2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年10月24日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 2012年10月27日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) »

2012年10月30日 (火)

「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年10月26日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+Astronomik CLS Filter、E-PL1、ポラリエ+極望)

自宅前にて、「オリオン大星雲M42」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+Astronomik CLS Filter +ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。(ポラリエ雲台ベースセットType-Bを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出156秒

60ed352cls_epl1m4220121026_iso200_2

おぉ~なるほどね。

(自宅前からのミニボーグによる撮影画像としては、初めて露出時間60秒越えのものを

記事として採用したかもしれませんね。)

このAstronomik CLS Filter を使う限りは、

ある程度の露出時間が必要となってくるようですね。

今回は、淡い赤い星雲部分が今までになくハッキリと写りました。

ただ、準備を含めた撮影時間が大幅にかかることや

追尾精度(歩留まり)の問題が出てくるので、お気軽度が大分下がりますね。

ということで、時間があって・気合いの入ったときにしか使用しないこととなりそうです。

ノイズが大分出ているので、もう少し抑えたいですね。星像のシャープ感がイマイチな気もします。

次回の課題かもしれません。またの機会ということで。

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年10月24日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 2012年10月27日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年10月24日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 2012年10月27日の月(機材:ミニボーグ50FL、ポラリエ、E-PL1) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック