2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の記事

2013年6月30日 (日)

2013年6月29日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/160秒、低振動モード2秒

50flepl12013629_iso400_1601bl01

明け方に起床したときは、ベタ曇りでしたが

薄明が始まって子供達の靴を洗う下準備のために外に出たら、

晴れだしていて月が見えていたので

慌ててミニボーグを出して撮影しました。

(もう、日の出の時刻を過ぎていました。)

しかし、これを撮影した30分後には曇ってしまったので

本当にタイミングが良かったと思える画像ですね。

これがまた、思いのほかシャープに撮れました。

空が青みがかっていてコントラストが良くないですが、

このくらいシャープに撮れると気持ちの良いものです。

お陰で、とても清々しい朝を迎えることができました。

2013年6月29日 (土)

「ゆびさきトング」の雑感 2013年6月28日

↓これ、最近購入したのですが、「ゆびさきトング」というもの。

2

1

今までは、普通のトングと呼ばれるもので食べ物の盛り付けなどを

していましたが・・・メンテの手間がかかると言うか

構造的に汚れを落としたくても 食器洗いスポンジが届かない部分が

ありましたので どうしても通常のトングを使う気になれないことも

しばしばでした。

しかし、この「ゆびさきトング」は別ものです。

構造がシンプルなのでメンテが格段に簡単ですね。

洗えない部分などありませんから、積極的に使ってます。

サイズ的に、子供も使用可能ですから小学生の長女も

余裕で使います。

価格もそれなりですが、それでも十分に満足いく製品だと思います。

★オススメです!★

2013年6月28日 (金)

七夕飾り 2013年6月27日

朝、保育園に行くと↓七夕飾りが廊下に飾ってありました。

012013627

「おぉ~、もう そんな季節かぁ・・・」と思いつつ

オイラの娘のは、何処だ~と探したところ・・・

↓ありました。

022013627

「ネックレスがほしい」と、先生の字で書かれてありましたが・・・

普段は、そんなようなことは一切言わないのですがね。

他の子供の短冊を見てみると・・・まったく同じコメントが書かれているのが

ありました。

「マネしたのかも・・・」と思ってしまったオイラでしたが

最近よく 家で食玩を買ったときのネックレスを

首から下げている姿を見かけるので、本音も少しあるのかもしれませんね。

短冊に描かれている飾り絵ですが・・・

人の姿(誰だ?)・ハート・葉っぱ?・蝶々? と不明なものが多いです(汗)

でも、それが何だか想像するのも 楽しいと思うオイラでした。

2013年6月27日 (木)

2013年6月26日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓ノートリミング、感度ISO1600、露出時間1/80秒、低振動モード2秒

50flepl12013626_iso1600_801bl02_2

↓いつものトリミング(等倍)をしました。

50flepl12013626_iso1600_801bl01

薄雲がありながらも月が見えていたので、とりあえず撮ってみました。

やはり、コントラストが悪いですが

これはこれで面白い月かもしれませんね。

いつも撮っているシャープな月画像と比較すると

見劣りしますが、たまには こんな寝ぼけた月も良いかもしれません。

しばらく悪天候で月すら見ることが出来ないかもしれないので

貴重なお月見でした。

2013年6月26日 (水)

「散開星団M11」の撮影2013年6月22日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「散開星団M11」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL3 です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間40秒、低振動モード2秒

60ed35epl3m112013622_iso2000_40bl01

↓少しトリミングしました。

60ed35epl3m112013622_iso2000_40bl02

天頂付近の空が良かったので、久しぶりにM11のアナログ観望もしました。

やはり高度が低くて光害の影響がかなりあったようで、

微恒星が埋もれかけていて微光星はシッカリと見えていたものの

モヤッとした星雲状に近い見え方でした。

球状星団っぽい感じに近いですね。

しばらくすると薄雲が発生してきてしまったので あえなく退散。

2013年6月25日 (火)

ホタルの観賞 2013年6月22日

ほぼ一年ぶりに、四季の森公園へホタルを見に行きました。

一番良い時間帯が19:30~20:30とのことだったので

19:30頃に到着したところ、天気が良いこともあって

かなりの混雑ぶりでしたね(汗)

静止画はあきらめて、動画を撮ろうと思いましたが

ホタルの光を見つけてカメラを向けると消えてしまったり

ピントが合ってなかったりと・・・思いのほか難しいですね。

もっともオイラ1人で子供2人を引き連れていたので

あまり撮影に没頭する余裕もなく・・・まぁそんな状況でした。

↓たまたま、一瞬だけホタルの光を捕えました。それと、子供達の声がリアルですね。

今回は、たまたま近くにホタルが飛んできて

子供1号(長女)の手に乗ったという奇跡的な光景を目撃しました。

きっと本人にとっても良い経験になったかと思います。

残念ながら静止画・動画とも撮れませんでしたが、今のところオイラの脳に記録されています。

(いつ消えるか分かりませんが・・・)

また、来年も行ければなぁ~と思います。

2013年6月24日 (月)

「リング星雲M57」の撮影2013年6月22日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「リング星雲M57」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL3 です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間40秒、低振動モード2秒

60ed35epl3m572013622_iso2000_40bl01

もう少しで、隣の家の屋根の影になりそうでしたが

なんとか撮影できました。

↓トリミングしました。

60ed35epl3m572013622_iso2000_40bl02

この日は、光害地としては異例なくらい透明度が高い空でしたので

アナログ観望も楽しみました。

さすがに口径60mmでは、集光不足なのは承知でしたが

ちゃんとリング状が分かります。

ナグラーズーム3-6mmを使って いろいろと倍率を変えて見ましたが

さすがに3mm(117倍)だと暗くなりすぎて想像力をかなり働かせなければいけない状況でしたね。

5mm(70倍)くらいが、バックも暗くなって良かったのかな・・・と思いました。

とはいっても倍率を上げた分 天体そのものも暗くなってしまうので、

この日みたいにスッキリとした空でないと難しいのかもしれません。

それから、やっぱりリング星雲M57のアナログ観望には

口径100mmくらい欲しいと思うのが本音ですね。

2013年6月23日 (日)

2013年6月22日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

これに、
バーダープラネタリウム社の
「AstroSolar セーフティーフィルター」
を取り付けて撮影しました。

↓トリミング、感度ISO400、露出1/3200秒、低振動モード2秒

50flepl32013622_iso400_32001bl01

黒点が賑やかになってきたこともあって

久しぶりに、この機材で太陽を撮影しました。

しかし、シーイングが悪くて・・・比較的良く写っていたのが

この一枚です。

他のは、なんだか寝ぼけた画像になってましたよ。

PSTでは見る時間がなかったのですが、Hα画像が気になりますね。

2013年6月22日 (土)

「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2013年6月22日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「ペルセウス座二重星団(h-χ)」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出40秒、低振動モード2秒

60ed35epl32013622_iso2000_40bl01

天気予報では、明け方は まだ曇っている予報でしたが

念のため外に出て空を見たら晴れの領域が意外にも広かったので

急いで機材を出しました。

雨が続いたせいか・・・この時期としては未だかつてない程に

空の抜けが良く、いるか座までもハッキリと見えたので驚きでしたね。

もしかしたら天の川も見えるかも・・・と思ってしまったくらいスッキリとした空でした。

さすがに、この二重星団は高度がまだ低いので光害の影響はありますが

まだ、月が出ている空とは思えないくらい良く見えましたよ。

やっぱり、こんな日は観望も楽しまなきゃと思って

この二重星団をいろいろと倍率を変えて見ながら楽しみました。

導入のアイピースは、「パンオプティック24mm」でしたが

すぐアイピースを「ナグラーズーム3-6mm」に変えて見ました。

視野は50度と狭いとも思えますが、周辺までシャープな像を結んでくれます。

倍率を上げるとパックが暗くなるのが分かって面白かったですね。

コントラストが良くシャープに程良く見えたのは、5mmでの70倍の時だったと思います。

片方の散開星団しか視野に納まりませんが、とにかく良く見えました。

2013年6月21日 (金)

ナグラーズーム3-6mm での観望雑感 2013年6月20日

数ヶ月前に、この「ナグラーズーム3-6mm」を購入しちゃいました。

3604

新品では買えないオイラは、もちろん中古です。

見掛視界が50°ということで 広くはないのですが

惑星や二重星など限定で観望するには良いかと思って購入に踏み切りました。

アイレリーフは、10mmということでメガネをかけての観望は

視野がケラれるかもしれませんね。

裸眼では、なんの問題もありません。

3mmから6mmまで、1mm刻みでカチッカチッと止まってくれるので

何倍で見ているのかが分かって良いですね。

↓6mmのとき

3601

↓3mmのとき

3602

↓見口ゴムを起こしました。(通常の観望時にはこうします。)

3603

はくちょう座のアルビレオ と こと座のダブルダブルを見ましたが、

かなり結像性は良いです。

こと座のダブルダブルですが、シーイングが良いこともあって

4mmで対物はミニボーグ60EDという条件で分離するのがハッキリと分かりました。

焦点距離が350mmなので 87.5倍です。

3mmではもちろん余裕で分離しましたよ。このときは116.7倍ですね。

しかも、ジフラクションリングが綺麗に見えましたから

これは光学系がシャープな証拠ですね。

ズームでこのコンパクトさとシャープさを兼ね備えているのは素晴らしいと思います。

2013年6月20日 (木)

6月の製作「おたまじゃくし と あじさい」 2013年6月19日

保育園で子供達が毎月テーマを変えて何かを作っているらしいのですが

6月の製作は、この時期らしく「おたまじゃくし と あじさい」をテーマに

折り紙を使った絵を描いたみたいですね。

↓先生の見本ですね。

6201362001

おそらく、この見本を子供達が見てマネして仕上げていくのでしょうから

何が描かれているのか、どんな配置なのか、どんな色なのか、それらが

ベースとなって子供個々の経験や想像力が加わることで

作品となっていくのでしょうね。

↓オイラの娘のです。

6201362002

先生のと比較すると・・・

まず、かたつむり がいません・・・と思いきや

ハンバーガーに羽が生えたようなやつが、それかもしれませんね(汗)

人が2人います。おそらく本人と姉をイメージしたのでしょう。

髪飾り(ゴム?)もあります。

おたまじゃくし よりも小さい魚が6ヒキいて賑やかですね。

あと、雨粒が大きいです。

他にもツッコミどころは沢山ありますが・・・。

↓他のお友達のです。

6201362003

池がほぼ真ん中です。

驚いたのは、アジサイの花に葉っぱが描かれていることです。

これは、オイラの子供には無かったので、おぉ!と思いました。

池の中にクラゲみたいのがいますね。面白いです。

↓もう一つ、他のお友達のです。

6201362004

下に茶色で描かれた地面らきものがあります。

ということは・・・池が立っているの?斜め?!

いや、これはツッコンではいけないのかもしれませんが・・・

池で人が泳いでいるのか遊んでいるのか、そんなのも

描かれてますよね。たぶん池で遊んだことあるんだろうなぁ・・・

と思いました。

いや~面白いです。子供の絵は面白すぎます。

オイラは、そのへんの美術館の絵よりも面白いと思ったりしちゃいました。

2013年6月19日 (水)

10周年記念 2013年6月18日

6月18日の夕食の後、↓ケーキが登場しました。

10201361801

いたってシンプルですが、このシンプルさ好きですね。

子供2号の手が写ってしまいましたが、ご愛敬ということで。

「誰の誕生日なの?」と子供2号から質問が・・・

なんでもない日に、こんなホールケーキは準備しないので

そりゃ疑問ですよね。

母が「今日は、お父さんとお母さんが結婚した日なの。」

と教えてあげたのですが・・・なんだかピンとこない様子・・・。

実は、この直前にドアに手を挟んで泣いていたので ご機嫌が

イマイチなのも影響しているのかもしれませんね。

正確には、入籍した日なのですが

早いもので・・・まる10年が経ちました。(2003年に入籍しましたから・・・そうですよね)

これは、10周年と言うのでしょうか??

よく分からなかったのですが、節目だろう・・・ということで

↓こんなものを作ってみました。

10201361802

10周年記念ストラップです。

ペアストラップなのですが、すでにカミさんに渡してしまったので

オイラのだけ撮影しました。

金色のプレートに

名前、記念日、ウエディングアニバーサリー(英語で)、が記されています。

誕生石も埋め込まれていて良いアクセントになっています。

全体的なデザインはシンプルですがイイ感じですね。

カミさんも喜んでくれたようで良かったです。

2013年6月18日 (火)

2013年6月16日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO800、露出時間1/250秒、低振動モード2秒

50flepl12013616_iso800_2501bl01

この日は、午後から天気が回復傾向にありましたが

雲は結構ありましたので、このような撮影が出来ることは

とても有り難い感じがします。

一年を通して月は、比較的頻繁に見ることが出来ますが

この梅雨の時期は、やはり悪天候が多いので

月でさえも見れればラッキー、撮影できればお得な気分となります。

あまり良い画像とは言い難のですが(ブレてるような・・・)、

撮れただけでも感謝しないといけないような感じですね。

2013年6月17日 (月)

「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2013年6月15日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「ペルセウス座二重星団(h-χ)」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出40秒、低振動モード2秒

60ed35epl32013615_iso2000_40bl01

いつも通り、明け方(?)に起床して窓から空をみたら

殆ど雲に覆われていたのですが、30分くらいしたら晴れてきたので

急いで機材を出して撮影したんです。

しかし、残念なことに導入した頃には薄明が始まっていて

バックが大分明るくなってしまっていました。

まぁ・・・でも梅雨時期に撮影出来たことが、ラッキーでしたからね。

良しとましましょう。

2013年6月16日 (日)

2013年6月14日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO800、露出時間1/125秒、低振動モード2秒

50flepl12013614_iso800_1251bl01

梅雨まっただ中で、天気が良くない日でしたが

夕方から雲の隙間に青空が見え始め・・・夕食後に窓から空を覗いたら

雲の隙間から月が見えていたので、ここぞとばかりに機材を準備してパチリと撮りました。

その後すぐに子供達をお風呂に入れなければいけなかったので

超スピーディー撮影です。

なのでピントもイマイチのような感じがします。(シーイングの関係もありますがね。)

それにしても天候の悪い日に奇跡的に撮れた月なので

貴重な画像かと思います。

実は、この撮影の30分後には曇ってました。

改めて思いますが、すぐに出せてすぐに撤収できる機材があるから

できる技ですね。

スキあらば月撮影といった感じです。

スキあらばミニボーグとも言えるかもしれませんね。

2013年6月15日 (土)

父の日のプレゼント 2013年6月15日

父の日ということで(父の日は、明日6/16ですが・・・)

子供達からプレゼントをもらいました。

↓子供1号(長女)から

2013

これ、何だか分かります? アイロンビーズで作ったものです。

ストラップなんですが、この形は何をイメージしているかが重要なんです。

見た瞬間にオイラは分かりました。

子供1号から「なんだかわかる~? ヒントはねぇ~好きな惑星とか!」と言われ、

この言葉を聞いて確信しました。惑星でこの形は、あれしかありません。

そう、あれです!

この色の使い方、この形、「惑星とか」というヒント、

土星です。土星!

正解は、土星でした!

いゃ~実に楽しいストラップです。

すぐに壊れそうなのが、心配ですが・・・。

そしてそして、

↓子供2号(次女)から

2013_2

これ、保育園にお迎えに行った時にもらいましたよ。

分かりやすくて、イイですね♡

似顔絵らしき絵には、何故か口の上に黒いものが・・・

これ、ヒゲだそうです。オイラ、こんなに偉そうなヒゲはありませんが

男の人のヒゲの印象が強いようですね。

ネクタイのような形をしたコメントが書かれたパーツも

なかなか良いアクセントとなってますよね。

帰宅して、子供2号に「リュックにつけてね。」と言われ

早速、取り付けたオイラでした。

2013年6月14日 (金)

セレストロン 8-24mm 1.25 ズームアイピース撮影システム 2013年6月14日

先日、セレストロンズームアイピースを使っての撮影をしてみたくなって

↓こんなボーグパーツを用意したわけです。

01

写真の下にあるパーツですが

M42P0.75→M57AD【7528】(新規購入品です)

カメラマウントホルダーM【7000】

カメラマウント マイクロフォーサーズ用【5011】

です。

セレストロンズームアイピースにM42のネジがあるので、

これら3つのパーツを使うと「オリンパスE-PL3」と↓合体できます。

02

ということで、↓アメリカンサイズのスリーブが入る望遠鏡と接続可能となります。

03

天頂プリズムを使っているため、少しアクロバティックな感じですが

こんな感じで撮影もできちゃうことになります。

この鏡筒(ミニボーグ60ED)では、まだ撮影していないのですが

いずれ月などの明るい天体でも撮影したいと思います。

2013年6月13日 (木)

「散開星団M11」の撮影2013年6月9日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「散開星団M11」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL3 です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO2000、露出時間40秒、低振動モード2秒

60ed35epl3m11201369_iso2000_40bl01

光害地ということもあって高度が低めで透明度が悪くなりやすいため

このような日は60秒も露出すると真っ黄色になります。

眼視でも位置確認がやっとの状態でした。

透明度があまり良いとは言えず、控えめに露出をしましたが

まあまあ良く写ったと思いますよ。

この散開星団M11は、球状星団みたいで面白いですよね。

オイラは、かなり好きな天体です。

2013年6月12日 (水)

「リング星雲M57」の撮影2013年6月9日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「リング星雲M57」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL3 です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間60秒、低振動モード2秒

60ed35epl3m57201369_iso2000_60bl01

↓少しトリミングしました。

60ed35epl3m57201369_iso2000_60bl02

追尾がうまくいくと、このくらいの画像は得られますね。

高度が低い位置での空の状態は、光害の影響がヒドかったのですが

ちょうど天頂から少し西に傾いた時間帯だったので

光害の影響が比較的少なめなようで良かったです。

光害地でも天頂付近は比較的良好な場合が多いみたいですね。

光害地だからと言って、天体撮影の全てを諦めるのは早いと実感した

一枚です。

2013年6月11日 (火)

2013年6月9日の太陽(機材:P.S.T.、セレストロンズームアイピース8-24mm、オリンパスE-PL3、ポルタ経緯台)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
Hα太陽望遠鏡P.S.T.+セレストロンズームアイピース8-24mm+オリンパスE-PL3+ポルタ経緯台 です。

↓トリミング、感度ISO2000、露出1/10秒、低振動モード2秒

Pstepl3201369_iso2000_101bl01

プロミネンスは、自分なりですが比較的良く撮れたと思います。

ただやはり、皆様がPSTで撮影した画像を見ると かなり見劣りしますね。

特に太陽の彩層面の表現が今一つですね。

何故かあるはずの黒点が写りません。白色光では見えるのですがね。

露出時間がいけないのか、ピントが甘いのか、画像処理が良くないのか、

またの機会にトライしてみます。

2013年6月10日 (月)

「球状星団M22」の撮影2013年6月9日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

「球状星団M22」を自宅前にて撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓トリミング、感度ISO2000、露出40秒

60ed35epl3m22201369_iso2000_40bl02

シーイングは良かったのですが、透明度が悪くて・・・

でも、M22は撮影チャンスが限られているので撮ってみました。

やはり高度が低いので光害の影響をモロに受けて埋もれかかっていました。

眼視では、存在確認がなんとか出来るというレベルでしたので

こんなものでしょうね。

撮影10分後には、薄雲が掛ってきたためか存在すら分からなくなりました。

2013年6月 9日 (日)

2013年6月8日の太陽(機材:P.S.T.、セレストロンズームアイピース8-24mm、オリンパスE-PL3、ポルタ経緯台)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
Hα太陽望遠鏡P.S.T.+セレストロンズームアイピース8-24mm+オリンパスE-PL3+ポルタ経緯台 です。

↓トリミング、感度ISO2000、露出1/30秒、低振動モード2秒

Pstepl3201363_iso2000_301bl01

同じ機材で、2回目のチャレンジですがイマイチ上手くいきませんね。

一応、プロミネンスは写ってますが黒点はボケてますね(汗)

他の方々の撮られたPSTの画像と見比べると、なんだか全然違うんですよね。

まぁ一枚画像なので、それなりかもしれませんが・・・それにしても

まだ納得いく画像には程遠いです。

眼視では、黒点もプロミネンスもクッキリと良く見えるんですよね。

2013年6月 8日 (土)

2013年6月5日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO1600、露出時間1/100秒、低振動モード2秒

50flepl3201365_iso1600_1001bl01

もう、薄明は始まっている時間で

やっと隣の家の屋根の上に見えてきたので、なんとか撮影できました。

高度も低いですし、シーイングも悪く、この細い月ではピント合わせが

難しいのですが、なんとか見れるレベルに撮れました。

月が細いと、より神秘的な雰囲気になるような気がします。

ちょうど今週末あたりは月齢がよろしいので、遠征に行きたい気分ですが

家族をほったらかす訳にはいかないため、通常通りの休日になることでしょう(泣)

郊外地では、この時期は 特に天の川が綺麗に見えていたことを思い出しますね。

2013年6月 7日 (金)

2013年6月4日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO800、露出時間1/80秒、低振動モード2秒

50flepl3201364_iso800_801bl01

お向かいの家の屋根の上にやっと出てきたところを

なんとか撮りました。

このくらいの月齢になるとピント合わせが厳しくなってきますね。

ライブビュー画像では月面が殆ど白飛びしているので

ピントが合っているのだか合っていないのだか分かりづらくなります。

まぁそれにしても、なんとかそこそこの画像にはなった気がします。

2013年6月 6日 (木)

2013年6月3日の太陽(機材:P.S.T.、セレストロンズームアイピース8-24mm、オリンパスE-PL3、ポルタ経緯台)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
Hα太陽望遠鏡P.S.T.+セレストロンズームアイピース8-24mm+オリンパスE-PL3+ポルタ経緯台 です。

↓トリミング、感度ISO2000、露出1/13秒、低振動モード2秒

Pstepl3201363_iso2000_131bl01

なんとかプロミネンスは写りましたね。

(太陽のフチから、ピロッと飛び出ている赤いものがプロミネンスです。)

眼視では、もっと良く見えるのですが・・・。

Hα太陽望遠鏡P.S.T.での観望は以前からしていましたが、撮影システムが無くて

やっと試行錯誤して撮影にごぎつけました。

まだ、一番良い撮影方法だとは思っていないので

もう少し考えてみることにします。

しかし、いろいろなサイトで見る限り

P.S.T.の潜在能力はもっとありそうです。

この画像では、まだまだ恥ずかしいレベルなので

もう少し撮影方法や画像処理について勉強できればと思ったりしてます。

この撮影でポイントとなるのは、セレストロンズームアイピースとE-PL3を

どう接続するかですが↓ボーグのパーツを活用させていただきました。

M42P0.75→M57AD【7528】

カメラマウントホルダーM【7000】

カメラマウント マイクロフォーサーズ用【5011】

セレストロンズームアイピースにM42のネジがあるので、

これら3つのパーツを使うと「オリンパスE-PL3」でなんとか撮影可能となりました。

2013年6月 5日 (水)

「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2013年6月1日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「ペルセウス座二重星団(h-χ)」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出40秒、低振動モード2秒

60ed35epl3201361_iso2000_40bl01

まだまだ高度が低くて、見ごろ・撮り頃ではないのですが

ついつい撮りたくなってしまって撮ってみた画像です。

低空で、光害の影響を受けているので露出はいつもより控えめです。

双眼鏡でも見たのですが、写真とは違って かなりショボイ見え方です。

おそらく、導入するときに「ショボイ二重星団」を見た経験がなければ、

気がつかないかもしれません。それだけ光害にやられてるわけです。

まぁ、仕方ないですが・・・久しぶりに遠征に行きたい気分がグッと上がりました。

「あぁ・・・美しい二重星団を見たいなぁ~」

2013年6月 4日 (火)

子供2号の靴 2013年6月2日

オイラ、↓お気に入りの靴です。子供2号(次女)のですが。

2201361

久しぶりに洗わせてもらいました。

普段使ってたりして、なかなか洗えなかったのですが

保育園に持って行きたいというので(保育園専用の靴)

「じゃ、洗うからね。」と言って洗いました。

デザインとイイ、柄とイイ、色合いとイイ、なんかカワイイんですよね。

マジックテープとか無いのですが、靴の入口がゴムのように柔軟性があって

本人も履きやすいようです。

2013年6月 3日 (月)

「球状星団M22」の撮影2013年6月1日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

「球状星団M22」を自宅前にて撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

ポラリエ極軸望遠鏡による極軸合わせをしてます。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出40秒

60ed35epl3m22201361_iso2000_40bl01

↓トリミングと色調補正しました。

60ed35epl3m22201361_iso2000_40bl02

初めて撮ったM22です。なかなか感動的でした。

やはりM22は明るくて大きいですね。

南中しても高度が低いので、光害地ではなかなかチャンスが無いので

この日は、とてもラッキーでした。

月明りがありましたが、比較的透明度が良くて

いて座の辺りが比較的良く見えていましたから、運が良かったかもしれません。

また機会があったら撮りたいと思います。

2013年6月 2日 (日)

運動会の撮影 2013年6月1日

子供1号の運動会に行ってきました。

写真撮影が楽しみの一つなのですが

今回は、↓こちらの機材で出動しました。

201361

対物レンズには、ミニボーグ50FL

補正レンズには、OASYS-35mm Reduder DX 0.8x (かなり古いパーツです。)

カメラボディーは、オリンパスE-PL3

ピント調整機構には、M57ヘリコイドLII【7860】

と、いうような部品構成です。(ざっくりですが)

運動会は、やはり望遠ですから(超望遠かも)

ボーグが活躍します。活躍しない訳がありません!

これが、期待通り なかなか良い結果を生み出しました。

顔が写っているのはNGということで

少しだけ作例を紹介しますね。

↓ノートリミング、感度ISO400、露出時間1/800秒

50fldxr08epl301201361_iso400_8001bl

児童が描いた絵ですかねぇ。

こういう絵は、個性があって なかなか面白いですよね。

↓ノートリミング、感度ISO400、露出時間1/1000秒

50fldxr08epl302201361_iso400_10001b

いちおう、ここにオイラの子供1号がいます。

なかなかイイ写りです。

思った以上に隅の方までシャープだと思います。

ちゃんと補正レンズの効果があるようですね。

この日、親バカながら

子供1号の写真をパシャパシャといつの間にか300枚くらい撮っていました。

(動きがあるので連写しまくりです。)

撮っている最中は、実に楽しくて しかも自宅に帰ってPCで

写真をチェックしたのですが、どれも良く写っているんですよね。

まぁ、枠から外れているのは かなりありましたが

どれもピントがほぼ合っている状態で最高峰フローライトレンズのお陰で

激シャープです!

超満足でした。

2013年6月 1日 (土)

2013年6月1日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/160秒、低振動モード2秒

50flepl3201361_iso400_1601bl01

下弦の月、久しぶりに撮れました!

やっぱり半月はハイテンションになります!

この欠け際が真っ直ぐなのが、なんとも言えなくてイイですね。

しかも、前日に雨が降っていたこともあって

空がスッキリとして気持ちの良い眺めでした。

「あぁ・・・なんてイイ月夜なんだ・・・」とふけってしまいましたよ。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック