2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「系外銀河M81・M82」の撮影 2012年12月8日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「系外銀河M81・M82」の撮影 2012年12月10日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) »

2012年12月12日 (水)

「系外銀河M81・M82」の撮影 2012年12月9日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望)

自宅前にて、「系外銀河M81・M82」を撮影しました。連ちゃんです。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL1 です。

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。(ポラリエ雲台ベースセットType-Bを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒

60ed352_epl1m81m822012129_iso2000_6

昨日に引き続き、撮影成功です。

少し月も細くなっているので幾分良いかと思います。

導入は、やはり際どいですね。なんとか存在が分かるレベルなので

光害レベルや透明度が悪い状態では眼視での導入は工夫が必要になるかと思います。

M81とM82の導入にはアイピース(パンオプティック24mm)を使用しました。

現状の導入方法は、意外と簡単なんな方法です。
りゅう座のギアンサル3.8等星(北斗七星のひしゃくの近くにある星です)を導入して
あとは、西に少しづつずらしていくと視野に入ってきます。


この方法なら案外お気軽ですよ。

« 「系外銀河M81・M82」の撮影 2012年12月8日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「系外銀河M81・M82」の撮影 2012年12月10日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「系外銀河M81・M82」の撮影 2012年12月8日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「系外銀河M81・M82」の撮影 2012年12月10日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック