2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「アンドロメダ大星雲M31」の撮影 2013年7月19日(機材:ミニボーグ60ED + 35mm REDUCER DX 0.8× +E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC457」の撮影 2013年7月19日(機材:ミニボーグ60ED + 35mm REDUCER DX 0.8× +E-PL3、ポラリエ) »

2013年7月20日 (土)

「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2013年7月19日(機材:ミニボーグ60ED + 35mm REDUCER DX 0.8× +E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「ペルセウス座二重星団(h-χ)」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35mm REDUCER DX 0.8×+オリンパスE-PL3 +ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用) 

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間40秒、低振動モード2秒、

60edre08epl32013719_iso2000_40bl02

まだ、高度がそれほど高くないので光害の影響は

かなりありますね。

40秒露出ですが、元画像のパックは真っ白に近い状態です。

まぁそれにしても画像処理をすれば、ここまでのレベルにはなるので

便利な時代になったものです。

眼視ではショボイ見え方ですが、写真に撮って画像処理をすると

なんとなく少しだけですが遠征に行ったときの観望気分に浸れます。

« 「アンドロメダ大星雲M31」の撮影 2013年7月19日(機材:ミニボーグ60ED + 35mm REDUCER DX 0.8× +E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC457」の撮影 2013年7月19日(機材:ミニボーグ60ED + 35mm REDUCER DX 0.8× +E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

Comfortable!! I agree having getting one full size small compared to your family darkfall gold sizing. Your high heel will probably get if you don't. I personally bother with snagging that knit however i exactly be cautious. All around, I need these particular darkfall gold! Superb trend!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アンドロメダ大星雲M31」の撮影 2013年7月19日(機材:ミニボーグ60ED + 35mm REDUCER DX 0.8× +E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC457」の撮影 2013年7月19日(機材:ミニボーグ60ED + 35mm REDUCER DX 0.8× +E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック