2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の記事

2013年8月31日 (土)

2013年8月28日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓ノートリミング、感度ISO400、露出時間1/200秒、低振動モード2秒

50flepl32013828_iso400_2001bl01

お、かなりシャープに撮れましたよ。

↓トリミングしました。(等倍)

50flepl32013828_iso400_2001bl02

激シャープです!これは、過去1・2番を争うくらいシャープな月画像だと思います。

(今回3枚とったうちの1枚ですが、他の画像は微妙なブレがありました。)

下弦の月ということもあってテンション上がりまくりです。

月の撮影は、もう数え切れないくらいしていますが

時々こんなようなとんでもない画像が撮れてしまうので止められません。

やっぱミニボーグ50FLは素晴らしいですね。

いや~会心の一撃です。

2013年8月30日 (金)

2013年8月28日の月(機材:コ・ボーグ36ED、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、コ・ボーグ36ED+1.4×テレコンバーターDG+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/250秒、低振動モード2秒

36edt14epl32013828_iso400_2501bl01

この日も天気は良好で、シャープに撮れました。

下弦の月ということでテンション上がりましたよ。

ただ、若干太り気味の下弦の月?

欠け際が真っ直ぐになるには、もう少し時間が必要ですね。

しかし、スッキリとした秋の空だったので

月明りがありましたが、星も良く見えて気持ちのイイ夜でした(明け方)

2013年8月29日 (木)

2013年8月26日の月(機材:コ・ボーグ36ED、3倍テレコンバーター、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、コ・ボーグ36ED+3倍テレコンバーター【7786】+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓ノートリミング、感度ISO800、露出時間1/200秒、低振動モード2秒

36edt3epl32013826_iso800_2001bl01

ノートリミング画像としては、シャープでかなり良い画像に見えます。

これはイイですね。

久しぶりにスッキリとした良い空だったこともあって良く撮れたと思います。

もう秋っぽい空になってきましたよ。

↓トリミングしました。(等倍)

36edt3epl32013826_iso800_2001bl02

等倍は、少し厳しい感じがしますね。

ブレているのか ピントが 甘いのか分かりませんが

この合成焦点距離では撮影条件がキビシイのかもしれませんね。

ここまで引き延ばしての画像は、ちょっと苦しいかもしれないです。

2013年8月28日 (水)

2013年8月26日の月(機材:コ・ボーグ36ED、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3、ナノ・トラッカー)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、コ・ボーグ36ED+1.4×テレコンバーターDG+オリンパスE-PL3+ナノ・トラッカー です。

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/320秒、低振動モード2秒

36edt14epl32013826_iso400_3201bl01

いいですね。シャープな画像です。

このくらいの月齢は、とても撮影しやすいですね。

ピント合わせもしやすいですし、シャッタースピードも比較的早くなって

ブレの心配が少ないです。

いや~何せ、この機材は軽量です。

疲れているときや、急いでいるときには もってこいですね。

先日、夏バテのような症状が出てきました。

何故かダルいような力が出ないような・・・そんな日が3日くらい続きましたよ。

日中は暑さで、なかりまいりましたからね。

もう回復しましたが、実は そんな体調のときの写真です。

2013年8月27日 (火)

「プレアデス星団M45」の撮影 2013年8月18日(機材:コ・ボーグ36ED、35ミリマルチフラットナー、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「プレアデス星団M45」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間60秒、低振動モード2秒

36ed35epl3m452013818_iso2000_60bl01

まだ高度が低いので光害の影響がかなりありますが

この「プレアデス星団M45(すばる)」、ついつい撮りたくなってしまいました。

M45には200mmという焦点距離、とても合っているような気がします。

遠征に行ってもう少し露出をかければ、かなり良い画像が得られそうですね。

あぁ~、遠征に行きたくなってしまいました。

2013年8月26日 (月)

「アンドロメダ大星雲M31」の撮影 2013年8月18日(機材:コ・ボーグ36ED、35ミリマルチフラットナー、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「アンドロメダ大星雲M31」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間60秒、低振動モード2秒

36ed35epl3m312013818_iso2000_60bl01

ここ最近としては、空の状態が良かったので

淡いM31を撮ろうという気になって撮影したのですが

何故かノイズがメチャメチャ出てます。

昨年撮った画像の記憶からすると、こんなにノイズチックな画像はありませんでした。

やはり、暑いからでしょうかね。

汗を垂らしながら撮影しているくらいですから・・・。

早く涼しくなってほしいものです。

2013年8月25日 (日)

2013年8月18日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/250秒、低振動モード2秒

50flepl32013818_iso400_2501bl01

結構シャープに撮れました。

50FLは、F8でフローライトですから条件さえ良ければ、

このくらいはすぐに撮れます。

最近は、コ・ボーグ36EDで月を撮り始めましたが

この50FLに匹敵する画像は無理にしても

これに近い画像がどうにかコ・ボーグ36EDで得られないものかと思ったりしています。

しかし、このような画像を目の当たりにしてしまうと

「やっぱ50FLは、すげーな~」とか思っちゃいますね。

2013年8月24日 (土)

2013年8月21日の月(機材:コ・ボーグ36ED、3倍テレコンバーター、E-PL3、ナノ・トラッカー)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、コ・ボーグ36ED+3倍テレコンバーター【7786】+オリンパスE-PL3+ナノ・トラッカー です。

↓ノートリミング、感度ISO800、露出時間1/125秒、低振動モード2秒

36edt3epl32013821_iso800_1251bl01

ほぼ、満月といって良いかと思います。

ためしに3倍テレコンバーター【7786】を使ってコ・ボーグ36EDで撮ったのですが

フランジバックをかなりとったので拡大率もかなり上がったようです。

ノートリミングで、月がこの大きさですからね。

これは、やり過ぎでしょうか・・・。

(いったい合成焦点距離は、どのくらいなのだろうか・・・)

↓トリミングしました。(ピクセル等倍)

36edt3epl32013821_iso800_1251bl02

ちょっとシャープ感に欠けるので

もう解像度の限界を超えているような気がします。

フランジバックをもう少し調整して再度撮影してみたいと思います。

2013年8月23日 (金)

2013年8月20日の月(機材:コ・ボーグ36ED、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3、ナノ・トラッカー)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、コ・ボーグ36ED+1.4×テレコンバーターDG+オリンパスE-PL3+ナノ・トラッカー です。

↓ノートリミング、感度ISO400、露出時間1/640秒、低振動モード2秒

36edt14epl32013820_iso400_6401bl01

めずらしく南東の空がスッキリと晴れていたので撮ってみました。

やはり、コ・ボーグ36EDは 軽くてイイです。シャープに撮れます。

月、全体を撮るということでは なかなかバランスが良い機材だと思います。

コ・ボーグ36ED対物レンズ のみでは勿体ない気がします。

今回みたいに1.4×テレコンバーターDGがあると解像度が増しますので

オススメなオプションですね。

ただし、その場合は露出時間が延びるので三日月とかは

もしかしたら難しいかもしれません。

2013年8月22日 (木)

「アンドロメダ大星雲M31」の撮影 2013年8月17日(機材:コ・ボーグ36ED、35ミリマルチフラットナー、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「アンドロメダ大星雲M31」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間60秒、低振動モード2秒

36ed35epl3m312013817_iso2000_60bl01

ほぼ天頂付近ですが、やはり光害の影響がかなりあります。

夏は、この程度が限界なのでしょうか。雨上がりなどに期待したいところですね。

複数枚の撮影をしてコンポジでもすれば、それなりの画像が得られるのかも

しれませんが、ちょっと時間が確保できないので未だやってません。

いつかやってみたいのですが・・・。

しかし、今年の夏は暑いです。

明け方でも暑くて、風が無い時は汗を流しながら撮影をしてたりしますよ。

こんなときは、やっぱり軽量な機材に限りますね。

重量級の機材だと、どんだけ汗をかくことやら・・・。

2013年8月21日 (水)

2013年8月17日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/250秒、低振動モード2秒

50flepl32013817_iso400_2501bl01

若干の薄雲りでの撮影ですが、意外とシャープに撮れました。

最近やっと、月がまともに拝める機会が増えてきました。

夕方から夜半にかけて晴れていることが多いようで

最近は、よく月を見ることができます。

この月を撮るタイミング的には、あまり時間的余裕がないので

撮影のみになりますが、たまには眼視でじっくりと見たいなぁ~と

思ったりしちゃいました。

2013年8月20日 (火)

「ぐりんぱ」に行きました-その3 2013年8月12日

「ぐりんぱ」に行きました-その2、の続きです。

子供達が完全に寝て、オイラも数時間寝て体力が回復したころ

今年の楽しみだったペルセウス座流星群を見に外に出ました。

ところが…空の9割が雲に覆われていてほとんど見ることができずにいましたが

ときおり雲の隙間から星がチラリと見えたりして

ほんの10分程度ですが空の半分以上が晴れだしました。

↓そのときに撮った写真

20130819

(機材シグマ15mm+E-PL1+ナノ・トラッカー、ISO2000、露出30秒)

中央左寄りにカシオペア座があります。

ちょっと分かりにくいですね。ゴメンナサイ。

しかも若干薄雲りだったので写りはイマイチです(汗)

この後、また曇ってしまいましたが2~4時頃までに数個の流星を

雲の隙間から見ることが出来ました。

日の出時刻を過ぎ、少しキャンプ場内を散歩しました。

シルバニアファミリー「森の小さなお家」、です。
20130812

以前から、ここにも泊まりたいと子供達に言われていたのですが

かなり人気で、予約が全くとれませんでした。

シルバニアファミリー「きいちご林のかわいいお家」、です。
20130811

ここは、今年8月に新しく出来たコテージで かなり人気っぽいですね。

ウッドデッキが広くて、ハンモックもあります。

ここ、是非一度泊まってみたいです。

子供達も「今度ここにしようよ!」と言われました。

5:30を過ぎ、子供達も起きて

そろそろ朝食の準備時間となりました。

↓炭に火をつけて、ウインナー焼いているとこです。

20130815

↓パンを焼いてます。

20130816

↓焼いたパンにレタスと焼いたウインナーを乗せて・・・

20130817

ホットドッグの出来上がりです。これが朝食のメイン。

屋外での食事、子供達も好きなようで喜んでました。

食べ終わった後、片づけを子供達にも手伝ってもらいました。

準備や片づけが大変ですが、少しずつ家族で助け合うことが出来るように

なってきたので楽になってきましたよ。

また、来年も来たいと思います。

2013年8月19日 (月)

「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2013年8月17日(機材:コ・ボーグ36ED、35ミリマルチフラットナー、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「ペルセウス座二重星団(h-χ)」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間60秒、低振動モード2秒

36ed35epl32013817_iso2000_60bl01

天気も比較的良く、光害地なりに良く撮れたと思います。

高度が高くなってきたお陰で光害の影響が少なめになっているが

良かったです。

フラットナーのが効いているので、8割程度までは

かなりシャープな点像になっています。

最適化していないこともあって周辺像に劣化が見られますが

この範囲であればトリミングすれば良いという考え方もあります。

やはり星野写真を撮る上で、コ・ボーグ36EDにはフラットナーは必須ですね。

↓トリミングしました。(追加でレベル補正してます)

36ed35epl32013817_iso2000_60bl03

おぉ素晴らしいです!

隅までほぼ点像なのでストレスがありません。

解像度は、60EDなどと比べると負けてしまいますが

歩留まりが良いのでとても気楽です。

機材も軽いですから、重量的にも気楽です。

星野写真の初心者には、とってもオススメしやすい機材ですね。

2013年8月18日 (日)

「ぐりんぱ」に行きました-その2 2013年8月12日

恒例のライトなキャンプ場↓「キャンピカ富士ぐりんぱ」に来ました。

20130818

特にトイレがとても綺麗で、お風呂あり、シャワー室あり、

とにかく設備充実型で初心者でも抵抗の少ないキャンプ場かと思います。

↓夕飯の準備のお手伝い

20130807

子供達には野菜を洗ったり、皮をむいたり、切ったり、

いろいろとお手伝いをしてもらいました。

↓メインディっシュのできあがり!

20130808

定番のカレーです。

ごはんが、少しコゲてしまいましたが

カレーだったこともあって問題ありませんでした。

↓夜は、恒例の花火です。

20130809

子供達にとっては、かなりの楽しみだったようですね。

↓今回宿泊した施設「コテージ空」です。

20130810

20130813

20130814

ロフトがついていて、二階建てっぽい構造になっています。

ウッドデッキが高い位置にあるので食事の時は

風がよく通って気持ちがよい空間となっています。

その3へ つづく。

2013年8月17日 (土)

「ぐりんぱ」に行きました-その1 2013年8月12日

昨年同様、「ぐりんぱ」&キャンプに行ってきました。

↓「ぐりんぱ」到着直後、子供達は走ります!階段も駆け上がります!

20130801

ここは標高が高い分、都会よりも涼しいはずですが・・・

この日はとても暑かったです!なので、階段を掛け登るなんて気になれない

オイラでした。

↓一番やりたいと言っていたアトラクション「ココドコ」

20130802

超人気アトラクションらしくて、長蛇の列が・・・。

さすがに子供達もあきらめたようで、他のアトラクションに。

「ウルトラセブンコースター マッハ7」というアトラクションに並ぶことに。

↓並んでいる途中に眺めが良かったのでパチリ。

20130803

↓「ピカソのタマゴ」というアスレチック系のアトラクションにも行きました。

20130804

20130805

20130806

とにかく暑くて暑くて、オイラは熱中症になるかと思ったくらいです。

子供達は、汗をかきながらも夢中になって遊んでましたが

14時を過ぎた頃に疲れた様子を見せたので

お店巡りをして宿泊場所の「キャンピカ富士ぐりんぱ」に行くことに!

その2へ つづく・・・。

2013年8月16日 (金)

2013年8月14日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/160秒、低振動モード2秒

50flepl32013814_iso400_1601bl01

上弦の月です!テンション上がりますね!

しかもシャープに撮れましたから幸福感かなりUPしましたよ。

なんか半月って格好イイんですよね。

まだ薄明が終わっていない時間帯での撮影でしたが

家事・育児の合間での撮影だったので、とにかく撮れて良かったです。

やっぱミニボーグ50FLは、コンパクトさと光学性能のバランスがイイです。

ミニボーグ50FL、かなりイイですよ!

2013年8月15日 (木)

2013年8月14日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

これに、
バーダープラネタリウム社の
「AstroSolar セーフティーフィルター」
を取り付けて撮影しました。

↓トリミング、感度ISO400、露出1/400秒、低振動モード2秒

50flepl32013814_iso400_4001bl01

少し大きめな黒点が出てきたので撮影してみました。

比較的シャープに撮れたんじゃないでしょうか。

細かい黒点群がなかなか面白いと思います。

しかし、暑いです。朝なのに暑すぎます。

準備から撤収まで、ほんの5分程度の撮影時間ですが

汗だくです。(もともと汗をかきやすい体質ですが・・・)

夜になっても気温が思ったほど下がらないので

早朝でも暑いんですよね。

2013年8月14日 (水)

2013年8月13日の月(機材:コ・ボーグ36ED、35ミリマルチフラットナー、E-PL1、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL1+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO1600、露出時間1/80秒、低振動モード2秒

36ed35epl12013813_iso1600_80bl01

薄雲りで しかも 高度が低かったので

撮影条件は、かなり悪かったです。

月が沈みそうなくらい暗い状態で上弦の月の前夜にもかかわらず

感度ISO1600で露出時間が1/80秒となってしまいました。

なんか・・・ボーグらしくない月の画像です。

最近は、自宅前から薄雲越しに星を見れれば良い方で

月が見れるだけラッキーかもしれません。

それだけ天候が思わしくありません。

やはり、猛暑が影響しているのでしょうかね。

2013年8月13日 (火)

保育園での 8月の月製作

保育園で展示してあった8月の製作物なのですが・・・

↓先生による説明書き

801

↓オイラの娘のです。

802

意外なほど上手に作れたんでは・・・、と思ってパチリと撮ってしまいました。

右側にいる男の子は、どうもオイラ(父)のようです。

ズボンはジーンズ、靴は茶色、洋服はおそらくグレーのTシャツですね。

良く表現出来ていると思います。

分かりにくいですが、ひまわりの中心付近にミツバチがとまっているとのことです。

何故か地面が弧を描いているようで、まるで「地球は丸い!」と言わんばかりの

表現とも受け取れます。なんて・・・親バカのオイラでした。

2013年8月12日 (月)

「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2013年8月10日(機材:コ・ボーグ36ED、35ミリマルチフラットナー、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「ペルセウス座二重星団(h-χ)」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間60秒、低振動モード2秒

36ed35epl32013810_iso2000_60bl01_2

薄雲りのような・・・かなりモヤッとした感じだったので

かなり光害にやられてます。

カシオペア座がギリギリなんと見えるくらいの空でしたからね。

あと、夜とは思えないほどメチャメチャ暑くて汗をかくくらいでした。

その暑さの影響なのか、ノイズが激しいような気もします。

周辺像に少しだけ収差が残ってますが、35ミリマルチフラットナーのお陰で

かなり改善しています。

↓トリミングしました。

36ed35epl32013810_iso2000_60bl02

このくらいトリミングすると周辺像も気になりませんね。

星像的には、なかなか良いと思います。

コ・ボーグ36ED、いいですね~。

2013年8月11日 (日)

コ・ボーグ36ED 鏡筒-星雲星団撮影仕様 2013年8月9日

コ・ボーグ36ED鏡筒をまた組みかえてみしまた。↓

36ed35epl3_201389_3

( 8/8の「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影から、この鏡筒で撮影してます。)

ボーグの組立パーツは、対物側から順に

///////////////////////

コ・ボーグ36ED対物レンズ(WH)【2036】

M42P1→M57/60AD【7524】

M57ヘリコイドLII【7860】

M57/60延長筒SS【7601】

35ミリマルチフラットナー1.04×【7784】

M49.8→M57AD【7920】

M57/60延長筒SSW【7605】

M57/60延長筒S【7602】

カメラマウントホルダーM【7000】

カメラマウント マイクロフォーサーズ用【5011】

///////////////////////

となっております。

この後ろに オリンパスE-PL3ボディーが取り付いてます。

周辺像の収差を補正する目的で

「35ミリマルチフラットナー1.04×【7784】」を取り付けることが

大きな変更点です。

これをポラリエに乗せました。↓

36ed35epl3_201389_4 

ポラリエに乗せるために

鏡筒バンド60ΦS【7061】

バランスプレート【3104】

を使っているので、ちょっとゴツくて重くなってしまいましたが

まぁ許容範囲でしょう。

2013年8月10日 (土)

「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2013年8月8日(機材:コ・ボーグ36ED、35ミリマルチフラットナー、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「ペルセウス座二重星団(h-χ)」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED+35ミリマルチフラットナー+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード2秒

36ed35epl3201388_iso2000_30bl01

35ミリマルチフラットナー を試しに接続して撮影しました。

空の状態が良くなく薄雲だったために、かなり光害にやられてます。

あくまでも、35ミリマルチフラットナーの効果確認のための画像と

思って下さい。

前回撮った画像(35ミリマルチフラットナーなし)

と今回撮った画像(35ミリマルチフラットナーあり)の

↓左半分を並べてみました

36ed35epl3201388_iso2000_30bl01_5

左側が前回(35ミリマルチフラットナーなし)、

右側が今回(35ミリマルチフラットナーあり)、の左半分の画像です。

構図がほぼ90度回転しているので、比べにくいかもしれませんが

かなりの周辺像の改善がみられます。

左側の画像は、結構 星像が伸びてますが

右側の画像は、星像の伸び方が大分減少しています。

まだ周辺像の劣化がありますが、(ちょっと星が伸びてます)

良くなっているので、しばらくは この機材構成で撮影したいと思います。

2013年8月 9日 (金)

「アンドロメダ大星雲M31」の撮影 2013年8月5日(機材:コ・ボーグ36ED、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「アンドロメダ大星雲M31」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間60秒、低振動モード2秒

36edepl3m31201387_iso2000_60bl01

大分、高度が高くなっていたので撮影しましたが

光害にやられてしまって腕の部分が埋もれていますね。

まぁ、それは置いといて・・・やはり周辺像はかなり劣化しているようで

ノートリミングではかなり厳しい画像になるようですね。

やはり、フラットナーの助けが必要かと思います。

まだ、専用のフラットナーが販売されていませんし

とりあえず手持ちの「35ミリマルチフラットナー」で近いうちに

周辺像の改善を試したいと思います。

2013年8月 8日 (木)

ヤクルトvs広島 の観戦 2013年8月3日-その3(機材:コ・ボーグ36ED、E-PL3)

「その2」のつづきです。

↓畠山選手がタイムリーヒットを打つ瞬間(1回裏)

W803241501_36edepl3_iso1600_3201_11

(ISO1600、露出時間1/320秒、トリミング)

こういう打つ瞬間ってイイですね。

バットの軌道がボールの軌道とタイミング的にシッカリと交わりそうなのが分かります。

この後は、↓こんな風に 恒例の傘の上下運動がありました。

W803240701_36edepl3_iso1600_3201b_4

この画像、あまりにもシャープに写っているので

解像度をわざと低くしています。

じゃないと、顔が分かってしまうからです。

顔の判別がつかないギリギリの解像度にしちゃいました。(ゴメンナサイ)

しかし、このシーンは いつみても面白いです。楽しいです。

ヤクルトファンでないのですが、楽しませてもらってます。

↓5回裏が終わった後、花火がありました。

W803259401_epl3_iso1600_501bl08

この画像は、標準ズームを使っています。

さすがにコ・ボーグ36EDでは焦点距離が長すぎました。

ヤクルト、なかなか良いサービスですね。

この花火がある と ない とでは違います。

子供達も喜んでいましたよ。

2013年8月 7日 (水)

「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2013年8月5日(機材:コ・ボーグ36ED、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「ペルセウス座二重星団(h-χ)」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード2秒

36edepl3201385_iso2000_30bl01_12

おぉ、ちょっとビックリですが

周辺像がかなり崩れますね。

中心像は、シャープだと思います。

もしかしたら、ピントが若干ズレている可能性も否定できないので

もう少し周辺像は良くなるのかも・・・

いずれにしよ、フラットナーをつけたくなりますね。

それにしても、焦点距離200mmという短さだと

ポラリエの極軸を合わせてしまえは確実に追尾してくれるようです。

ラクラクモードです。

2013年8月 6日 (火)

ヤクルトvs広島 の観戦 2013年8月3日-その2(機材:コ・ボーグ36ED、E-PL3)

その1からのつづきです。

↓2回表の小川投手、投球中

W803249901_36edepl3_iso1600_3201bl0

(ISO1600、露出時間1/320秒、トリミング)

軸にブレがありません。

顔から体、足にの先まで ピタリと止まっていて

腕だけが動いてます。

あまり詳しくはありませんが、このあたりが力のある投球が可能となる

要因なのかもしれませんね。

↓畠山選手のバッティングフォーム

W803254201_36edepl3_iso1600_3201b_4

(ISO1600、露出時間1/320秒、トリミング)

独特のフォームですね。

何故か見たくなってしまいます。

ヤクルトでの独特のフォームと言うと・・・

かなり昔ですが、八重樫選手を思い出します。

あぁ・・・懐かしいです。

↓つば九朗くんです

W803256401_36edepl3_iso1600_2501bl0

(ISO1600、露出時間1/250秒、ノートリミング)

とても愛らしいです。

長年にわたってヤクルトに在籍していますよね。

他球団のキャラクターとは何かが違います。

先日、テレビで見たのですがヘルメットを取るシーンがあって

少し驚きました。

その3に、つづく・・・。(8/8~9頃投稿予定)

2013年8月 5日 (月)

ヤクルトvs広島 の観戦 2013年8月3日-その1(機材:コ・ボーグ36ED、E-PL3)

久しぶりに家族で野球観戦に行ってきました。

カミさんがヤクルトファンなので、オイラもこの日限定でヤクルトファンということで

神宮球場1塁側に座りました。

少し高めの位置からでしたので撮影位置としては良好で

なんと言っても持って行った機材が軽くて気が楽チンでした。

機材は、「コ・ボーグ36ED+オリンパスE-PL3」です。

使用したボーグパーツは、対物側から

●コ・ボーグ36ED対物レンズ(WH)【2036】

●M42ドロチューブ(WH)【4565】

●M42P1→M57/60AD【7524】

●M57ヘリコイドLII【7860】

●カメラマウントホルダーM【7000】

●カメラマウント マイクロフォーサーズ用【5011】

となります。

焦点距離が200mm(35mm換算で約400mm)なので少し短い気もしましたが

これが意外にもベストマッチで、手ブレを極小に抑えることで

とても良い撮影が出来たと思います。

周辺像は崩れてます(中心部から70%程度から崩れ始めてます)が

中心部は非常にシャープに撮れてました。

全体的にかなり良く撮れてましたよ。

↓1回裏のバレンティン選手

W803237602_36edepl3_iso1600_6401b_3

(ISO1600、露出時間1/640秒、トリミング)

↓1回裏のバレンティン選手、タイムリーヒットを打つ瞬間

W803239802_36edepl3_iso1600_5001b_3

(ISO1600、露出時間1/500秒、トリミング)

↓2回表の小川投手、投球前

W803246701_36edepl3_iso1600_3201b_2

(ISO1600、露出時間1/320秒、トリミング)

投球の直前に必ず、このポーズをするようですね。

↓2回表の小川投手、投球中

W803247001_36edepl3_iso1600_3201bl0

(ISO1600、露出時間1/320秒、トリミング)

この日は、小川投手が頑張って広島打線をほぼ封じ込めていました。

カミさんが小川投手のファンなので良かったですよ。

その2に、つづく・・・。

2013年8月 4日 (日)

2013年7月28日の月(機材:コ・ボーグ36ED、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3、ナノ・トラッカー)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、コ・ボーグ36ED+1.4×テレコンバーターDG+オリンパスE-PL3+ナノ・トラッカー です。

↓ノートリミング、感度ISO800、露出時間1/50秒、低振動モード2秒

36edt14epl3nano201383_iso800_501b_4

いつも通り、明け方に起きたときは空が一面雲に覆われていたのですが

日の出時刻頃に窓の外を見ると晴れ間が広がっていて

月が見えていたので、急いで機材を出して撮影しました。

これくらいの月齢だと難易度が高いこともあって画像がイマイチですが

この撮影の15分くらい後には空が一面曇ってしまいましたので

貴重な画像かもしれません。

ちょとしたスキをつくような、「コ・ボーグ36ED」の迅速な対応力を生み出す力は

軽量コンパクトだからこそです。素晴らしいですね。

2013年8月 3日 (土)

コ・ボーグ36ED 鏡筒-星雲星団撮影仕様 2013年8月3日

コ・ボーグ36ED鏡筒を組みかえてみしまた。↓

組立パーツは、対物側から順に

///////////////////////

コ・ボーグ36ED対物レンズ(WH)【2036】

M42P1→M57/60AD【7524】

M57ヘリコイドLII【7860】

DZ-2【7517】

ミニミニドロチューブ【7205】

カメラマウントホルダーM【7000】

カメラマウント マイクロフォーサーズ用【5011】

カメラボディーE-PL3

///////////////////////

となっております。

これをポラリエに乗せました。↓

なかなか、重量的バランスが良いと思います。

これなら、ポラリエの負担はかなり軽そうですね。

さてと、あとは晴れてくれることを願うのみです。

2013年8月 2日 (金)

コ・ボーグ36ED 初出勤 2013年8月1日

コ・ボーグ36EDの眼視性能を試したくなりまして・・・

でも最近は 夜晴れることが少ないので、昼間の風景を眺めたいと思って

単眼鏡仕様に組み立ててみました。↓

36ed20138102

組立パーツは、対物側から順に

///////////////////////

コ・ボーグ36ED対物レンズ(WH)【2036】

M42ドロチューブ(WH)【4565】

M42P1→M57/60AD【7524】

2インチホルダーM【7505】

地上プリズム【4801】(→詳しい情報は、こちらにありました)

アイピース(MEADE SUPER PLOSSL 32mm)

///////////////////////

です。

これで

倍率:6.25倍

見掛視界:約50度(だと思います)

実視界:約8度

合焦範囲:約8m ~ ∞

となります。

ピント合わせは、ドロチュープでするのですが

倍率が低いので 大丈夫でした。

都会のビル等を見ようと思い、出勤の準備です。↓

36ed20138101_3

ちょっと大げさなケースかもしれませんが、これくらいしか見つからなかったので

初出勤は、これで行きました。

(もう少しクッション材は追加しましたよ)

昼休みに、会社の屋上からビルや鉄塔を眺めましたが

見掛視界が50度と無理がなかったこともあり

視野周辺まで像の目立った劣化がみられなかったです。(若干の湾曲はあり)

もちろん、中心像はシャープでクッキリと見えましたよ。

星像で試した訳ではないので、シビアなテストではありませんが

この組合せでの性能は、かなり良いと思われます。

2013年8月 1日 (木)

2013年7月28日の月(機材:コ・ボーグ36ED、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3、ナノ・トラッカー)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、コ・ボーグ36ED+1.4×テレコンバーターDG+オリンパスE-PL3+ナノ・トラッカー です。

↓ノートリミング、感度ISO400、露出時間1/200秒、低振動モード2秒

36edt14epl3nano2013728_iso400_200_2

↓トリミングしました。

36edt14epl3nano2013728_iso400_2001b

1.4×テレコンバーターDG【7214】 」との相性を試してみました。

イイですよね。

かなりシャープに撮れたと思います。

周辺像はどうなってるか分かりませんが、中心像は劣化せずに解像度UPしてます。

それほど、重量UPせずに解像度がUPするのですから

これは使わない手はありません。

別のテレコンバーターで、もう少しムチャしてみようかと思います。

コ・ボーグ36ED、実に楽しいです!

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

広告


☆お勧め商品!

  • 笠井トレーディング WideBino28 ワイドビノ28
  • スコープテック × ヒノデ 星座望遠鏡
  • 月刊 星ナビ 2018年 3月号
  • Vixen 双眼鏡 星座観察用双眼鏡 SGシリーズ SG2.1×42
  • Vixen 双眼鏡 星見双眼鏡SG6.5×32WP
  • Vixen 双眼鏡 ジョイフルH 6×18
  • Vixen 双眼鏡 アリーナH 8×21WP ダハプリズム式 8×21WP
  • Vixen 双眼鏡 ソラプティLiteH 8×21WP

最近のトラックバック