2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「子持ち銀河M51」の撮影 2013年1月12日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「富士山頂付近」の撮影 2013年1月13日(機材:ミニボーグ50アクロマート+オリンパスE-PL1) »

2013年1月16日 (水)

「プレセペ星団M44」の撮影 2013年1月13日(機材:ミニボーグ用フード+PENTAX135F2.5+E-PL1、ナノ・トラッカー+極軸用スポットファインダー)

自宅前にて、「プレセペ星団M44」を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50用フード+PENTAX135mmF2.5→4+E-PL1+ナノ・トラッカー+極軸用スポットファインダー

です。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出40秒、F2.5→4

Pentax135f254epl1m442013113_iso2000

この機材としては、良い画像かと思います。

ピント合わせの時に気づきましたが・・・

このレンズでのピント合わせが非常にシビアでした。

つまり像が甘くなってしまう傾向にあるということです。

ミニボーグのレンズでのピント合わせに比べると

非常に難しいです。

いつも使っているミニボーグのレンズが優れているという印象を受けましたね。

このPENTAXのレンズでピントを合わせる時は、

少し暗めの星を使わないとピンボケしてしまう可能性が高くなります。

↓今回の機材は、こんな感じです。

Pentax135mmf25epl1nano2013113bl02

スポットファインダーがあるので、極軸は簡単に合わせられますし

軽量コンパクトです。

ミニボーグ用フードを使っているのですが、

夜露防止効果と街灯・近所の明かりカブリ防止効果に非常に役立っていると思います。

お気楽モード全開です。

« 「子持ち銀河M51」の撮影 2013年1月12日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「富士山頂付近」の撮影 2013年1月13日(機材:ミニボーグ50アクロマート+オリンパスE-PL1) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「子持ち銀河M51」の撮影 2013年1月12日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望) | トップページ | 「富士山頂付近」の撮影 2013年1月13日(機材:ミニボーグ50アクロマート+オリンパスE-PL1) »

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック