2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年11月8日の月(機材:ミニボーグ60ED、35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 「オリオン座」の撮影 2012年11月10日(機材:シグマ28mm+光害カットフィルタ、E-PL1、ポラリエ+極望) »

2012年11月11日 (日)

「オリオン大星雲M42」の撮影 2012年11月8日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+TOKAI NRF-JPN Filter、E-PL1、ポラリエ+極望)

自宅前にて、「オリオン大星雲M42」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+TOKAI NRF-JPN Filter +ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。(ポラリエ雲台ベースセットType-Bを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒

60ed352tokai_epl1m422012118_iso2000

なかなか、この「TOKAI NRF-JPN Filter」というフィルター

使えそうですよね。(古いですが・・・)

Astronomik CLS Filter」よりも光害カット率は低そうですが

その分必要な光を透過しているような気がします。

ちなみに参考画像としてノンフィルター画像とフィルターありの未処理画像を見て下さい。

↓ノンフィルター

60ed352_epl1m422011118_iso2000_60bl

↓フィルターあり、画像処理無し

60ed352tokai_epl1m422012118_iso20_2

やはり、光害は激しいです(汗)

フィルターは使うべきですね。

このフィルターですが、10年以上前に買ったと思うのですが

そのときは お気軽撮影が出来る機材がなくて挫折したんですよね。

当時は、比較的軽量と言われていたビクセンのSP赤道儀を使用してましたが

いくら軽量とはいえ片手では持てません。

あれから・・・時代が変わりました。

ミニボーグなんていうコンパクト&高性能な望遠鏡に

ポラリエというコンパクト&高性能なプチ赤道義が出来たのです。

もちろん片手で持てます。

フィルターが見事に生き返りました!

« 2012年11月8日の月(機材:ミニボーグ60ED、35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 「オリオン座」の撮影 2012年11月10日(機材:シグマ28mm+光害カットフィルタ、E-PL1、ポラリエ+極望) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年11月8日の月(機材:ミニボーグ60ED、35ミリマルチフラットナー、ポラリエ、E-PL1) | トップページ | 「オリオン座」の撮影 2012年11月10日(機材:シグマ28mm+光害カットフィルタ、E-PL1、ポラリエ+極望) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック