2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年9月7日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 2012年9月8日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) »

2012年9月 8日 (土)

2012年9月7日の月(機材:ミニボーグ50FL、テレコンバーター3倍、ポラリエ、E-PL1)

月を撮影しました。昨日チラッとコメントしたテレコン3倍使用のやつです。

機材は、ミニボーグ50FL+3倍テレコンバーター+オリンパスE-PL1+ポラリエ です。
ポラリエのスイッチは、オンで使用しました。

極軸は、適当に北に向けただけです。

テレコンの取り付け位置なんですが、正しい位置に以前取り付けたところ

イメージが大きくなって露出的にもピント的にも難しかった記憶があったので

今回は、↓こんな位置に取り付けての撮影です。

Epl13bl05

たまたま、カメラマウントホルダーMに取り付いたんです。

↓ノートリミングです。感度ISO1600、露出時間1/320秒、3:48頃

50fl3__epl1moon201297_iso1600_3201b

やはり、思った通りイメージが小さめになりました。

ボーグ100EDで撮った時とイメージの大きさがほぼ同じでした。

(ボーグ100EDで撮った2012年8月5日の月の画像は、こちら。)

↓トリミングしました。北の方です。

50fl3__epl1moon201297_iso1600_320_2

なんか・・・月のフチがボケてます。

取り付け位置が正規でないので、やはり周辺像は劣化するようです。

↓トリミングしました。中央部です。

50fl3__epl1moon201297_iso1600_320_3

中央部は、まあまあですね。

若干ブレなのかピントが甘いのか・・・いまいち画像にシャキッと感がないです。

あぁ・・・やはりテレコン3倍の使用での撮影は難しいですね。

無理に倍率を上げない方が良いと再認識しました。

というか・・・

50FL+EPL1というシンプルな機材での画像がシャープ過ぎるのかもしれません。

そんな風にも思っちゃいました。

 

« 2012年9月7日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 2012年9月8日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年9月7日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 2012年9月8日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック