2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ナグラーズーム3-6mm での観望雑感 2013年6月20日 | トップページ | 2013年6月22日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

2013年6月22日 (土)

「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2013年6月22日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「ペルセウス座二重星団(h-χ)」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出40秒、低振動モード2秒

60ed35epl32013622_iso2000_40bl01

天気予報では、明け方は まだ曇っている予報でしたが

念のため外に出て空を見たら晴れの領域が意外にも広かったので

急いで機材を出しました。

雨が続いたせいか・・・この時期としては未だかつてない程に

空の抜けが良く、いるか座までもハッキリと見えたので驚きでしたね。

もしかしたら天の川も見えるかも・・・と思ってしまったくらいスッキリとした空でした。

さすがに、この二重星団は高度がまだ低いので光害の影響はありますが

まだ、月が出ている空とは思えないくらい良く見えましたよ。

やっぱり、こんな日は観望も楽しまなきゃと思って

この二重星団をいろいろと倍率を変えて見ながら楽しみました。

導入のアイピースは、「パンオプティック24mm」でしたが

すぐアイピースを「ナグラーズーム3-6mm」に変えて見ました。

視野は50度と狭いとも思えますが、周辺までシャープな像を結んでくれます。

倍率を上げるとパックが暗くなるのが分かって面白かったですね。

コントラストが良くシャープに程良く見えたのは、5mmでの70倍の時だったと思います。

片方の散開星団しか視野に納まりませんが、とにかく良く見えました。

« ナグラーズーム3-6mm での観望雑感 2013年6月20日 | トップページ | 2013年6月22日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナグラーズーム3-6mm での観望雑感 2013年6月20日 | トップページ | 2013年6月22日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック