2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年8月31日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 2012年9月3日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) »

2012年9月 2日 (日)

2012年9月1日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1)

またまた、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。
ポラリエのスイッチは、オンで使用しました。

↓控えめにトリミングしました。感度ISO400、露出時間1/800秒、2:11頃

50fl__epl1moon201291_iso400_8001bl0

この程度なら、かなりシャープ感があって綺麗にみえますね。

↓いつもの通り、強トリミングです。

50fl__epl1moon201291_iso400_8001b_2

前日撮影したときから、わずか6時間後の画像なんですが

ピント位置が、明らかに変わっていました。 (前日の画像は、こちら)

高度の違いなのか大気の状態が変化したのか分かりませんが

たった6時間で、ヘリコイドのピント位置が全然違ったのには驚きでした。

「場合によっては、1時間以内に変わる可能性もあるのでは?」

と思ったりしました。

これは、長時間におよぶ複数枚の撮影時には気をつけなければいけないですね。

« 2012年8月31日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 2012年9月3日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年8月31日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 2012年9月3日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック