2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年6月22日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | ホタルの観賞 2013年6月22日 »

2013年6月24日 (月)

「リング星雲M57」の撮影2013年6月22日(機材:ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「リング星雲M57」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35ミリマルチフラットナー+ポラリエ+オリンパスE-PL3 です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間40秒、低振動モード2秒

60ed35epl3m572013622_iso2000_40bl01

もう少しで、隣の家の屋根の影になりそうでしたが

なんとか撮影できました。

↓トリミングしました。

60ed35epl3m572013622_iso2000_40bl02

この日は、光害地としては異例なくらい透明度が高い空でしたので

アナログ観望も楽しみました。

さすがに口径60mmでは、集光不足なのは承知でしたが

ちゃんとリング状が分かります。

ナグラーズーム3-6mmを使って いろいろと倍率を変えて見ましたが

さすがに3mm(117倍)だと暗くなりすぎて想像力をかなり働かせなければいけない状況でしたね。

5mm(70倍)くらいが、バックも暗くなって良かったのかな・・・と思いました。

とはいっても倍率を上げた分 天体そのものも暗くなってしまうので、

この日みたいにスッキリとした空でないと難しいのかもしれません。

それから、やっぱりリング星雲M57のアナログ観望には

口径100mmくらい欲しいと思うのが本音ですね。

« 2013年6月22日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | ホタルの観賞 2013年6月22日 »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年6月22日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | ホタルの観賞 2013年6月22日 »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック