2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「かに星雲M1」の初撮影 2012年9月24日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 2012年9月26日の月(機材:ミニボーグ60ED、35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1) »

2012年9月26日 (水)

「プレアデス星団M45」の撮影 2012年9月24日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望)

自宅前にて、「プレアデス星団M45」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。(ポラリエ雲台ベースセットType-Bを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒

60ed35_epl1m452012924_iso2000_60bl0

今回は、60秒露出なので微光星は明るく写ってますね。

やはり9/20の30秒露出の画像と見比べると、この60秒露出の方が良く見えますね。

(30秒露出の画像はこちら。)

まあ、画像処理が同一条件ではないので厳密な比較はできないですが

追尾がうまくいっていれば満足度は60秒露出の方が上となります。

この追尾がクセ者だったりますよね。

どうしてもピリオディックモーションとかいう現象で

60秒露出だと、星像が流れたりすることがあります。

30秒露出だと、それがあまり出てこないので比較的安定した像が撮れるんですよね。

« 「かに星雲M1」の初撮影 2012年9月24日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 2012年9月26日の月(機材:ミニボーグ60ED、35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「かに星雲M1」の初撮影 2012年9月24日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 2012年9月26日の月(機材:ミニボーグ60ED、35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック