2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年11月8日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+TOKAI NRF-JPN Filter、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「冬の大三角形」の撮影 2012年11月10日(機材:M ZUIKO14-42mm+E-PL1、ポラリエ+極望) »

2012年11月12日 (月)

「オリオン座」の撮影 2012年11月10日(機材:シグマ28mm+光害カットフィルタ、E-PL1、ポラリエ+極望)

自宅前にて、「オリオン座」を撮影しました。

機材は、シグマ28mm+E-PL1+ポラリエ

です。

これが、本来のポラリエの使い方ですよね。

極軸は、極軸穴から北極星を覗いただけです。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒、画像処理なし

28mmf28epl1_iso2000_60bl01_2

ほぼ、真っ白です。光害の激しさが出てますね。

左下のは、電線ですので気にしないでください。

そこで・・・

↓光害フィルター「Astronomik CLS Filter」を取り付けての撮影画像です。

28mmf28clsepl1_iso2000_60

(↑ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒、レベル補正)

青みが残るのが気になるのですがフィルターなしとは全然違います。

次に

↓「TOKAI NRF-JPN Filter」を取り付けての撮影画像です。

28mmf28tokaiepl1_iso2000_60

(↑ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒、レベル補正)

こちらの画像の方が、より自然な色に仕上がりました。

私的にも、この「TOKAI NRF-JPN Filter」というフィルタの方が

好みですね。

光害カット率は「Astronomik CLS Filter」に比べるとやや控えめですが

非常に良い感じだと思います。

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年11月8日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+TOKAI NRF-JPN Filter、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「冬の大三角形」の撮影 2012年11月10日(機材:M ZUIKO14-42mm+E-PL1、ポラリエ+極望) »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年11月8日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+TOKAI NRF-JPN Filter、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「冬の大三角形」の撮影 2012年11月10日(機材:M ZUIKO14-42mm+E-PL1、ポラリエ+極望) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック