2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の記事

2013年5月31日 (金)

「コートハンガー」の撮影 2013年5月6日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ+極望)

自宅前にて、「コートハンガー」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL1+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード2秒

60ed35epl3201356_iso2000_30bl01

20日以上も前に撮ったものですが、最近は撮影の合間に双眼鏡で

よく観望したりしてる天体「コートハンガー」です。

こと座のベガ と わし座のアルタイル の間にあるので比較的

探しやすい天体ですね。

今の時期、明け方に見ると 写真と上下逆に見えます。

まぁそれにしても、うまいこと星が並んでますよね。いつも感心しちゃいます。

★結び方の画像は、こちら★

2013年5月30日 (木)

2013年5月28日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO200、露出時間1/250秒、低振動モード2秒

50flepl32013528_iso400_2501bl01

この日は、もうすぐ梅雨入りとのことで諦めかけていましたが

奇跡的に流れゆく雲の隙間から撮影できました。

あまり画質的にハイレベルではないのですが、撮れただけラッキーですね。

5/29、気象庁が「関東甲信地方は梅雨入りしたとみられる」と発表したようで

平年より10日早い梅雨入りだそうです。

子供の運動会がまだなので天気が心配ですね(汗)

2013年5月29日 (水)

2013年5月27日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/200秒、低振動モード2秒

50flepl32013527_iso400_2001bl01

来月は、月と地球が今年最も近づく日があるそうで

そのせいなのか・・・いつものトリミングサイズでも月が

はみ出しているような感じですね。

ちょうど来月の満月の日6/23が、その近づく日だそうで

スパームーンという特別の名前の月ということです。

これは、是非とも撮影したいものです。

でも、もう梅雨なので天候的にどうでしょうかね。

2013年5月28日 (火)

2013年5月26日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

これに、
バーダープラネタリウム社の
「AstroSolar セーフティーフィルター」
を取り付けて撮影しました。

↓トリミング、感度ISO200、露出1/1000秒、低振動モード2秒

50flepl32013526_iso200_10001bl01

お昼頃になって晴れ間が広がってきたので、お昼ご飯終了後に

子供達がテレビを見ているスキに撮ったものです。

ちょうど左右中央付近に黒点が来ました。

左側(東側)から新たな黒点も現れていますね。

どうやら今年は梅雨入りが早そうなので

そろそろ太陽も頻繁には撮れなくなるかもしれません。

2013年5月27日 (月)

2013年5月25日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

これに、
バーダープラネタリウム社の
「AstroSolar セーフティーフィルター」
を取り付けて撮影しました。

↓トリミング、感度ISO200、露出1/1000秒、低振動モード2秒

50flepl32013525_iso200_10001bl01

ここ連日、晴れると太陽を撮りたくなります。

スカッとした晴れではありませんでしたが、雲の隙間からなんとか

撮れました。

中央左寄りの細かな黒点の変化が面白いですね。

子供2号にも覗かせてあげました。「見えた?」と聞くと・・・

「見えた!」と言ってましたが、何をもって見えたと言ったか不明です。

たぶん・・・白い丸が見えた程度のことだではないかと思います。

2013年5月24日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO200、露出時間1/160秒、低振動モード2秒

50flepl32013524_iso200_1601bl01

向かいの家と家の間からポッカリと浮かんだ月を

自宅の窓から子供達と見ることができました。

何か得した気分になれたのですが、何でしょうかね・・・この感覚。

ビクセンのカレンダーでは満月ではないようです。東側が若干欠けてますね。

撮影したときは、まだ高度が低くて撮影条件は良くなかったですが

思いのほかシャープに撮れました。

2013年5月26日 (日)

2013年5月24日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

これに、
バーダープラネタリウム社の
「AstroSolar セーフティーフィルター」
を取り付けて撮影しました。

↓トリミング、感度ISO400、露出1/1250秒、低振動モード2秒

50flepl32013524_iso400_12501bl01

早朝の撮影で、高度が低かったのですが

前日の撮影時よりも空の条件は良かったので

露出時間も大分違ってきてました。早いシャッタースピードですね。

画像処理ですが、前回まではレベル補正をRGBまとめてやっていましたが

今回はRとGとBと別々に調整してみました。

この方が、立体感ありますし太陽表面の具合が細かく表現されている

気がします。

2013年5月25日 (土)

2013年5月23日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/200秒、低振動モード2秒

50flepl32013523_iso400_2001bl01

薄雲がありましたが、ピントは結構シャープに決まったと思います。

しかし、若干露出不足な感じが・・・残念です。

雲が少しづつ流れていたために、適正露出は時々刻々と変化していたので

難しかったというのもありますね。

もうすぐ満月ですね。

夜 外に出て感じましたが・・・

やはり満月前後の月は明るくて、街灯がない道でも周囲が薄っすら明るく感じます。

2013年5月24日 (金)

2013年5月23日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

これに、
バーダープラネタリウム社の
「AstroSolar セーフティーフィルター」
を取り付けて撮影しました。

↓トリミング、感度ISO400、露出1/400秒、低振動モード2秒

50flepl32013523_iso400_4001bl01

薄雲があったのと早朝ということで

高度が低いのもあってコントラストがイマイチですが・・・

東側から新たな黒点が形成されたようです。

どう変化していくか見ていきたいですね。

あぁ・・・PSTで見たくなってしまいました・・・けど出勤しなければいけないので

プロミネンスやフレアが出ているとこを想像しながら撤収していました。

2013年5月23日 (木)

2013年5月22日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/160秒、低振動モード2秒

50flepl32013522_iso400_1601bl01

昼間から薄雲空で、気象学的には「晴れ」なのでしょうけども

日が沈んでも薄雲が取れずに、薄~い雲がまんべんなく広がった空でしたが

意外と良く写りました。

シャープさについては、高得点が得られたかもしれません。

少しコントラストがイマイチな気がするのが残念ですが

またの機会に・・・ということで。

2013年5月22日 (水)

「散開星団M11」の撮影2013年5月18日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「散開星団M11」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL3 です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード2秒

60ed35epl3m112013518_iso2000_30bl01

南側で高度が低めなこともあって、光害が激しいのですが

そこそこ写りました。眼視でのイメージは、モヤッとした感じでした。

それよりも、このM11の新たな導入方法を発見しました。

今までは、近くの星を頼りに導入しましたが頼りになる星が暗くて

実は光害地では頼りにならなかったりという日もあります。

そこで、赤経が殆ど変わらないリング星雲M57を利用する方法に気づきました。

リング星雲M57を視野に入れたら、赤経軸は変えずに赤緯軸のみを

動かして探す方法です。赤経軸は、かなり動かしますがアイピースを覗きながら

少しずつ視野内を確認しながらであれば光害地でもM11は見つけられました。

この方法、とても楽でした。

もちろんM57の位置が分からないと出来ない方法ですが

M57は比較的簡単に視野内への導入が可能ですから。

ちなみに導入時のアイピースは、「パンオプテック24mm」を使用しました。

なので

倍率は 350÷24= 14.6倍

視界は 68度÷14.6 = 4.7度

ですね。

2013年5月21日 (火)

2013年5月18日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

これに、
バーダープラネタリウム社の
「AstroSolar セーフティーフィルター」
を取り付けて撮影しました。

↓トリミング、感度ISO200、露出1/1600秒、低振動モード2秒

50flepl32013518_iso200_16001bl01

太陽の活動が活発とのことで、眼視でも見ましたが

白色画像では、イマイチ活発さが分かりずらいですね。

そこでPSTで見たところ、太陽の四方八方のフチから

小さめのプロミネンスが沢山出てました。

フレアとかいう発光している部分も見えました。

写真を撮りたかったのですが、うまく撮れるシステムが無いので

残念ながらPST画像はありません。デジカメをアイピースに押し当てて

試したのですが、どうもピントがシャキッと決まりませんね。

どうにか撮れるようにしたいと思ってるんですが・・・。

2013年5月20日 (月)

「リング星雲M57」の撮影2013年5月18日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「リング星雲M57」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL3 です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO2000、露出時間60秒、低振動モード2秒

60ed35epl3m572013518_iso2000_60bl01

撮った直後にプレビュー画面で見てM57の中心付近に

「星みたいなのが・・・(たぶんノイズではないと・・・)」ということで、

早速PCにデータを入れて見ました。

↓等倍トリミングです。

60ed35epl3m572013518_iso2000_60bl02

「こ・これ、もしかして・・・中心星!!!?」とメチャメチャ興奮しちゃいましたよ。

しかし、よーく調べた結果、M57の中心付近には13等級くらいの

中心星とは別の星があるようですね。

どうもその別の星「ニセの中心星」みたいでした。(知識不足ですね。)

でも、この「ニセの中心星」がここまでハッキリと写ったのは初めてなので、

これはこれで、とても嬉しいことです。

今は「ニセ中心星が写った!!!」というだけでもなんだか嬉しいものです。

以前に、このニセ中心星が写った写真をネットで見たことがあるのですが

機材データを見ると大抵は光学系が150mmとか200mmとかの大口径のもの

ばかりでした。なので・・・

こんな小さな機材一式で、しかも光害地でここまで写してしまうとは

とても驚き感動してしまったわけですね。

2013年5月19日 (日)

2013年5月17日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/125秒、低振動モード2秒

50flepl3x2013517_iso400_1251bl01

なかなかシャープに撮れました。

実は、月面Xの日でして時間帯が早かったのですが

よーく見ると、↓「X」が形成されつつありました!

50flepl3x2013517_iso400_1251bl03

上の写真の中心付近の欠け際に「入」みたいな形が見えると思います。

(※見やすいように画像処理しました)

もう少し粘っていれば、「X」になったのでしょうね。

またの機会にチャレンジしたいと思います。

次回は、11月10(19:30頃?)みたいですね。

2013年5月18日 (土)

2013年5月17日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

これに、
バーダープラネタリウム社の
「AstroSolar セーフティーフィルター」
を取り付けて撮影しました。

↓トリミング、感度ISO200、露出1/500秒、低振動モード2秒、6:00頃

50flepl32013517_iso200_5001bl01

黒点が賑やかになったので、撮影欲がグッと高まったのもあり

平日の早朝ですが、なんとか隙間の時間を狙って撮ることが出来ました。

まだ高度が低かったのですが、まずまずの画像が得られたと思います。

最近、太陽の活動が非常に活発な状態だそうで大型フレアが発生したとか・・・。

ここ2週間は

通信衛星・放送衛星の障害や、GPSの誤差の増大、

短波通信の障害や地磁気変動に伴う送電線への影響などが

生じる恐れがあるとして、注意を呼び掛けているらしいです。

2013年5月17日 (金)

2013年5月15日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO1600、露出時間1/160秒、低振動モード2秒

50flepl32013515_iso1600_1601bl01

薄雲があってピント合わせに苦労しました。

というかピントが合っていない状態で撮影してしまったと思ってました。

しかし、PCで見たら・・・意外にもシャープに撮れていて

ビックリしましたね。

もちろん薄雲の影響で感度を高く設定したので

ノイズ感はありますが、このシャープさは あの条件下ということを

考えると・・・なかなかのものだと思います。

撮ってみないと分からないものですね。

2013年5月16日 (木)

2013年5月14日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO1600、露出時間1/125、低振動モード2秒

50flepl32013514_iso1600_1251bl01

シャープです!この細さとしては、かなりシャープに撮れたと思います。

とても嬉しいです。

寝床の準備で2階に行ったついでに窓から月が見えて

「これは、撮っておくかな」と思ったことが切っ掛けですが

超短時間で撮れるイメージが浮かばないと(撮影時間は、準備から撤収まで5分以内)

家庭の事情からして出来ない状況なので

このミニボーグ等の機材があるということは実に素晴らしいことです。

2013年5月15日 (水)

2013年5月12日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO1600、露出時間1/125、低振動モード2秒

50flepl32013512_iso1600_1251bl01

たまたま、窓から極細の月が見えて思わず撮ってしまいました。

ここまで細い月が撮れたのは初めてだと思います。

あまりシャープではないかもしれませんが

この画像 オイラには、とても貴重です。

めったに無いシャッターチャンスを逃さずに捕えられました。

これもひとえに機動性抜群の機材のお陰ですね。

やっぱミニボーグ50FL と E-PL3、ですね。

2013年5月14日 (火)

2013年5月12日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

これに、
バーダープラネタリウム社の
「AstroSolar セーフティーフィルター」
を取り付けて撮影しました。

↓トリミング、感度ISO200、露出1/1600秒、低振動モード2秒

50flepl32013512_iso200_16001bl01

またまた、東側から大きめの黒点が出てきました。

細かいのも、いくつもあるので今週どうなるか楽しみです。

しばらくは注意深く見ていきたいですね。

Hα像も良いですが、この白色像もスッキリ・クッキリと見えるので

好きなんですよね。

2013年5月13日 (月)

「宙と緑の科学館」に行ってきました 2013年5月5日

子供の日5/5に↓こちらに行ってきました。

20135501

20135502

「宙と緑の科学館」です。 (★詳しくは、こちら★)

正直、混雑状況を甘くみてました(汗)

メインとしては、プラネタリウムが目的で行きましたが・・・

チケット販売開始時間9:30頃に到着したところ・・・長蛇の列が(大汗)

販売開始から約40分程で館内に入れました。

↓出入り口の脇には懐かしいプラネの機械が展示されていました。

20135503

↓並んでから約1時間後にようやくチケット購入できましたが・・・

20135504

こども向けの時間帯10:30のは、完売(汗)

仕方ないので、12:00からの一般投影のチケットを購入。

12:00からの一般投影も残り9席!危なかったです!

チケット購入後、↓足早にランチタイムにしました。

20135505

「cafe星めぐり」という小さなカフェで、

「スパイシーナシゴレンボウル」を注文。

なかなか美味しかったですよ。

カミさんは、「胚芽ブレッドのパストラミビーフサンド」を注文したようでしたが

「美味しい」と言っていましたね。

↓ランチ後には、3階のアストロテラスへ行きました。

20135506

昼間の星と太陽を望遠鏡で見れるとのことで、楽しみにしていましが

ここもかなりの行列です(汗)

↓やっと覗ける順番が回ってきました。(ぎょしゃ座のカペラとのことでした)

20135507

最初、オイラが覗いたのですが「見えない・・・(汗)」

もしかしたら・・・と思ってピントを調整してみたところ

「おっ、見えた!」

今まで見ていた人たちは、見えてたのだろうか・・・

これは、定期的にチェックしなければいけませんね。

「スタッフさん、よろしくお願いします。」といったとこでしょうかね。

次は、太陽の観測望遠鏡で↓モニタに画像が映し出されていました。

20135508

20135512

白色画像とHα画像、両方ありました。

太陽望遠鏡を覗いた後は、↓すぐにプラネに向かいました。

20135509

「MEGASTAR-Ⅲ FUSION(メガスター・スリー・フュージョン)」です。

これ、初めてですが。

初期型のメガスターでのプラネを見たことがあるので期待して

MY双眼鏡を持参していました。

しかし、ここでは・・・なんと双眼鏡を2人に1つ無料貸出するんですね。

↓子供2号も早速覗いてました。

20135510

もちろん、最初に双眼鏡の調整をしてやりましたが

調整方法を知らない方は、本当に見ることが出来たのか不安ですね。

調整には、①目幅調整②左右の視度調整③ピント調整④アイカップ調整、がありますが

それら全て調整方法の説明は、十分では無かったと感じました。

残念ながら双眼鏡で良く見えなかった方もいらしたかもしれませんね。

でも、双眼鏡なしで直接見る このプラネの星空は素晴らしかったです。

他のプラネと 天の川の描写が全く違います。

さらに双眼鏡で見ると明らかに違います。

散開星団や球状星団も良く見えました。(オメガ星団がハッキリと見えました。)

↓プラネ終了後に解説台に行ってオペレーション機器を見せてもらいました。

20135511

なんと、親切にも あの矢印のスティックを握らせてもらいましたよ。

これは貴重な体験ですね。

これには、カミさんも満足気でした。

次回は、こども向け投影に行けたらと思います。

それから、今回は展示物が全く見れなかったので

次回は それも見たいですね。

次回は、いつだろ・・・。

2013年5月12日 (日)

「リング星雲M57」の撮影2013年5月5日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「リング星雲M57」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL3 です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO2000、露出時間40秒、低振動モード2秒

50fl__epl3m57201255_iso2000_40bl01

60秒露出のは、なかり流れてしまっていたので

比較的良かった40秒露出のを採用しました。

鏡筒のバランスの取り方が歩留まりに影響するようですね。

わざと極軸回転方向にバランスを僅かに崩した方が良いみたいです。

最近は、天頂付近にくるので導入が苦しい状態ですが

導入してしまえば良い写真が撮れる可能性が高いので

なんとか耐えてます。

こんなとき、バリアングル液晶があるE-PL3は撮影画像を確認するのに

とても助かりますね。

2013年5月11日 (土)

「球状星団M92」の撮影2013年5月4日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

「球状星団M92」を自宅前にて撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL1+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓トリミング、感度ISO3200、露出30秒

60ed35epl3m92201354_iso3200_30bl01

この日は、天頂付近のM13を探してしたら

たまたまM92が視野に入ってきたので撮影しちゃいました。

いつもと違って・・・感度を上げて露出時間を短縮しました。

たしかにノイズ感はありますが、歩留まりの良さは30秒だと

格段に良いので確実性がありますね。

透明度はかなり悪かったのですが、まずまずの画像かと思います。

2013年5月10日 (金)

2013年5月6日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO800、露出時間1/100、低振動モード2秒

50flepl3201356_iso800_1001bl01

このシャープさには驚きました。

このくらいの細い月ですと、ライブビューでのピント合わせがかなり困難な状態なので

「こんな感じ??」と、適当に合わせるようなピント合わせだったので

たまたまとは言え良い方向に驚きました。

かなりラッキーですね。

2013年5月 9日 (木)

2013年5月6日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

これに、
バーダープラネタリウム社の
「AstroSolar セーフティーフィルター」
を取り付けて撮影しました。

↓トリミング、感度ISO200、露出1/1000秒、低振動モード2秒

50flepl3201356_iso200_10001bl01

なかなかシャープな画像だと思います。

日々変化が見られるので太陽は、黒点が出ているときは面白いですね。

実は、天体写真やGWネタの記事で時系列的には、先に書くべき記事が

あるのですが、この太陽はリアルタイム性がかなり重要だと思って

先に投稿しました。

とは言うものの写真撮影した日から数日経ってしまってますね。スミマセン。

2013年5月 8日 (水)

「宮ヶ瀬」に行ってきました 2013年5月4日

折角のゴールデンウィークということで、

何処かに行かねばならない雰囲気の中

特に予定をあまり立てていなかったのもあるのですが

もともと混雑とか待つことを比較的嫌う家族なため人気スポットには

行くのは断念。考えたあげく穴場的スポット「宮ヶ瀬」に行ってきました。

以前、結婚前に行った記憶があるのですが 子供が生まれてからは

初めてでしょうかね。

さすがにGWともなれば、少しは賑わっていると思いきや

到着直後は、かなりガラガラでした(笑)

10時頃に到着したのですが、公園を見つけると

子供達は、遊具に走っていき「これが目的」かと思うくらい

↓楽しそうに遊んでいました。

20135401

ビジターセンターに寄った後に、

水の郷商店街にある↓ここ「びんずる」へ食事に行きました。

20135402

お店は、丸太で作られたログハウスのような建物で

なかなか良い雰囲気だと思います。

店内は、とても綺麗でログハウスでありながらトイレもウォシュレット付きです。

手を洗う所は、ログハウスの雰囲気が感じられるような仕様となっています。

オイラとカミさんが注文したのは、↓「豆腐ステーキ」のコースです。

20135403

10年くらい前は、豆腐ステーキが鉄板の上でジュージュー言ってた

気がしたのですが・・・綺麗な白いプレートに乗って出てきました。

↓「豆腐ステーキ」のアップ写真です。美味しそうでしょ!

20135404

これが美味しいんですよ。

玉ねぎを十分に炒めた上に甘辛のソースを絡めたものが

豆腐に乗っています。豆腐は、片栗粉か何かでまぶして

サッと揚げたような状態になってます。

美味しくてとてもヘルシーだと思います。

女性には超お勧めメニューですね。(ボリュームはかなりあります)

付け合わせのサラダもとても美味しかったです。

↓子供達向けに注文した「和風ハンバーグ」のコースです。

20135405

子供達は、「美味しい!美味しい!」と言ってペロリと食べてしまいました。

↓デザートに出てきたケーキです。チーズケーキとチョコレートケーキ。

20135406

写真を撮る前に、食べてしまいました。

お腹が満腹となったところで、外に出て遊覧船乗り場に向かいました。

↓元気な子供2号。すぐに走って行ってしまいます。

20135407

↓遊覧船に乗車。

20135408 

この時、雲がモクモクと出てきたので青空があまり見えませんでしたが

湖の上を遊覧船に揺られ、山々の緑や湖の上を飛んでいる鳥さん達を

見ながら↓楽しんでいた子供2号でした。(↓袖が汚れるんですけど・・・)

20135409

お昼前後は、大分賑わってきた宮ヶ瀬ですが

GWにもかかわらず、あまり混雑を感じなくて良かったです。

帰りの車の中で、子供達が「ああ~楽しかった~」言ってくれました。

「こんなんでも、そんなに楽しいのかな?」と思いつつも、とても嬉しい言葉でしたね。

2013年5月 7日 (火)

2013年5月4日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO800、露出時間1/100、低振動モード2秒

50flepl3201354_iso800_1001bl01

なかなかシャープに撮れました。

コペルニクスかイイ感じですね。

ライブビューによるピント合わせが、画面上では月が真っ白に近い状態に

なることでクレータの凸凹状態が分かりにくくなるために

この月齢頃から厳しくなります。

しかも、夜明けが早くなってきたことで下弦の月は高度が高くなる前に

空が明るくなってしまうので、あまり高度を稼げませんね。

最近は4時頃に明るくなってくる感じが分かります。

2013年5月 6日 (月)

2013年5月4日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

これに、
バーダープラネタリウム社の
「AstroSolar セーフティーフィルター」
を取り付けて撮影しました。

↓トリミング、感度ISO200、露出1/800秒、低振動モード2秒

50flepl3201354_iso200_8001bl01

黒点が面白い形になってきました。

今週は、しばらく天気がよさそうなので

ヒマさえあれば撮影してみたいものです。

とはいえ・・・昼間は殆ど子供に振り回されるので

あまりヒマはありませんが、隙をねらって

撮影したいものですね。

中華街へ行ってきました 2013年5月3日

ゴールデンウィークということで、かなり近場ですが

久しぶりに中華街に家族で行ってきました。

いつもは、電車で直行ですが

今回は、横浜からシーバスという小さい船に乗って行きました。

何年ぶりか思い出せないくらい久しぶりで

天気も良かったのでシーバスからの眺めは、とても良く

↓みなとみらい周辺の建物と青い空と海の組合せがとても綺麗に感じました。

20135301

子供達も船に程良く揺られて心地よい風を受けながらの眺めは

楽しかったようです。

山下公園が終着地点で↓ちょうと氷川丸が見えました。

20135302

すると、子供2号が「あれに乗りたい!」と・・・。

まぁ、時間もあるし・・・比較的入場料が安かったので

↓行くことになりました。

20135303

どうも、船内には興味があまりないようで・・・

「一番上に行きたい~」といいながら、どんどん進む子供2号を追いかけて

ほぼ一番上と思われる場所にたどり着きました。

オイラはいろいろ見たかったのですが、まぁ仕方ないですね。

↓海をじっと見つめる娘。何を感じていたのでしょうかね。

20135304

遠くの方に、スカイツリーらしき姿も見えました。

↓舵、やっぱりくるくると回してました。こういうのが楽しいみたいですね。

20135305

↓そして・・・中華街ですが、激混みです!

20135306

ビックリするくら混んでました。いつもの倍はいましたね。

ちょうど仮装行列の日ということもあって、なおのことです。

確かに観光地なので、このGWとあっては方々からこられたのでしょうね。

ということで、早々にいつものお店(東新飯店)に入店。

注文は、いつもの「Cセット」です。

↓チャーハン。これは子供達にも好評です。

20135307

(右上に見えるのは、カミさんの注文したホイコーロー。)

↓牛肉と玉ねぎの炒め物。これが美味しい。子供1号にも好評でした。

20135308

↓小籠包です。かぶりつくと、美味しい汁が出てきます。

20135309

↓杏仁豆腐。今一つですが、値段的なことを考えればオイラ的にはOKです。

20135310

このお店のコストパフォーマンスは実に高いです。

メタボを気にしながらもお腹を満足させてしまったオイラでした。

2013年5月 5日 (日)

2013年5月3日の月(機材:ミニボーグ50FL、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+1.4×テレコンバーターDG+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO800、露出時間1/160、低振動モード2秒

50fl14epl3201353_iso800_1601bl01

久しぶりに、シャキットした画像となりました!

こんな日は、テレコンバーターが生きてきますね。

高度が低いながらもシーイングが悪くなかったので

かなりラッキーでした。

北の方から、プラトー・アルプス山脈・アペニン山脈・エラトステネス、

と月面地形がイイ感じですね。

2013年5月 4日 (土)

2013年5月3日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/125、低振動モード2秒

50flepl3201353_iso400_1251bl01

おぉ~!これは久しぶりに超シャープな画像となりました。

この月齢では珍しいと思います。

太り気味の月の場合、高度が高いこともあってシーイングに恵まれる日も

ありますがね。

とてもラッキーですね。

ということで、 「1.4×テレコンバーターDG【7214】」を使った撮影に

この後チャレンジしたのでした。 →★こちらです★

2013年5月 3日 (金)

2013年5月2日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

これに、
バーダープラネタリウム社の
「AstroSolar セーフティーフィルター」
を取り付けて撮影しました。

↓トリミング、感度ISO200、露出1/1250秒、低振動モード2秒

50flepl3201352_iso200_12501bl01

東の方から大きい黒点が出てきたので、撮影意欲が増大したのと

たまたま、この日は子供1号(長女)の家庭訪問の対応で

早く帰宅したこともあって家庭訪問終了後に子供1号が

宿題をコツコツとやっている最中にコッソリと撮影してしまいました。

この左の方の大きい黒点、金星日面通過を少し思い出させてくれました。

★金星日面通過の画像(記事)は、こちら から★

2013年5月 2日 (木)

ベイスターズvsヤクルト の観戦 2013年4月29日-その2(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3)

↓ミニボーグ50FL+E-PL3 で、横浜のベンチ内を撮影しました。

20130429041

(ノートリミングです)

強力な外国人助っ人「トニ ブランコ 選手」が中央右寄りに座っているのですが

太陽が眩しいためか眉間にシワを寄せているのが印象的でしたね。

それと対処的な中央左側に立っている「松本啓二郎 選手」がカッコよくて

なかなかイイ写真となりました。

↓7回裏の攻撃前に風船が飛び交います。

2013042905

最近は、横浜でも こんなことするようになったんですね。

ふ~ん、と思いました。(最近のスタジアム事情を知らないオイラ)

↓双眼鏡で野球観戦する子供2号(次女)

2013042906

ビクセンの双眼鏡「ニューアペックス8×42」ですが

ギリギリ目幅が合っているようです。

大きく見えるのが楽しくて ず~と見てましたね。

↓試合終了直後です。

2013042907

ヤクルトスワローズが快勝で例の傘の登場です。

いやいや、見てて実に面白い光景ですね。楽しいです。

今回は、観戦する時間が半分あったかどうかです。

殆どが子供2号の世話に追われました。

「トイレに行く~」とか「お店に行きたい~」とか

行ったり来たりの繰り返しでしたね。

この日は、ヤクルトファンのカミさんが楽しめたようで

良かったです。

子供達も、応援を楽しんでいた様子もうかがえましたし

オイラもミニボーグで撮影できたので楽しかったですね。

2013年5月 1日 (水)

ベイスターズvsヤクルト の観戦 2013年4月29日-その1(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3)

ほぼ一年ぶりの野球観戦に行ってきました。

お昼ごはんを食べながら、練習を見ていましたが

最近は、まったくテレビとかでも野球をゆっくりと見る時間がなくて

選手の名前すら分からない状態です(汗)

外野の近くにいた、DB.スターマンとDB.キララ をなんとか撮影してみました。

↓ミニボーグ50FL+E-PL3での撮影画像です。

2013042901

今回、内野指定席に座っていたので遠かったですが、

これだけの画像が得られるのはありがたいですね。

2方は外野の方ばかり向いていたので、この角度は貴重ですよ。

↓今回は、こんな方も見つけました。

2013042902

「DB.ライダー」とのことです。知りませんでした・・・ゴメンなさい。

詳しくは、こちらで。

次女がトイレに行きたいと言うことで・・・連れて行っている間に試合開始。

1点を先制され、直後の1死一塁から

↓あっ!やられました。ヤクルトのバレンティンです。

2013042903

場外ホームランとなり、

ヤクルトに1回表に3点入れられました。

カミさんは、大喜びです。何故か子供1号(長女)も大喜び。

レフトスタンド中心に傘が沢山開きます。

20130429031

雨は降ってませんが、開いて上下運動が始まります。

恒例ではありますが、意外と見てて面白いものですね。

↓金城龍彦選手が登場です。

2013042904

久しぶりに生でみて少々感動しました。

もう年もそれなりなので、よく頑張っているよな~なんて思いながらみてました。

しかし、この撮影機材(50FL+E-PL3)がちょうど良い画角となります。

イイですね。

・・・つづく。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック