23日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「アンドロメダ大星雲M31」の撮影 2012年8月26日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年8月23日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「アンドロメダ大星雲M31」の撮影 2012年8月26日(機材:ミニボーグ50FL+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック