2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年5月18日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2013年5月22日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

2013年5月22日 (水)

「散開星団M11」の撮影2013年5月18日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「散開星団M11」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL3 です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード2秒

60ed35epl3m112013518_iso2000_30bl01

南側で高度が低めなこともあって、光害が激しいのですが

そこそこ写りました。眼視でのイメージは、モヤッとした感じでした。

それよりも、このM11の新たな導入方法を発見しました。

今までは、近くの星を頼りに導入しましたが頼りになる星が暗くて

実は光害地では頼りにならなかったりという日もあります。

そこで、赤経が殆ど変わらないリング星雲M57を利用する方法に気づきました。

リング星雲M57を視野に入れたら、赤経軸は変えずに赤緯軸のみを

動かして探す方法です。赤経軸は、かなり動かしますがアイピースを覗きながら

少しずつ視野内を確認しながらであれば光害地でもM11は見つけられました。

この方法、とても楽でした。

もちろんM57の位置が分からないと出来ない方法ですが

M57は比較的簡単に視野内への導入が可能ですから。

ちなみに導入時のアイピースは、「パンオプテック24mm」を使用しました。

なので

倍率は 350÷24= 14.6倍

視界は 68度÷14.6 = 4.7度

ですね。

« 2013年5月18日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2013年5月22日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年5月18日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2013年5月22日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック