2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年9月18日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「オリオン座の三ツ星」の撮影 2012年9月20日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) »

2012年9月21日 (金)

2012年9月20日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1)

自宅前にて、「木星とガリレオ衛星」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。(ポラリエ雲台ベースセットType-Bを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出1/8秒

60ed35epl1p9206970_2012920_iso2000_

ガリレオ衛星の配置が、めずらしい感じがしたので撮ってみました。

この「木星とガリレオ衛星」ですが、撮影のピント合わせに良く使うんです。

ピントが大幅にズレているときは普通の一等星クラスの星を導入しても

視野に入っているかどうかが判別がつきくい場合があるので

明るい惑星や月を導入してやるのが手っ取り早いと思ってます。

(ピントがだいたい合っている場合は、一等星クラスの星で導入可能だと思います。)

特に、この木星は明るいので導入は比較的容易です。

しかも近くにあるガリレオ衛星でライブビューにて精密なピント合わせをしてますが

これがとても分かりやすいので、よく活用してます。

ピントが合っていないときは、モヤッとしてますが

ピントが合うと点とまではいきませんが星だと分かるくらい引き締まります。

ピント合わせには、とてもオススメの天体です。

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年9月18日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「オリオン座の三ツ星」の撮影 2012年9月20日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年9月18日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「オリオン座の三ツ星」の撮影 2012年9月20日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック