2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2013年5月17日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2013年5月18日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

2013年5月20日 (月)

「リング星雲M57」の撮影2013年5月18日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「リング星雲M57」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL3 です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO2000、露出時間60秒、低振動モード2秒

60ed35epl3m572013518_iso2000_60bl01

撮った直後にプレビュー画面で見てM57の中心付近に

「星みたいなのが・・・(たぶんノイズではないと・・・)」ということで、

早速PCにデータを入れて見ました。

↓等倍トリミングです。

60ed35epl3m572013518_iso2000_60bl02

「こ・これ、もしかして・・・中心星!!!?」とメチャメチャ興奮しちゃいましたよ。

しかし、よーく調べた結果、M57の中心付近には13等級くらいの

中心星とは別の星があるようですね。

どうもその別の星「ニセの中心星」みたいでした。(知識不足ですね。)

でも、この「ニセの中心星」がここまでハッキリと写ったのは初めてなので、

これはこれで、とても嬉しいことです。

今は「ニセ中心星が写った!!!」というだけでもなんだか嬉しいものです。

以前に、このニセ中心星が写った写真をネットで見たことがあるのですが

機材データを見ると大抵は光学系が150mmとか200mmとかの大口径のもの

ばかりでした。なので・・・

こんな小さな機材一式で、しかも光害地でここまで写してしまうとは

とても驚き感動してしまったわけですね。

« 2013年5月17日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2013年5月18日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

 ポラリエは星野写真用と思っていたけど、ミニボーグとポラリエでここまで撮れるんですね。う~ん、すご~い。

ヤマボウシさん、コメントありがとうございます。
ミニボーグ+ポラリエ、いいですよ。この程度の写真で良ければ、重たい赤道儀が不要なので楽チンです。なので、稼働率が高いです。

おとーたんさん、こんにちは。

中心星、ちゃんと写っていますよ。

「M57の中心星13等ニセモノ説」について調べていてこちらのサイトを見つけました。
拙記事をご覧ください。
http://kasuten.blog81.fc2.com/blog-entry-2818.html
http://kasuten.blog81.fc2.com/blog-entry-2824.html
http://kasuten.blog81.fc2.com/blog-entry-2821.html

かすてんさん、コメントありがとうございます。後で教えてもらったサイトを確認してみようと思いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年5月17日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2013年5月18日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック