2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年9月16日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年9月18日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) »

2012年9月19日 (水)

「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2012年9月16日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望)

自宅前にて、「ペルセウス座二重星団(h-χ)」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。(ポラリエ雲台ベースセットType-Bを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒

60ed35_epl12012916_iso2000_60bl01

おぉ~綺麗ですねぇ。この程度でも満足度は高いです。

色収差が少し出てますが、それがアクセントとなり綺麗に見えるのは

オイラだけでしょうか?

しかし、光害地である自宅から このレベルの画像が撮れてしまうものなんですね。

高度的には良かったですが、透明度がイマイチという条件でした。

もちろん元画像は、全体的に灰色の空になっており光害でやられてますが

レベル補正をしただけの簡単画像処理にて、これだけ改善します。

本来は観望派のオイラなのでアイピース越しのイメージが頭に残ってますから

それとの比較で満足度が決まってくるのかもしれません。

今回の画像は、遠征に行った時の眼視イメージに近いと感じたんです。

つまり、遠征に行った気分を少し味わえたという感覚が満足度ポイントを高くする

要因だったのかもしれませんね。

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年9月16日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年9月18日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年9月16日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年9月18日(機材:ミニボーグ50FL、35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック