2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年11月25日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL1、ナノ・トラッカー+極軸用スポットファインダー) | トップページ | 「オリオン座」の撮影 2012年11月25日(機材:ミニボーグ50用フード+TOKAI NRF-JPN Filter+PENTAX50mmF1.2、E-PL1、ナノ・トラッカー) »

2012年11月29日 (木)

「かに星雲M1」の撮影 2012年11月25日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL1、ナノ・トラッカー+極軸用スポットファインダー)

自宅前にて、「かに星雲M1」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL1+ナノ・トラッカー です。

極軸用スポットファインダーで、極軸を合わせました。( ★機材詳細は、こちら★ )

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出30秒

60ed352epl1nanom120121125_iso2000_3

写りました!中央のモヤッとしてるのが、「かに星雲M1」です。

ナノ・トラッカーでの30秒露出は、なんとかイケそうですね。

ただ、この「かに星雲」のような淡い天体は

もう少し露出しないと存在が分かる程度のレベルといってもいいでしょうね。

もうひとつ、追尾が今回の30秒露出は確実ではなかったです。

この日、実は30秒露出のを8枚撮影しました。

そのうち使えそうなレベルの画像は2枚でしたから

星を点像にするという点で、25%の成功率ですね。

極軸も精密には合わせてないので何ともコメントしずらいのですが・・・

ピリオディックモーションによるものでしょうか?

もう少し様子を見てみることにしましょうかね。

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年11月25日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL1、ナノ・トラッカー+極軸用スポットファインダー) | トップページ | 「オリオン座」の撮影 2012年11月25日(機材:ミニボーグ50用フード+TOKAI NRF-JPN Filter+PENTAX50mmF1.2、E-PL1、ナノ・トラッカー) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年11月25日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL1、ナノ・トラッカー+極軸用スポットファインダー) | トップページ | 「オリオン座」の撮影 2012年11月25日(機材:ミニボーグ50用フード+TOKAI NRF-JPN Filter+PENTAX50mmF1.2、E-PL1、ナノ・トラッカー) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • 新登場 Echo Show 5 (エコーショー5)
  • Fire 7 タブレット 16GB - Alexa搭載 (Newモデル)
  • Fire HD 10 タブレット 32GB - Alexa搭載
  • Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT)
  • カレンダー2019 星空散歩
  • 2019年大判カレンダー 月齢 月の満ち欠けカレンダー
  • 日めくりカレンダー 星空ごよみ365日 2019
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック