2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2013年6月1日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2013年6月4日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

2013年6月 6日 (木)

2013年6月3日の太陽(機材:P.S.T.、セレストロンズームアイピース8-24mm、オリンパスE-PL3、ポルタ経緯台)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
Hα太陽望遠鏡P.S.T.+セレストロンズームアイピース8-24mm+オリンパスE-PL3+ポルタ経緯台 です。

↓トリミング、感度ISO2000、露出1/13秒、低振動モード2秒

Pstepl3201363_iso2000_131bl01

なんとかプロミネンスは写りましたね。

(太陽のフチから、ピロッと飛び出ている赤いものがプロミネンスです。)

眼視では、もっと良く見えるのですが・・・。

Hα太陽望遠鏡P.S.T.での観望は以前からしていましたが、撮影システムが無くて

やっと試行錯誤して撮影にごぎつけました。

まだ、一番良い撮影方法だとは思っていないので

もう少し考えてみることにします。

しかし、いろいろなサイトで見る限り

P.S.T.の潜在能力はもっとありそうです。

この画像では、まだまだ恥ずかしいレベルなので

もう少し撮影方法や画像処理について勉強できればと思ったりしてます。

この撮影でポイントとなるのは、セレストロンズームアイピースとE-PL3を

どう接続するかですが↓ボーグのパーツを活用させていただきました。

M42P0.75→M57AD【7528】

カメラマウントホルダーM【7000】

カメラマウント マイクロフォーサーズ用【5011】

セレストロンズームアイピースにM42のネジがあるので、

これら3つのパーツを使うと「オリンパスE-PL3」でなんとか撮影可能となりました。

« 「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2013年6月1日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2013年6月4日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2013年6月1日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2013年6月4日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック