2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年7月28日の月(機材:コ・ボーグ36ED、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3、ナノ・トラッカー) | トップページ | コ・ボーグ36ED 鏡筒-星雲星団撮影仕様 2013年8月3日 »

2013年8月 2日 (金)

コ・ボーグ36ED 初出勤 2013年8月1日

コ・ボーグ36EDの眼視性能を試したくなりまして・・・

でも最近は 夜晴れることが少ないので、昼間の風景を眺めたいと思って

単眼鏡仕様に組み立ててみました。↓

36ed20138102

組立パーツは、対物側から順に

///////////////////////

コ・ボーグ36ED対物レンズ(WH)【2036】

M42ドロチューブ(WH)【4565】

M42P1→M57/60AD【7524】

2インチホルダーM【7505】

地上プリズム【4801】(→詳しい情報は、こちらにありました)

アイピース(MEADE SUPER PLOSSL 32mm)

///////////////////////

です。

これで

倍率:6.25倍

見掛視界:約50度(だと思います)

実視界:約8度

合焦範囲:約8m ~ ∞

となります。

ピント合わせは、ドロチュープでするのですが

倍率が低いので 大丈夫でした。

都会のビル等を見ようと思い、出勤の準備です。↓

36ed20138101_3

ちょっと大げさなケースかもしれませんが、これくらいしか見つからなかったので

初出勤は、これで行きました。

(もう少しクッション材は追加しましたよ)

昼休みに、会社の屋上からビルや鉄塔を眺めましたが

見掛視界が50度と無理がなかったこともあり

視野周辺まで像の目立った劣化がみられなかったです。(若干の湾曲はあり)

もちろん、中心像はシャープでクッキリと見えましたよ。

星像で試した訳ではないので、シビアなテストではありませんが

この組合せでの性能は、かなり良いと思われます。

« 2013年7月28日の月(機材:コ・ボーグ36ED、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3、ナノ・トラッカー) | トップページ | コ・ボーグ36ED 鏡筒-星雲星団撮影仕様 2013年8月3日 »

天体望遠鏡の鏡筒」カテゴリの記事

天体用機材etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年7月28日の月(機材:コ・ボーグ36ED、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3、ナノ・トラッカー) | トップページ | コ・ボーグ36ED 鏡筒-星雲星団撮影仕様 2013年8月3日 »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック