2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2013年2月3日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL1、ポラリエ) | トップページ | CP+ 2013 行ってきました!(TOAST TECHNOLOGY ブース編) »

2013年2月 6日 (水)

CP+ 2013 行ってきました!(VIXENブース編)

CP+ 2013 ビクセン(VIXEN)のブースに行きました。

Cp_01

★↓なんと、ポラリエのスケルトン(参考出品)があったのでパチリと一枚。

Cp_02

やはり、結構いっぱいいっぱいなんですね。

担当者に少しお話を伺いましたが、基本的には

お客様側では分解しずらい構造になっているとか。

パチッとハメコミ構造らしいです。

★↓随所に「のぞいてみよう!▼」というのがあって・・・

Cp_03

覗いてみると・・・何かが見えました。その場所によって違いましたね。

子供にはウケがよさそうな仕掛けでした。

子供を意識してか、けっこう低い位置にありましたし

これは、グットアイディアですね。

子供連れのご家族なども、いらしてましたから

かなり好印象でした。

子供が落ち着いている状況が長いと、安心して展示品などを

見ることができますから、家族連れもターゲットに引き込むとなると

こういう工夫もかなり重要になってきますね。

さすがビクセンさんです。

★↓対空双眼鏡です。

Cp_05

BT-ED70S-A鏡筒 ということで、EDレンズを使用しているようなので

比較的 低~中倍率ならば色収差も気なならないでしょう。

こんなのがあったら贅沢な星見もできるのでしょうけど

オイラ的には、保管場所の問題と予算の問題がありますし

光害地では、もったいないかもしれませんね。

★↓こちら、特に気になった双眼鏡(新製品)です。

Cp_04

アトレックライト BR6×30WP」 という

6倍 口径30mm 見掛視界48度 というスペックで

覗くとスッキリとよく見えるし、倍率が低いので

手ぶれがほとんど気になりません。

目幅が50mmまで狭くなるというので子供でも覗くことができるのですね。

価格的にもリーズナブルな設定だと思うので、かなり人気が出そうですね。

実はオイラ、ルポルド6×30という 同じスペックの双眼鏡を持っているのですが

これ、もしかして生産元は同じだったりして・・・。

外観がメチャメチャ似てますから。

« 2013年2月3日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL1、ポラリエ) | トップページ | CP+ 2013 行ってきました!(TOAST TECHNOLOGY ブース編) »

展示会 CP+」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年2月3日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL1、ポラリエ) | トップページ | CP+ 2013 行ってきました!(TOAST TECHNOLOGY ブース編) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • 新登場 Echo Show 5 (エコーショー5)
  • Fire 7 タブレット 16GB - Alexa搭載 (Newモデル)
  • Vixen 太陽観察用品 日食グラス ともだち ★12/26 部分日食!★
  • Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT)
  • カレンダー2020 星空散歩
  • ビクセン オリジナル天体カレンダー 2020年版
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック