2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年2月16日の木星 (機材:ボーグ100ED+デジカメアイピースWA18mm+Canon iVIS HFR21、ポルタ経緯台) | トップページ | 2013年2月17日の土星 (機材:ボーグ100ED+デジカメアイピースWA18mm+Canon iVIS HFR21、ポルタ経緯台) »

2013年2月19日 (火)

2013年2月17日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL1、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL1+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/400秒、低振動モード2秒

50flepl1eq2013217_iso400_4001bl01

なかなかイイですよ。

シーイングは、抜群に良くはないのですが比較的良い画像の部類です。

だいたいピント合わせの時に感じるのですが、ピントの幅が狭い時は

あまりシーイングが良くないですね。

この日は、高度が高いこともありましたから比較的ピント合わせが

楽でした。ピントの合うと思うヘリコイドの位置に幅があって

逆に迷うくらいでしたから・・・。(これは、50FLの特徴かもしれません。)

もしかしたら、ヘリコイドの位置を微妙にズラして撮影したら

凄い画像が撮れたかもしれませんね。

まぁ、オイラには そこまでの時間がないので

ピント位置は一カ所のみで、シャッタースピードを変えて3~5枚程度撮影してます。

だいたいこれで、準備から撤収まで5分間です。

早いと3分間です。

この素早さがあるからこそ隙間の時間に撮影できるのですね。

この日は、夕飯後にお風呂に入ってから、

布団を敷くため2階に行くついでにベランダで撮影してました。

家族は、撮影していたなど気づいていないでしょう。

素早く機材を出して、素早く撮影、素早く撤収!

これが出来る、このミニボーグ50FLですが

ボーグのブログに、 「いずれ生産中止になる運命をたどりそうです。」

とのコメントが・・・。

性能が良いだけに、出来れば避けたいことです。

約1年ですがミニボーグ50FL と ミニボーグ60ED を比較してみると

ピント合わせに関しては、ミニボーグ50FLの方が楽でした。

ヘリコイドのピントの位置に幅があります。

これは、ピント合わせの失敗が少ないということなのかもしれませんね。

オイラは、カワセミなどの野鳥は撮る機会が殆どありませんが

野鳥屋さんなど、ピントを素早く合わせる必要のあるユーザーさんには

ミニボーグ50FLというのは、非常に良い選択肢なのかもしれません。

余談ですが、参考にしていただければと思います。

ちなみに、ボーグで今日(2/19)「ボーグの日限定記念セール」があるようですよ。

« 2013年2月16日の木星 (機材:ボーグ100ED+デジカメアイピースWA18mm+Canon iVIS HFR21、ポルタ経緯台) | トップページ | 2013年2月17日の土星 (機材:ボーグ100ED+デジカメアイピースWA18mm+Canon iVIS HFR21、ポルタ経緯台) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年2月16日の木星 (機材:ボーグ100ED+デジカメアイピースWA18mm+Canon iVIS HFR21、ポルタ経緯台) | トップページ | 2013年2月17日の土星 (機材:ボーグ100ED+デジカメアイピースWA18mm+Canon iVIS HFR21、ポルタ経緯台) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック